世界観がヤバすぎ、ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」で話題のOP曲を歌うロイ-RöE-って?

今回、5/22にドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」のオープニングテーマ、「VIOLATION*」配信リリースされるロイ-RöE-さんが、レコチョクに来社してくださりました!そこで、ロイ-RöE-さんに今回の楽曲についてのお話から今後の目標など、幅広くお話を伺ってみました。

 

 

──今回、5/22に配信リリースされる「VIOLATION*」は、ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」のオープニングテーマ(以降:OPテーマと表記)ですが、TVから流れてきた時の感想を教えてください。

最初は試写会で見たんですよ。その時はドラマの中で流れるのを見るのが初めてだったから。凄く緊張して、そわそわして、上の空みたいな感じで、ほとんど記憶にないです(笑)

1週間後くらいにTVで見た時は落ち着いて見れて、自分の曲が流れてきて、素直に嬉しかったですね。「やっとだ!」って思いました。それまではずっと、前作と比べてどうなるかなぁとか、少し不安でした。

でも、心配なんかいらなかったな、ってくらい、映像と一緒に流れてくるとかっこよく仕上がっていて、ホッとして、身体がアツくなる感じでした。

 

 

──客観的に曲を聴いてみて、反省点などは湧いてくるものなのでしょうか?

スタッフなどを巻き込んで、最後までこだわったので、ジャケット、MV、歌も全部。

ちょっとした修正とかなども含めて〆切ギリギリまでやってたから、今回の作品については本当に悔いはないですね。

 

 

──すごいですね!自信を持って聴いてもらえる作品ということですね。

いつもは、ここをもっとこうできたかな、とかあったんですよ。でも、今回は本当にこだわりぬいたので。もっと後になって思うことはもしかしたらあるかもしれないけど、今は無いですね。

その分、皆を巻き込んだので、スタッフのみなさんは大変だったかもしれないけど(笑)、「良い作品を作る」っていう自覚を持ってやりました。

 

 

──今回の新曲「VIOLATION*」に込めた想いや聴きポイント、こだわりポイントがあったら教えてください。

「VIOLATION*」は違反の「VIOLATION」という意味です。

ヒロインの姫川と自分を重ね合わせたときに一番重なった「悲しむことは恥だと思っている」とか、「悲しむ自分は見せたくない」、「同情されたくない」といった、いわゆる「女性のかよわくない部分」というものを表現したくて。姫川のいいところはそこだと思いますし、そういう女性の強さや美しさを表現したくて。あとは女性の歌である、という意味は結構考えましたね。

(画像:VIOLATION*ジャケット写真)

 

──「女性の歌である、という意味」というと、具体的にどういったところでしょうか?

女性の方が過敏・多感とか、”少女”から”女性”に変わりゆく部分ってあるじゃないですか。

「これは無垢でやっている」のか、それとも「意図して悪いことしようとしているのか」とか。そういう部分を含めてMVで表したり。「女」っていう部分には結構こだわって表現しましたね。

 

 

──そういった部分を表現するためにも、MVではダンサーさんを起用されたんですね。

そうなんです。ダンサーのTsukusiちゃん、中1なんですよ。表現力がすごいですよね。

特にいちごを食べるシーンがMVの中であるんですけど、あれも実は全部アドリブなんです。「ちょっと下品なことしてみて」ってお願いしたらすぐに苺を潰したり、ナイフ刺したり。めっちゃかっこいいですよね。

 

 

──MV拝見しましたが、本当にかっこよかったです。

そうなんです。しかもダンサーさんの13歳という時期がちょうど良いですよね。

「女の子」でもないし、「女性」でもない、あの時期。

ダンスと融合することによって、MVがより良いものになったと思ってます。

 

 

 

