IVVY、結成から5年間の軌跡と今を語る 「目標である大きな夢に向かって突き進んでいます」

歌唱力、ダンス、パフォーマンス、ファッション、ルックスも抜群の5人組ダンス&ボーカルグループIVVY(アイビー)。前回のインタビューではステージに立つきっかけや、影響を受けたアーティスト、新曲「WINK」「Alice」への想いなどを話してもらったが、今回は新曲についてはもちろんのこと、グループ結成秘話、ツアーについて、今年挑戦したいことなど、幅広く聞いてみた。メンバーの意外なプライベートもわかるので、ぜひ、最後まで読んでほしい。

 

IVVY

 

 

──前回のインタビューでは、皆さんの音楽やダンスとの出会いについて伺いましたが、改めて、IVVYについて教えてください。HIROTOさんが皆さんに声をかけたそうですね。

TAIYU:HIROTOオーディションの合格者なんです、僕たち(笑)。

 

HIROTO:(笑)。一番最初に声を掛けたのがYU-TAなんです。何回か一緒にライブをしていたんです。レッスンも一緒だったので、YU-TAの感じや歌とかをわかっていたんです。かっこいいし、歌もうまいし、まず確定だなと思って。で、YU-TAに連絡したら「TOSHIKIもどうかな?」って言われて。

 

IVVY

 

YU-TA: 2回ぐらい打ち合わせをして、その度に僕は「TOSHIKIいいと思うんだけど」って薦めてました(笑)。

 

HIROTO:そうやってリアルな繋がりでグループが結成されていきました。KENTO.iにも実は、結成前から声を掛けていたんですけど、ずっと断られ続けて(笑)。

 

KENTO.i:それを語ると長くなっちゃうね(笑)。

 

HIROTO:活動が始まると、練習する時間がなくなっちゃうじゃないですか。ちゃんと下積みをしたいということで一年待たされまして。しばらくして、KENTO.iに電話したら「じゃあ、やろうか」ということで。で、彼の知り合いがTAIYUだったんです。

 

TAIYU:他のオーディションで知り合って、そこから同じダンススタジオでも出会って。

 

IVVY

HIROTO:で、気づいたらIVVYにいたんですよ(笑)。

 

TAIYU:それじゃあ、勝手に入ったみたいじゃないですか!(笑)。

 

HIROTO:そんなふうに、僕がいいなと思った人に声をかけて今の5人に至りました。もともと知り合いだったので、グループになっても「初めまして」という感じではなかったし、今では、仲がいいとかそういうことすら超えた存在になりましたね。

 

──結成から5年、イメージしていた理想には近づいてますか?

 

HIROTO:確実に近づいてますね。途中から入ったKENTO.iとTAIYUも、もちろん辛い思いをいっぱいしたと思うんですけど、特に最初の3人は本当に苦労したよね。

 

YU-TA:グループとして形になるまでが大変でしたね。

 

HIROTO:自分たちで試行錯誤して、当たって砕けろみたいな感じでやってきたので、本当に今の環境には感謝しています。携わってくれている方も増えて、いろいろと助けてもらえているので、それが幸せだなと。目標に掲げている大きな夢もあるんですが、そこに向かってスタッフとともにチーム一体になって突き進んでいる感じがありますね。

 

──まさにグループ名の「IVVY」の通りの道を歩まれているんですね。

 

HIROTO:本当に。グループ名も自分たちで考えたんです。僕たちがいきなり売れるとは思ってなかったし、下積みをして、いろいろな経験をしないと売れないだろうなと思っていたので、“蔦(アイビー)”のようになれたらいいなって。あとから知ったんですけど、蔦の花言葉に「永遠」っていうのもあるらしくて。グループ名通りになっているんだなと改めて感じました。

 

 

 

次ページ:シングル「WINK」MV メンバーの個性がわかるウィンク

1 / 3

ranking

new post