4人組ポストノスタルジックバンド・アオノオトシゴ。個性的なバンド名からも彼らのセンスを感じるが、2018年のバンド結成以降、その音楽センスは早耳リスナーを中心に注目を集めている。「RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 20/21」優勝、インディーズバンド音楽配信プラットフォーム「Eggs」でのリスニングチャート上昇など、まさに期待の新星である彼らは、3月9日(水)にミニアルバム『Trim』をリリース。そこで彼らにインタビューを行い、音楽ルーツをはじめ、音楽に込める想いなどを中心に話を聞いた。特別にプレイリストも作ってもらったので、是非楽曲やプレイリストと合わせて、最後までチェックしてほしい。

 

メンバーのアイデアをもっと盛り込んで、いろいろ実験していきたいです

 

──早速ですが、アオノオトシゴというアーティスト名の由来を教えてください。

 

センダカズキ(Vo. & Key.) : 「記憶を司る”海馬”に残る楽曲を作りたい」という想いと、私の作る楽曲に青っぽいイメージがあることから、海馬を表す”タツノオトシゴ”と”青”を組み合わせたアオノオトシゴになりました。

 

──では、皆さんの音楽ルーツや影響を受けた楽曲を教えてください。

 

センダ : 邦楽はスピッツ、ZARD、山下達郎など80-90年代の楽曲をよく聴いてきました。洋楽はQueen、カーペンターズ、80年代AORを中心に各年代の作品を聴いています。

 

三平(Gt.) : 中学生時代にflumpool、WEAVERを聴いてバンド音楽の世界に入りました。そこから、時代の移り変わりと共にその時々の流行りのジャンルを聴いています。

 

ナギ(Ds.): 昔からスピッツが好きで、よく聴いていました。あとはジャズやファンクもよく聴きます。

 

マッキー(Gt.) : ルーツは小さい頃車の中で聴いていたミスチルやスピッツ、The Policeとかだと思います。広いジャンルでいうと、インディー、オルタナが好きでよく聴きます。

 

──そんな皆さんで構成されるバンド・アオノオトシゴを一言で表すと?その理由も教えてください。

 

マッキー : 青!爽やかで青いイメージの楽曲が多いからです。

 

──作詞・作曲の際に意識されていることがありましたら教えてください。

 

センダ : 感じ取った情景や感覚を出来るだけ詞やメロディに映し出せるように意識しています。「懐かしさ」「透明感」は特に大切にしている感覚です。

 

──楽曲制作は曲先ですか?それとも詞先ですか?

 

センダ : 圧倒的に曲先です。思いついたメロディをメモに記録しておいて、そこからコードやフレーズなど構想を広げていきます。一通り構成が出来上がったら詞を当てはめていきます。

 

──では、普段どんなことからインスピレーションを受けられますか?意識してインプットしていることなどがありましたら教えてください。

 

センダ : いろんな時代、ジャンルの曲を聴くようにしています。メロディや詞、テーマを思いつくのは街を歩いている時や家事をしている時など、何気ない瞬間のことが多いです。

 

三平 : なるべく、さまざまなアーティストの曲を聴くようにしています。その過程で心が動いたり、驚きが生まれたりした際に、その要因を知るためにとことん掘り下げます。

 

マッキー:好きなアーティストの影響を受けたアーティストなどを掘り下げることです。ルーツを垣間見ることができ、自分なりの消化方法を考えたりします。

 

ナギ:ライブ会場の空気にインスピレーションを受けて、自分の演奏が変化したりしますね。

 

──アオノオトシゴはTOWER CLOUDから楽曲を配信されていますが、TOWER CLOUDを利用したきっかけを教えてください。

 

センダ : マッキーがTOWER CLOUDを見つけてきてくれました。CDプレスなど素敵な特典があったので、利用させていただきました。

 

──3月9日(水)にリリースしたミニアルバム『Trim』は既に配信されている2曲と新曲2曲で構成されていますね。まず既存曲からお聞きしたいのですが、「プラネテス」「ハートブレイカー」それぞれに込めた想いを教えてください。

 

センダ : 「ハートブレイカー」は別れを書いた曲です。突然の別れに取り乱したりはしないけど、正直な心境にも気づいてほしいという気持ちです。

「プラネテス」ははぐれものの歌です。拠り所を求めてアプローチしてはまた彷徨い…落ち着ける日は来るでしょうか(笑)。

 

──2月22日にはミニアルバム収録曲「淋しい花」が先行配信されました。

 