──今後の活動の中で、目指しているものがあれば教えてください。

私、今回のドラマオープニングテーマとかもそうなんですが、昔からCMソングや広告ソングが好きで。

その中でも菅野よう子さんがすごく好きで。菅野よう子さんのアニソンもいいんですが、広告音楽的な菅野よう子さんがすごく好きで、目指していきたいんです。

短い尺なのに”菅野よう子感”が出て、企業名を言っても”菅野よう子”って感じがする、というような楽曲を作っていきたいです。

インストでも、歌詞がなくても「ロイ-RöE-」になる、みたいな。でもちゃんとバイタリティーもあって、みたいな。今後やってみたいのは、化粧品のCMソングとか是非やってみたいです!それこそ「女性」が使うイメージがあるもののCMとかがいいですね。

 

 

──では、今回のドラマのOPテーマは「目指していたところに届いた」という感覚ですか。

そうですね、今回のドラマのOPは、とってもアガる仕事でした。

普通に曲を作るのももちろんいいんですけど、他の「アート」と絡んだり、自分の「アート」で他の「アート」と関わりあったり、ということをもっとしていきたいですし、そういうことができたら嬉しいですね。

 

 

 

──中学卒業後から作曲をされていた、とのことでしたが、作曲をされる際に最初に行ったことは何でしょうか?

最初は初心者セット「アコギ」の1万円セットを買いました。すごいボロかったんやけど(笑)それと、ギター初心者本みたいなのを買って、中身は全然わからなかったんですが、裏にコード表がついてたので、それを見ながらコードはなんとか覚えて。

あとは遊びながら覚えた、って感じでしたね。毎日触って、「こうやるんや」とか。だから学んだ、って感じではなくて、遊びながら覚えていった、って感じでしたね。

 

 

 

──最初に曲を作られた時は、「きっかけ」があったかと思うのですが、そのきっかけとは何だったのでしょうか?

自分を表現することがしたくて。いろいろあるじゃないですか、イラスト、とか、音楽、とか。その中でも歌が得意だったから。

そこから音楽を極めていこう、って思いました。カバーとかあんまりしてなくて最初から曲作りをしてました。

 

 

──カバーからって方も結構多いと思いますが、まずはオリジナルだったんですね。

カバーするような曲を聴いたことがなかったんです。バンドもロックも全然。

HIPHOPとかR&Bとかばかり聴いていたので。

 

 

──そこの楽曲のルーツが、本作「VIOLATION*」に生きている気がしますね。

そうですね。出てますよね。(笑)

 

 

 

──今回作っていただいたプレイリスト「踊りたくなる邦楽 ロイプレ-RöEPlay-」をRecMusic、dヒッツで公開していますが、聴きポイント・選曲の想いがあれば教えてください。

踊りたくなる曲が好きで、今回は邦楽にしぼって選んでみました。時代とかもバラバラなんやけど、どの曲もかっこいいんですよ。寝ながら聴いてても、身体が勝手に動いてしまう、というか。(笑)

MONKEY MAJIKさんも好きですし、あ、あと吉田兄弟さんも好きなんです。三味線の音と吉田兄弟さんの英語の歌が混ざって、ミスマッチだけどめちゃくちゃあっているみたいな、そういうのが凄く良いです。

pe’zmokuさんの「ギャロップ」もすごく好きです。ボーカルの声がとても良くて。

Microさんの「踊れ」という曲も小学校の時から好きで。結構昔聴いてたのから掘り出してます。邦楽に絞ってますし…。すごく聴きやすいと思います。

 

【新曲「VIOLATION*」はこちらからチェック】


https://recochoku.jp/song/S1007933634/

 

ロイ-RöE-本人セレクト「踊りたくなる邦楽 ロイプレ-RöEPlay-」プレイリストも公開中!

・dヒッツ:http://bit.ly/2Htrprg

・RecMusic:http://recochoku.com/190521_ROE/

 

【ロイ-RöE-プロフィール】

 

頭から離れないメロディーと個性的な歌詞を紡ぎ出すシンガーソングライター。

中学卒業後から独学で作曲を開始。

2017年夏に行われた、ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル<unBORDE>が主催するライブイベント<unBORDE Summer Xmas Party 2017>において、レーベルへの所属を発表。

10/19、1st Digital EP「ウカ*」をリリース、unBORDEよりデビューを果たす。

http://roeworld.com/

 

 

Youtube「VIOLATION*」

 

 

文:レコログ編集部

new post