エドガー・サリヴァン、ミニアルバム『CHAP』リリース!「自己紹介のような、挨拶をするような気持ちで聴いてもらえたらいいな」

4/22(水)にミニアルバム『CHAP』をリリースするエドガー・サリヴァン。佐々木萌(Vo.)と坂本遥(Gt.)の2人体制となって初のアルバムを完成させた彼らに、本作に込めた想いや制作時のエピソードなどをたっぷりと聞いた。今後ファンとやってみたいことやメッセージもあるので、最後まで読んでほしい。

 エドガー・サリヴァン

 

 

 

自己紹介のような、挨拶をするような気持ちで聴いてもらえたらいいな

 

 

 

――ミニアルバム『CHAP』は、とても楽しい作品になりましたね。

 

佐々木:ありがとうございます。今作は今まで応援してくれていた人にももちろん聴いてもらいたいという想いはありつつも、エドガー・サリヴァンをまだ知らない人たちや、『ウチのガヤがすみません!』のEDテーマとなった「DOKI DOKI」、『スッキリ』のテーマソングとなった「Begininn’」で知ってくれた人たちに、自己紹介のような、挨拶をするような気持ちで聴いてもらえたらいいなと思いながら制作したので、そう思ってもらえるとすごく嬉しいです。

 

坂本:「DOKI DOKI」の歌詞にある「未来に期待をいつでもしようよ」という言葉が、今の時代だからこそ、すごく響くと思うんですよね。きっと、この歌詞には、自分自身も救われる日が来るんじゃないかなと思って歌っています。サブスクでも聴くことができる今の時代だからこそ、『CHAP』の曲に触れて僕達のことを知ってもらいたいです。

 

――アルバムの中でお二人それぞれが印象的だった曲を教えてください。

 

佐々木:アルバムタイトルにもなっている「chap」は、今までのどの曲よりも等身大の曲になっているんです。これまでは、もっとファンタジー寄りで、まだない未来について書いていたんですよ。シンプルなアレンジにしたのは、この曲を1人で、家で聴いてくれた時に、距離を近く感じてもらいたいと思ったからなんです。架空のエンターテインメントに触れてと言うよりは、私たち二人を近くに感じてもらえるような曲になりました。

 エドガー・サリヴァン

――たしかに、すごく自然体ですよね。

 

佐々木:歌詞も、自然としゃべっているような雰囲気なんです。背伸びしているような難しい言葉も使わず、勢いで書き上げたような曲ですし、“一発録り”だったので、息遣いも含めて、よりリアルに感じてもらえると思います。

 

坂本:僕もこの曲の歌詞が一番好きなんです。最初にデモを聴いたときに、すごく感動して、「すごくいいよ!」と興奮気味に(佐々木)萌ちゃんに伝えました(笑)。

 

佐々木:たしかに、すごい興奮気味だったので驚きました(笑)。

 

坂本:もともとメンバーが5人だったのが、3人になり、今2人になってという歴史の中で、いろんな方に求められる曲をしっかり作っていこうと思いながら制作をしていた時期があったんです。でも、いざ2人になったときに、それでいいのかなって思ったんですよね。僕は、期待に応えようとして背伸びをするのではなくて、萌ちゃんが書く曲と歌詞が好きだからこそ、そのパワーを伝えることに注視しなくちゃダメだなって思ったんです。だからこそ、今作では、より自分たちが今やりたいことを、ちゃんとリアルに伝えていこうと。余計な背伸びなんてしなくていいんだって思ったんですよ。

 エドガー・サリヴァン

 

 

 

「CHAP」以降、いろんなものが変化したんです

 

 

 

――すごく大事な気づきですよね。

 

坂本:そう思います。2人のエドガー・サリヴァンが作った最初のアルバムだからこそ、今後の指針となる1枚になったと思います。

 

佐々木:そこにふたりが気づけたのはすごく深くて…。もちろん、このミニアルバムの楽曲を完成させてからもたくさん曲を書いているんですが、「CHAP」以降、いろんなものが変化したんです。

 

坂本:「CHAP」の前に「NEWS」という曲をリリースしているんですが、そこから1年は大事なものを見つけ直すことに終始しました。僕らなりにもかなり試行錯誤だったんですが、その歴史もすべて曲に詰まっていますし、最終的にこの弾き語りのような「chap」という曲で自分たちらしさを見つけたということも含めて、ターニングポイントのような作品になっているんです。

 エドガー・サリヴァン

――だからこそ、このアルバムタイトルになったのでしょうか?

 

佐々木:そうですね。でも、このアルバムを象徴する曲が具体的にどの曲かなと考えたのではなく、基準となってくれる曲を作ろうとしてこの曲が生まれたので、最後にぎゅっとまとめてくれる役割を担ってくれたのが、この「chap」です。

 

坂本:そのほかにも、「夜のピアス」とかも、面白かったね。

 

佐々木:うん。2人でセッションをしながら作った曲も何曲かあるので、制作はすごく楽しかったですね。

 

――ということは、制作はすごくスムーズだったんですか?

 

佐々木:それが、実ははじめはスランプからスタートしたんですよ。そこで、スランプを打破すべく、スタジオに寝泊まりする中で、トラックを作っては乗っけてという合宿をして作り上げていったんです。今まではそういうやり方をしたことがなかったので、かなり新鮮でした。ライブでドラマーやベーシストを呼んで披露したときに、どんなグルーブ感が生まれるのか、すごく楽しみな曲がたくさん生まれました。

 

 

 

次ページ:今後ファンとやりたいことは・・・?

1 / 2

ranking

new post