26時のマスカレイド(ニジマス)の初出演ドラマ・書き下ろし3曲収録“恋愛三部作”シングル 「二人だけの初めてをもっと」が12月2日(水)にリリースされる。現在、WIZYでは期間限定で限定パッケージを11月29日(日)11:59まで予約 受付中(https://wizy.jp/project/525/)。そこで、今回特別に、WIZY限定パッケージの販売を記念したインタビューを公開。彼女たちの音楽ルーツについてや、本パッケージの見どころなど、さまざまな話を聞いたので、是非最後までチェックしてほしい。

 

 

 

チームで一つのものを作っている感覚が強くなった気がします

 

 

 

――皆さんが音楽を始めたきっかけを教えて下さい。

 

江嶋綾恵梨:もともと、母親が、音楽が大好きで小さな頃から車でも家でも音楽が流れている中で生活をしていたので、自然と音楽が好きになりました。母親の影響が大きいかな〜と思います。

 

吉井美優:歌が好きで、小さい頃から何かあるたびに歌で心が救われていたので、私も誰かの心に届けられるように、歌を歌っていきたいと思ったのがきっかけです。

 

森みはる:ニジマスに入ってアイドルを始めてからです。

 

中村果蓮:もともと事務所には所属していてアイドル志望だったんですけど、「ニジマスのオーディションがあるよ」って勧めてもらったのをきっかけに、ニジマスに入りたくなって、チャンスだと思って受けたのが始まりです!

 

来栖りん:ニジマスの前に音楽活動もそうですが、まず芸能活動をしたことがなかったので、完全にニジマスが音楽を始めるきっかけでした。歌もあまり馴染みがなくて、カラオケも滅多に行きませんでしたし、音楽もアイドルも全く詳しくなかったです。初めからアイドルになりたい!と思っていたわけじゃなかったけれど、ニジマスになってどんどん音楽、そしてアイドルを好きになっていきました。

 

――メジャーデビューから1年が経ちましたが、心境の変化や変わったことがあれば教えてください。

 

江嶋:メジャーデビューしてから今まで以上にたくさんの方に見て頂ける機会が増えて、グループ全体的に意識もさらに底上げされたなと感じています。ライブのテーマやセットリストなどにもメンバーが積極的に意見することも増えてきて、メンバー含め、チームで一つのものを作っている感覚が強くなった気がします。

 

――中村さんは6月に加入されて約5か月経ちましたが、今の心境を教えてください。

 

中村:入った当時よりは慣れてきました!このお仕事はこうするものだ、とかを知れてきてるし、メンバーとも思ったことを言い合えるようになってきているし…。毎日いろいろなお仕事をさせてもらえて充実していて、一日一日、あっという間に感じますね。

 

――ドラマ「君の名前を好きって書いた」の主題歌「二人だけの初めてをもっと」は既に先行配信済ですが、ファンの方や周りの方々からの反響はいかがでしたか?

 

:(ドラマでは高校役だったので)「ちゃんとJKだね」ってたくさんの方に言われました(笑)。私はグループの中では年齢が大人組なので、制服に違和感が出そうで不安だったんです。でも、ちゃんとJKに見えていたみたいで安心しました…!

 

 

 

26時のマスカレイド-二人だけの初めてをもっと(Music Video)

 

 

 

――『二人だけの初めてをもっと』をリリースされますが、WIZYでは通常盤A+通常盤Bに加えて、WIZY限定DVD「2月6日のマスカレイド ~ 今宵はバンドで踊りましょ?~ vol.2ライブ映像」が収録されますね。当時のライブを振り返ってみていかがですか?見どころや注目ポイントを教えてください!

 

江嶋:バンドサウンドになることで、同じ曲でも、こんなにも聴こえ方や受け取り方が変わるんだ、という驚きもあって、メンバー自身もすごく楽しみながらやらせて頂きました。

見どころは、バラードゾーンの生バンドライブでしか聴けないアレンジ達です!歌っていてかなり感情が込み上げました…。

メンバー全員の表情にも注目して楽しんでもらえると嬉しいです!!

 

――加えて、同ライブオフショット収録・ミニ写真集ブックレットもセットになっていますね。

 

来栖:生バンドライブは1年に1度の本当にスペシャルなライブで、メンバーもバンドさん方も毎年とっても楽しみにしています。生バンドライブならではのアレンジや演出があって、普段のライブで聴いている曲がまるで別の曲のように聴こえて、新鮮でわくわくします。私たちのテンションもMAXになるので、ファンの方にも熱が伝わって、一緒に盛りあがってくれたのが最高に気持ちよかったです!

 

――写真集もセットになっているとのことですが、写真集の見どころを教えてください。

 

:衣装はもちろん、表情や髪の毛が振り乱れる感じに注目して欲しいですね。もちろん、いつものようにすごく笑っている曲などもあるので、笑顔もいっぱいです!

 

――今年最後の運試しカードが付いているとのことですが、ご自身は運が強いほうですか?そしてカードにちなんで、2020年を振り返って、どんな1年になりましたか?

 

吉井:運は弱い方です!

今年はあまり思うように活動もできなかったので、悔しい想いもたくさんしたんですけど、でも、その期間で知って下さった方もいるし、新しい出会いもあって、決してマイナスなことだけではないなと気付かせてくれた大切な時間だったので、運とはまた違うかもしれないんですけど、思い出の1年でした。

 

――ありがとうございました。最後に、応援してくれる方へのメッセージをお願いします。

 

江嶋:2020年、思うように活動できない期間もありましたが、ライブができなくてもSNS等で皆さんの声があったから、グループ自体も新しいことにどんどん挑戦できたんじゃないかなと思っています!今回の楽曲もとても難しいハモリに挑戦させてもらったりと、今できる最大限がたっぷり詰まっていますので、音楽的観点からも深く聴いていただければ嬉しいです!皆さんにとって、この冬のテーマソングになりますように。これからもニジマスの応援、宜しくお願いします!!

 

 

文:レコログ編集部

 

 

 

▼初出演ドラマ・書き下ろし“恋愛三部作”収録WIZY限定パッケージ期間限定予約受付中!

(〆切:2020年11月29日(日)11:59まで)

https://wizy.jp/project/525/

  • 26時のマスカレイド

    26時のマスカレイド

    2016年10月結成。読モBOYS&GIRLS×Zipperアイドルオーディションから誕生した江嶋綾恵梨、中村果蓮、来栖りん、吉井美優、森みはるの5名からなるアイドルグループ。グループ名は「深夜2時(26時)の仮面舞踏会」を意味し、略称はこれを略したニジマス。『FASHION & EMOTION』をテーマに掲げながら、個性溢れるメンバー達が描いていくニジマスストーリーが若者の間で話題に。
    2019年8月メジャーデビューと同時に発売したミニアルバム「ちゅるサマ!」がオリコンを始め各ランキングで軒並み1位を獲得。
    6月に2,000人の中からオーディションにて選ばれた新メンバー中村果蓮が加入し、10月からは日テレプラス・Huluにて初の主演ドラマがスタート。
    12月2日にはシングル「二人だけの初めてをもっと」をリリースし、勢いに乗る彼女たちから目が離せない!