macro_scopic_jiyuuron46

前回のレコーディング参加プラン

 

 

一緒に作品作れたとか、一緒の思い出が出来たって体験や喜びは前回やって感じましたね

 

 

 

――そんなミニアルバムの制作プロジェクト。WIZYでは昨年、フルアルバム制作プロジェクトも成功させていますが(https://wizy.jp/project/169/)、今回プロジェクトを立ち上げた経緯は?

 

真戸原:最初にお話したように、2020年にファンのみなさんと良い思い出を作れたらというのが一番の想いなんですが。前回との違いはミニアルバムはすでに作っているということで、プロジェクトに参加したい人に参加してもらって、良い思い出を作ってもらえればという気持ちでプロジェクトを立ち上げました。

 

 

――前回の経験があって今回のプロジェクトにつながったということも大きいと思うのですが。前回やってみての感想を教えてください。

 

真戸原:前回のWIZYでの経験もそうでしたし、僕自身も他のサイトで食品ロスの支援に参加したりするんですけど、参加すると、全然違った形の楽しさや充実感があるんです。一緒に作品作れたとか、一緒の思い出が出来たって体験や喜びは前回やって感じましたね。

 

中原:僕はまず、フルアルバムを作れたことが本当に良かったです。あのプロジェクトがなかったらリリースできなかったですからね。今回はミニアルバムを出すことは決まってて、どうしたらみんなに楽しんでもらえるか、 という考え方ができたので、ぜひ参加してほしいです。

 

谷口:今回もあるんですけど、「レコーディング参加プラン」というのがあって、スタジオに私たちやスタッフ以外にお客さんがいて、一緒に音楽を作れたことがすごく印象深かったです。みんな緊張もしながら来てくれたと思うんですけど、私たちは参加してくれた方のことをすごく近い存在として感じることができて嬉しかったし。みんなも自分の生活の中にはなかなかない出来事だったと思うから、思い出に残ってくれたらいいなと思いました。

 

 

 

UNDER GRAPH『マクロスコピック自由論』

 

 

 

――『あなただけとオンライントーク&ライブ』プラン、『あなただけを招待ライブ』プランなど豪華なプランが満載ですね。

 

真戸原:この状況なので、できることできないことを考えて。今できる最小限で最大限のプランを考えました。自分が好きなアーティストにやってほしいことってなんだろうと考えた時、自分が好きな曲を、やってほしい時にやってもらえたら幸せだなとか、そんな話をスタッフとして、夢を叶えられるような企画がやりたいなと思って考えました。このプロジェクトを知って参加して、CDが出てオンラインライブを観るまで、みんなにワクワクしてもらえたら良いなと思ってます。

 

 

 

素晴らしき思い出を共に創るミニアルバム制作プロジェクト!

 

 

 

――そして、今回、プレイリストも制作していただいて「アンダーグラフの3人が2020年によく聞いた楽曲」をテーマに曲を選んでもらいました。それぞれがセレクトした曲を一曲、紹介していただいて良いですか?

 

真戸原:僕はONEREPUBLICGood Life」を選んだんですが、自粛期間中に中学生みたいな気持ちで、ストリーミングサイトで3~4日間くらいずっと音楽を聴いてた日があって。もし僕が今、中学生で、これだけ音楽が聴けたら、20歳くらいにはモンスターみたいなバンドがやれてるなと思って、今の子が本当に羨ましいと思ったりもしたんですけど(笑)。20年もバンドをやってると、音楽を研究材料として聴いてしまう部分もあって、あまりワクワクすることがなくなってしまうところもある中で、「音楽っていいな!」と思わせてくれたのがこの曲です。青春時代に感性を戻してくれた一曲でした。

 

中原:僕が選んだのは全部、アンダーグラフの曲なんですけど(笑)。7月にベストアルバムを作った時、どの曲を入れるかすごい悩んだし、自分たちの曲を死ぬほど聴いたし。最近リリースした曲は制作途中からミックス、マスタリングって何回も聴いたんで。2020年一番聴いた曲は間違いなくアンダーグラフの曲でした(笑)。中でも「ストライド」では初めてスラップ奏法を入れたんですけど、どんな感じがいいかを何度も繰り返し聴いてアレンジした曲だったので。リアルな回数としても一番聴いた曲だと思います(笑)。

 

 

 

UNDER GRAPH「ストライド」

 

 

 

