2/26(水)よりサブスク解禁になったaiko。今回はその解禁を記念して、aikoファンの著名人3名によるセレクトプレイリストをRecMusic・dヒッツで公開されたが、あわせてaikoへの想いや、好きになったきっかけをレコログ独占インタビュー。プレイリストと一緒にインタビューもチェックしてほしい。

 

今回のインタビューは川澄奈穂美。動画コメントも到着しているので、最後までチェックしてほしい。

 

 

――aikoさんプレイリストを作成して頂きましたが、プレイリストのタイトルと、選曲理由を教えてください。

 

プレイリストのタイトルは「プレイリスト作るなんて全部好き過ぎて無理だから歴代アルバムから1曲ずつたった今の気分で選択したプレイリスト」です。

タイトルの通り、aikoさんの曲は全部好きなのでプレイリストを作るとなれば全曲です。実際に毎日全曲シャッフルで聴いています。でも、全曲だとさすがにプレイリストとは呼べないと思うので全アルバムからそれぞれ1曲を選びました。なので、全体のバランスは全然考えられておりません。アルバムを見て、今「これだ!」と思ったものを選びました。つまり、また明日同じ作業をしたら違うプレイリストが完成すると思います。アルバムに入っていなくても大好きな曲はもちろんありますが、今回の選考方法(川澄独自による)により泣く泣くプレイリスト入りできなかったものも多数あります。

 

――aikoさんを好きになったきっかけはなんでしょうか?また、きっかけとなった曲やアルバムを教えて下さい。

 

aikoさんは私が小学生の頃にデビューされました。その頃から聴いていて好きだなーと思っていましたが、高校生の頃仲良しの男子(当時10代・裸眼)がよくaikoさんの曲を聴いていて、そこから片脚を突っ込み始めました。そして気付けば今では全身aikoさんにひたひたでふやけております。

好きになった決定的な1曲があるわけではなく、本当に気付けばaikoさんに浸食されていたという感じです。恐るべしaikoさんの魔力。

 

 ――ご自身にとって、aikoさんの曲の魅力とはどんなところでしょうか?

 

 aikoさんの曲の魅力は私の語彙力では伝えきれません。そして、言い出したら切りがありません。

いつもすごいなと思うことは、乙女心の描写が絶妙過ぎるところです。歌詞から気持ちや風景が伝わってきます。自分では全然経験したことがないのに、「その気持ちわかるー!」ってなります。自分では全然経験したことないのに。(大事なことなので2回言いました。)たいして恋愛してきていませんが、aikoさんの曲を聴いているだけで恋愛している気分になって共感してしまいます。

アップテンポな曲も、バラードも、どんな曲でも歌いこなすaikoさん。本当に同一人物なのだろうかと思ってしまうほど曲のバリエーションが豊富で、でも全部aiko節が炸裂しているんです。すごいとしか言いようがありません。

 

――ありがとうございました。最後にaikoさんへの応援メッセージをお願いします。

 

aikoさん、いつも素敵な曲を届けてくださりありがとうございます!「ありがとう」の言葉では言い表せないほどのエナジーをもらっています。私たちおはなちゃんは、aikoさんが楽しければ楽しいし、嬉しければ嬉しいし、悲しければ悲しいです。これからもCDやライブを通じて、aikoさんと色々な感情や景色を共有したいです。自分でも結構キモいこと言っている自覚はありますが、それぐらいaikoさんのことが大好きです。これからもaikoさんのペースで曲を届けてくれたら嬉しいです。どこまでもついていきます!

aikoさん大好き!!!

 

 

編集:レコログ編集部

 

 

▼川澄奈穂美から、aikoへの想いが詰まったコメント動画が到着!

 

▼川澄奈穂美がセレクトしたプレイリストはこちらから

「プレイリスト作るなんて全部好き過ぎて無理だから歴代アルバムから1曲ずつたった今の気分で選択したプレイリスト selected by 川澄奈穂美」

RecMusic:https://recmusic.jp/playlist/?id=5499

dヒッツ:https://selection.music.dmkt-sp.jp/program/10020673

 

▼dヒッツでは、「私のaiko」と題して、ユーザー投稿企画を実施中!特集ページはこちら

https://music-service.dmkt-sp.jp/dhits/aiko/tokushu/

 

▼そのほか、aiko好き著名人によるインタビューはこちら

・中川翔子

 

・吉岡聖恵(いきものがかり)

 

 

【川澄奈穂美プロフィール】

3歳上の姉の影響でサッカーを始め、小学6年生の時に出場した全国少年少女草サッカー大会「清水カップ」で優勝。中高時代は地元に新設されたチーム「大和シルフィード」に所属し、高校時代はフットサル大会で優勝経験を持つ。

 

08年にINAC神戸レオネッサに入団するとスーパーサブとしてチームに貢献し、翌09年からウイングのレギュラーを掴む。10年になでしこベストイレブンに選出され、11年にはチーム初のリーグ優勝に大きく貢献。同年7月に行われた女子ワールドカップ・ドイツ大会では日本の初優勝にも貢献した。その後、シアトル・レインFCなどに移籍し活躍の幅を世界に広げている。

 

川澄奈穂美オフィシャルブログ

https://ameblo.jp/nahomi-kawasumi/