センダ : 集団の中で感じる孤独を思って書いてみました。一人、雑踏や喧騒の中に立ち尽くしているような感覚です。

 

aonootoshigo_j

ミニアルバム『Trim』ジャケット写真

 

──各種サブスクのプレイリストに入るなど、かなり注目度も高い皆さんですが、このような反響について思うことがありましたら教えてください。

 

センダ : 日本全国の再生はもちろん、海外からの再生もあるようで、音楽に垣根はないのだなと改めて思いました。もっともっと広がっていったら嬉しいです。

 

三平 : 自分達の好きな音楽を作っている過程で、さまざまな人とその好きを共有できることが嬉しいです。

 

──ミニアルバム『Trim』に関わるレコーディング時のエピソードを教えてください。

 

センダ:「淋しい花」は普段あまり歌い慣れていない構成の楽曲だったので、コツを掴むまでに時間がかかりました。

 

三平 : ある楽曲で超絶技巧系ベースソロ案がありましたが、ボツになりました(笑)。

 

マッキー:「来来軒」という中華料理屋が美味しかったです。

 

ナギ:レコーディングでお世話になった高崎のTAGO STUDIOさんで食べたクレープが美味しかったです。

 

──これまでの作品も含め、ジャケット写真が印象的ですが、このジャケット写真に決まった経緯を教えてください。

 

センダ:今までのジャケット写真は風景画が多かったので、今作は一つの被写体でシンプルに飾ってみようということになりました。動物単体という印象の強さに加え、人間にはない独特の表情もあって面白かったので即決定しました。

 

──歌唱する際・演奏する際に意識されたことを教えてください。

 

センダ : 前作よりもタイトなリズム意識を持って臨みました。

 

三平 : タイミングや音程に加え、出したい音の質を大切にしました。ピックではもっちりと、指ではかっちりと…(笑)。

 

マッキー:一音一音の大切さです。とても良い勉強になりました。

 

ナギ:タイトなリズムを心がけつつ、曲全体を前に進めるイメージを大切にしました。

 

──ここからは少しミニアルバムと離れた質問になりますが…「RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 20/21」で優勝されましたよね。その時のエピソードや印象に残っていることを教えてください。

 

センダ:初めは「せっかくだし応募してみよう!」みたいなノリで始まったのですが、まさか優勝まで辿り着けるとは思いませんでした。多くの方々の応援もあっての称号だと感じています。ありがとうございました。

 

三平 : 家庭教師のバイト中に優勝の連絡が来ました。一番に報告したのが中学生の教え子でした。

 

マッキー:多くの人に楽曲を聴いていただく機会になり、嬉しかったです。あと、たくさんの方に投票いただいたことが、自信に繋がりました。

 

ナギ:たくさんの人に曲を褒めてもらって、やっぱりセンダくんの曲はすごいなぁと実感しました。ぼくもさらに演奏の腕を磨こうと、身が引き締まりました。

 

──今回、プレイリストを作っていただきました。プレイリストのテーマや楽曲のセレクト理由を教えてください。

 

三平 : あまり固まった認識は共有せず、メンバー全員の好きを夏寄りで集めました(笑)。

 

──これから温かくなるにつれて聴いてほしいプレイリストですね。では、これから挑戦してみたいことがありましたら、教えて下さい。

 

センダ : メンバーのアイデアをもっと盛り込んで、いろいろ実験していきたいです。

 

三平 : 今までの良いところしっかりと踏襲しつつ、進化させていきたいです。

 

マッキー:一つでも多く楽曲を世に出せるよう、精進します!

 

ナギ:まだレコーディングしていない曲がたくさんあるので、音源制作をどんどん進めていきたいですね。

 

──ありがとうございました。最後に、応援してくれる方へのメッセージをお願いします。

 

センダ : これからも地道に進んでいきます。引き続き応援よろしくお願いします。

 

三平 : 自分達のやりたい音楽をやりつつ、皆さんをより深く巻き込めるように邁進していきます!

 

ナギ:たくさん聴いてください!

 

マッキー:今後とも応援していただけると励みになります!よろしくお願いします。あと公式YouTubeのチャンネル登録、よろしくお願いします(笑)。

 

文:レコログ編集部

 

▼アオノオトシゴがセレクトしたプレイリスト「アオノオトシゴ 夏セレクト」はこちらから

TOWER RECORDS MUSIC:https://music.tower.jp/playlist/detail/2000001978

dヒッツ:https://selection.music.dmkt-sp.jp/program/10040371