2019 Spring

2019 Spring

 

 

 

聴いてくれる人が見えるってのがどれだけ贅沢だったんだろう

 

 

 

――11月には東京・京都で「ヒグチアイ 独演会 [ 一対一 ]」を開催されましたが、昨年夏以来の独演会で感じたこと、お客様の反応などを教えてください。

 

聴いてくれる人が見えるってのがどれだけ贅沢だったんだろう、と気付きました。それぐらい嬉しくて、優しくて、あったかい気持ちになりました。所狭しと顔が並んでいるのは本当にいいものでした。

 

――コロナ禍での5周年、予定している音楽活動などありますか。

 

やることは変わらないです。歌を作って、歌を歌うこと。ライブをすること。届けること。

 

――ところで、ヒグチさんの中で「意外と●●なんです」という部分はありますか。

 

意外と腐女子です。ファンからBL漫画の差し入れがあるぐらい。いつかBL実写化で曲を書き下ろしたいです。夢です(笑)。

 

2019 Autumn_3rd ALBUM

2019 Autumn

 

――初めてヒグチさんの楽曲を聴くという人へおすすめするとしたら、どの1曲を選ばれますか、その理由も教えて下さい。

 

なんでしょう。「備忘録」かな。この曲聴いて大丈夫だったら、あと全部大丈夫です。

 

 

 

ヒグチアイ「備忘録」

 

 

 

――最後に、応援してくれる方へのメッセージをお願いします。

 

元気じゃなくても、また会おうね。

 

 

higuchi_200902BEST_Apho_main

2020 Summer

 

 

 

 

【ヒグチアイ 5th anniv. 体験型企画展「新しい答えをつくろうよ」】WIZYプロジェクト

■プロジェクト期間:2020年11月17日(火)12:00~12月8日(火)23:59

■プロジェクトURL:https://wizy.jp/project/538/

——————————————————————–

【ヒグチアイ 5th anniv. 体験型企画展「新しい答えをつくろうよ」】

会期:2020年12月11日(金)~13日(日) *予約制

場所:America-Bashi Gallery (東京都渋谷区恵比寿南1-22-3-1F)

・入場料:¥2,200 (景品付/税込)

・ONLINE AFTER TOUR:¥3,500 (限定グッズ付/送料込/税込)

——————————————————————–

  • ヒグチアイ

    ヒグチアイ

    平成元年生まれ。シンガーソングライター。
    生まれは香川、育ちは長野。2歳のころからクラシックピアノを習い、その後ヴァイオリン・合唱・声楽・ドラム・ギターなどを経験、様々な音楽に触れる。
    18歳より鍵盤弾き語りをメインとして活動を開始。
    2016年、1st ALBUM『百六十度』でメジャーデビュー。
    これまでに培った演奏力と、本質的な音楽性の高さが業界内外から高い評価を受け、「FUJI ROCK FESTIVAL」「RISING SUN ROCK FESTIVAL」など大型フェスへの出演も果たす。
    まっすぐに伸びるアルトヴォイスと、言葉を持つような鍵盤の旋律が、圧倒的な説得力を持って迫る。叱咤激励にも似たその歌声は、老若男女問わずじわじわと中毒者を増やし続ける。

2 / 2