谷口:私は星野源さんの「Pop Virus」。「日本で一番売れてるアーティストの音楽ってどんなだろう?」と思って聴いたら、私もまんまと好きになってしまったんですが(笑)。星野源さんは、歌詞も難解なのに、曲のキャッチーさや耳馴染みの良い音を使いつつ、守ることのない攻めた音でポップにまとめてるのが本当に凄いなと思って、何回も繰り返し聴きました。この曲に限らず全部好きです。

 

――では最後に既にプロジェクトに参加している方、これから参加しようと思ってくれてる方へのメッセージをお願いします。

 

真戸原:まずは参加してくれてる方、本当にありがとうございます。前回も参加して、今回もプロジェクトが始まってすぐに参加してくれた方も多かったんです。前回と違うのは既にミニアルバムの制作が決まってること、コロナの感染予防対策はしっかりやりますよということで、そこを理解して参加していただけたらなと思います。これから参加しようと考えて下さってる方は、「CD買ったら、名前が載ることもあるで」くらいライトに参加できる部分もあったり。制作して手元に届くまでの期間がずっと楽しいということをやってるので、そこに興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

中原:そうですね、アルバム制作もそうですけど、何かに参加して、一緒に作っているって気持ちがあるとテンションも上がるし、毎日楽しいと思うので。それを体感してほしいです。

 

谷口:私もゼロから何かを作り出すってなかなかできないタイプで、メンバーがいるからアンダーグラフの曲も作れるんです。みんなも生活の中で一人で何か動き出すっていうのはなかなか難しいけど、誰かと一緒にやればできてしまうって経験もあると思うし、みんなとやれば敷居も高くないと思うので。このプロジェクトで私たちと一緒に音楽を作って、そこにある結束力や達成感や満足感を一緒に味わえたら嬉しいです。

 

 

(文:フジジュン)

 

 

 

【素晴らしき思い出を共に創るミニアルバム制作プロジェクト!!】

 

■プロジェクト期間:2020年10月18日(日)~11月8日(日)23:59

■プロジェクトURL:https://wizy.jp/project/530/

■プロジェクトアイテム例

・ミニアルバムCDプラン

・【お名前掲載付き】ミニアルバムCDプラン

・【お名前掲載&USB付き】ミニアルバムCDプラン

・【お名前掲載&USB&オンラインライブ視聴権付】ミニアルバムCDプラン

・【数量限定】『レコーディング参加』プラン

・【数量限定】『あなただけとオンライントーク&ライブ』プラン

・【数量限定】『あなただけを招待ライブ』プラン

・【数量限定】【オンライントーク&ライブ+招待ライブ】『プレミアム』プラン

 

【アンダーグラフの3人が2020年によく聴いた楽曲】プレイリスト          

アンダーグラフの3人(Vo.Gt.真戸原直人、Ba.中原一真、Dr.谷口奈穂子)が2020年によく聴いた楽曲をセレクト!                

「Good Life」Onerepublic/「soul sister」Train Hey/「someone to you」        Banners/「only」Imagine Dragons/「SOS」UNDER GRAPH/「イキル」      UNDER GRAPH/「ストライド」UNDER GRAPH/「心の瞳」UNDER GRAPH/「ツバサ」UNDER GRAPH/「Modern Inventions」The Submarines/「Pop Virus」星野源/「Tokyo Rendez-Vous」King gnu

 

こちらからお聴きください。

▼RecMusic:https://recmusic.jp/playlist/?id=6286

▼dヒッツ:https://selection.music.dmkt-sp.jp/program/10021763

 

 

  • アンダーグラフ

    アンダーグラフ

    2000年に大阪で結成されたロック・バンド。"表面的でないココロの奥にある喜怒哀楽を形にした音楽を創っていく"をコンセプトにセンチメンタルな楽曲制作を展開。2004年9月のメジャー・デビュー・シングル「ツバサ」がロングヒットとなり、話題に。翌年6月に1stアルバム『ゼロへの調和』を発表。2011年には自レーベルを設立。2012年の阿佐亮介(g)の脱退を経て、新体制のもとで4ヵ月連続配信リリースを敢行するなど精力的な活動を展開。2014年7月、『未来は続くよどこまでも』で再メジャー・デビュー。同年11月、フル・アルバム『やがて咲く花達へ』をリリース。2020年7月にはベストアルバム『UNDER GRAPH 20th BEST 2000-2020』をリリース。

2 / 2