男女混合のダンス&ヴォーカルグループ、Re:Complexの恋愛観は!?オリジナルプレイリストも到着!

MBSのオーディション番組『関西発!才能発掘TV マンモスター』から生まれた男女混合グループ、Re:Complexが3/18(水)に1st Album『NEO GRAVITY』をリリースする。そこで、メンバーの長澤翼、吉田悠祐、辻内祈、渡邉梨沙、田中優衣子にインタビュー。オーディションに応募したきっかけからアルバムについて、さらに彼らの恋愛観など幅広く話を聞いた。彼らが作ったプレイリストや影響を受けたアーティストについても語っているので、最後までチェックしてほしい。

 

Re:Complex

 

 

 

「こうじゃない?」と意見を言い合って、ぶつかり合うこともあったけど。

今考えると、それもいい経験だった

 

 

 

――皆さんは、2017年に開催されたオーディンション番組「関西発!才能発掘TVマンモスター」から誕生したダンス&ヴォーカル・グループになりますが、応募したきっかけから教えてもらえますか?

 

長澤翼:8歳の頃から子役をやっていたんですが、高校生の頃にEXILEさん主催の「VOCAL BATTLE AUDITION」をテレビで観て、チャンレジしたい気持ちが生まれて。歌やダンスをやろうと思い、このオーディションに応募しました。

 

Re:Complex

 

吉田悠祐:17歳の頃からストリート・ダンスをやっていて、路上で練習をしていた時にたまたま番組のスタッフが通りかかり、オーディションのことを知ったんです。プロダンサーを目指していたけど、ダンス以外の夢も広がるかな、と思って応募させてもらいました。 

 

Re:Complex

 

辻内祈:4歳上の兄が歌とダンスをやっていたので、その影響で私も小学校6年から歌とダンスを始めました。歌って踊れるアーティストになりたいと思い、たまたま番組の告知を観て応募したんです。

 

Re:Complex

 

渡邉梨沙:私は何かを表現することが好きで、EXILEのバック・ダンサーを務めたり、USJのパレード・ダンサーとして1年間ダンサーをやっていたんですが、アーティストになる夢を諦めたくなくて、たまたま番組を観る機会があり、すぐに受けようと思いました。

 

Re:Complex

 

田中優衣子:私はみんなと違って、ソロ・シンガーを目指していたので、音楽の専門学校に通っていました。そこでこの番組のオーディションを先生に薦めてもらいました。最初は「ソロ・シンガーになりたいから、受けへん!」と拒否してたんですけど…。先生の言葉に押されて今に至ります。

 

Re:Complex

 

――オーディション時のエピソードなどはありますか?

 

吉田:全員がライバルなので審査中はバチバチでしたけど、一緒にご飯やお風呂に入っているときは仲が良くて、そこで仲間意識が芽生えたことが大きいです。

 

長澤:一期生・二期生とあり、僕と渡邉と辻内は二期生で、途中参加だったんです。二期生は二期生なりのプライドがあり、一期生は一期生で負けてられないみたいな感じで、お互いの顔合わせのときに目力が凄くて(笑)。それを経て、こうしてグループとして活動できているのは嬉しいです。

 

渡邉:ライバルやけど、何かに向かって一緒に頑張る仲間がいるのはいいなと思いました。その時の気持ちを忘れたくないです。

 

田中:私はダンス未経験だったから、みんなどうやって体を動かして踊っているんだろう?って思っていました。でもみんな優しくて、個々の闘いなのに、凄く丁寧に教えてくれたんです。そこでより頑張ろうと思いました。

 

辻内:お互いに「こうじゃない?」と意見を言い合って、ぶつかり合うこともあったけど。今考えると、それもいい経験だったなと。

 

吉田:お互いの悪いところを言い合って、お互いに成長していく。これからもそういったところは活かしていきたいです。

 

 

 

次ページ:1stアルバム『NEO GRAVITY』について

1 / 3

ranking

new post