6月15日(火)に5thシングル「Gold Medal」からリード曲「Gold Medal」を先行配信したMADKID。今回「レコログ」×MADKIDということで、7月7日(水)のリリース日までメンバーのソロインタビューを毎週公開していく。第三弾はボーカル・そしてMADKIDのリーダであるYOU-TA。彼の中でのリーダーとしての在り方や考え、そして歌に込める想いなどを中心に語ってもらった。今回も「レコログ」だけの撮りおろし写真も合わせて、最後まで楽しんでほしい。

 

MADKIDはバランスが良いんです

 

――YOU-TAさんの今の自分の推しポイントを教えて下さい。

僕の歌声がわりと太めなので、女性だけでなく男性にも響いてもらえると思っているんです。勝手にですけどね(笑)。あとは、繊細な感情を届ける歌が得意です。

 

――ご自身ではどんな性格だと思いますか?

メンバーからはちょっと抜けているところがあるって言われます。でも、僕はしっかりしているつもりなので心外なんですよね。

 

――その自覚はないんですね。

ないです!(断言)でも、ファンの方にも言われることがあるので、きっとそうなんだと思います(笑)。「そこがYOU-TA君らしい」って言われるので、認めるしかないのかなと思っています…。

 

――意外な一面はありますか?

こう見えて、すごく涙もろいんです。ここ1、2年くらいなんですが、メンバーがステージに立っているときに、いきなり泣きそうになっちゃうことがあるんですよ。もちろん、いろいろあったからこそ、こみあげてくることがあるんだと思うんですが、繊細なところが増えてきたのかなと思っています。

 

MADKID(YOU-TA)

 

 

――15秒のCMで泣ける日も近いですね。

目指します(笑)。

 

――あはは。それくらい、感受性が強くなったのかもしれないですね。

そうかもしれないですね。それはすごくいいことなので、泣きたくなったらどんどん泣こうと思います(笑)。

 

――グループのリーダーとして気を付けていることはどのようなことでしょうか。

メジャーデビューをする前は、みんなのことをまとめなくちゃという意識があったんです。でも、一緒にいる中で、皆それぞれ自分の役割や立ち回りをすごく意識して、理解しているので、まとめる必要がなくなったんです。昨年、僕達は独立して会社を立ち上げたので、会社的な業務は僕がやることが多いんですが、メンバーのことを信頼しているので、その他はお任せしている状態です。

 

――すごくいい関係なんですね。

そうなんです。MADKIDはバランスが良いんです。一見、バラバラに見える5人なんですが、協調性もあるし、まとまるので、リーダーとしてやっていることはあまりないのかもしれないですね(笑)。

 

――会社の業務とアーティスト活動を並行するのは大変ですよね。

でも、それは挑戦したいことでもあったので、全然苦には思わないんです。それに、独立したことで、みんなの意識がガラッとかわったんですよ。これまでは管理される側でしたが、自分達でマネジメントをするとなったことで、責任感も増したし、すごくいい方向に変わったと思います。

 

――すごく勇気のいる決断だったと思うのですが、いまあらためて独立をしてよかったなと思うのはどんなことでしょうか。

実は、最初に独立の話をメンバーに話したときから、そのほうが時代的にもあっているし、曲も自分たちで作れるからこそ、そのほうがいいと思っていたんです。実際に独立してみて、メンバーも今の方がいいと言ってくれるので、あの時に決断してよかったなと思っています。今が、すごくベストな状態だと思っています。

 

MADKID(YOU-TA)

 

――さて、YOU-TAさんが歌うことで気を付けていることはどのようなことでしょうか。

歌が上手い人って、すごくたくさんいると思うんです。だからこそ、自分にしか歌えない歌を歌うことを心がけています。たとえば、歌うときに必ず聴いている人のことをしっかりと思い浮かべて、その人のために歌うようにするんですよね。そうすることで、ファンの人たちにもちゃんと届くと思っているんです。ひとつひとつを丁寧に歌い上げることは、これからも大事にしたいと思っています。

 

――その歌唱力があったとしても、難しいと思う曲はどの曲ですか?

『REBOOT』というE.P.に収録されている「Zero」という曲は本当に難しかったですね。LM.CというバンドのAijiさんに作曲していただいたんですが、曲調がかなりシリアスだったんです。そこに対してのメロディラインも自分たちがやったことのないものだったので、すごく難しかったんですが、ファンの皆さんはすごく喜んでくれたので、挑戦してよかったなと思っています。

 

――ありがとうございました!では最後に、メンバーと付き合うなら、誰がいいですか?

KAZUKIですね。KAZUKIは会話していてすごく楽しいんですよ。人のいいところを見つけるのもすごく上手ですし、エンターテイメントが大好きなので、常に楽しませてくれると思うんですよね。あとは、僕がお酒を飲むのが好きなので、一緒にお酒を楽しんでくれるのもポイントが高いです!

 

MADKID(YOU-TA)

 

文:吉田可奈

写真:平野哲郎

 

▼MADKID「Gold Medal」はこちらから

レコチョク:https://recochoku.jp/song/S1011757907/

RecMusic:https://recmusic.jp/artist/?id=2000324933

dヒッツ:https://selection.music.dmkt-sp.jp/artist/2000324933

 

▼レコチョクTwitterをフォロー&該当の投稿をRTすると、抽選で1名様にYOU-TAのサイン入りチェキをプレゼント!

応募期間:7月5日(月)23:59まで。

https://twitter.com/recochoku_jp

 

▼関連インタビュー





 

▼YOU-TA (Vocal)

1993年6月15日生まれ ?型 178 ㎝ボーカル / リーダー。

ロック然とした力強い歌声が魅力。高校時代まで野球一筋で育つ。47 都道府県を 10 秒で言える。ピンポンキャッチのギネス記録保持者。趣味は筋トレ。主食は蕎麦。

 

▼公式Twitter

https://twitter.com/youta_mdkd

  • MADKID

    MADKID

    2014年結成。2ラッパー3ボーカルから成る5人組ダンスボーカルグループ。
    2019年にリリースしたTVアニメ「盾の勇者の成り上がり」OPテーマ「RISE」が海外を中心にヒット。
    圧倒的なラップワークと力強いボーカルによる唯一無二のパフォーマンスが魅力。