美桜のワンマンライブは「勝負の1日」―WIZYで楽曲&衣装制作プロジェクトを実施中♪

10/20(日)に自身最大規模のワンマンライブを行う美桜。9/9(月)より、「美桜史上最高の楽曲にしよう!新曲&オリジナル衣装制作プロジェクト」と題して、WIZYでプロジェクトを実施する。そんな美桜に、今の心境や楽曲に関する想いについて話を聴いた。最後には美桜からの動画メッセージもあるので、必ずチェックしてほしい。

 

 

 

自分でギターを弾きながら、「ここ好きなんだよなぁ」って思いながら弾いてます。

 

 

ーー美桜というお名前は素敵なお名前ですね。あだ名などはありましたか?

ありがとうございます。本名なんです。あだ名は、幼稚園の時とかは先生には「みーちゃん」って呼ばれてましたが、キャラクター的には名字で呼ばれることが多くて(笑)、名字で呼ばれてましたね。

 

 

ーー作詞作曲をご自身で手掛けられているとのことですが、楽曲制作される際に意識されていることはありますか?

明るく元気に背中を押すだけではなくて、人生においての悲しいことや、辛いこと、悔しいことなど、そういった影の部分もしっかりと歌詞の中に盛り込めるように意識しています。

 

 

ーー配信限定の楽曲含め聴かせて頂きましたが、色んなジャンルや雰囲気の曲を歌われている印象がありました。

そうですね。曲調についてはこのジャンル、というのは決めないで作っています。自分の好きなコード感だったり、曲の中にオススメポイントにしたいな、って部分を作りながら、そして初めて聴いて頂く方にも聴きやすいようなメロディーを心がけて作ってます。

 

 

ーー実際に曲を聴かせて頂き、メロディーが自然に入ってくる感じがしました。ご自身の中でのオススメポイントを決められている、とのことですが、それは全部の楽曲で?

はい。自分でギターを弾きながら、「ここ好きなんだよなぁ」って思いながら弾いてます。あと、メロディーのここを良いと思って作ったんだよなぁ、とか。各曲にありますね。

 

ーー過去の楽曲の中で一番のオススメを選ぶとしたら?

難しいですね(笑)。配信リリースをしている楽曲だと「to you」という曲があって、結構昔に作った曲をバンドアレンジして作ったんですけど、淡々としているコード進行の中にも力強さだったり、切なさだったり、生きることに対して「その人がそこに居てくれるだけでいい」っていう強い気持ちだったりを楽曲やアレンジの中に入れたので、是非聴いてほしいです。

 

 

ーー作詞作曲でコード感と仰ってましたが、普段楽曲制作される際はどちらから作られますか?

最近は曲から作るようにしてます。昔は歌詞から作ってたんですけど、そうするとメロディーがごちゃっとしてしまって‥。あと歌詞から作ると長くなってしまって、歌詞を削るのも大変なので…。メロディーから作って、伝えたい言葉を入れていきますね。

 

ーーリズムに合わせた言葉選びをされている。

はい、でも普段使っている「ありがとう」とか、言葉のニュアンスとメロディーも極力合うように意識はしていますね。

 

 

次ページ:ギターとの出会いと、曲作り

1 / 3

new post