Cloque. Major 1st Full Album『ネイキッドブルー』をリリース!楽曲に込めるメンバーの想いとは

3月18日(水)にMajor 1st Full Album『ネイキッドブルー』をリリースしたCloque.。そんな彼らに、アルバムをリリースした感想や最も聴いてほしい楽曲、ファンと一緒にやってみたいこと、それぞれが今後プレイリストを作るとしたら?など、幅広く話を聞いた。

 Cloque.

 

 グッとくるとか、熱くなるとかが大好きなので

ライブを想像しながら曲を作っていきました

 

 

 

――アルバム『ネイキッドブルー』が完成されましたね。聴き終わった後に前向きで清々しい気分になる、とても良いアルバムだと思いました。

 

村松(Vo.Gt):作品を作る時、常に自分たちの振り幅を広げることを目標にしていて。今作はロック調の曲もあれば、バラードもあって、疾走感のある曲もあって、いつも以上に振り幅のある作品になりました。

 

古田(Ba.Cho):ミニアルバムしか出して来なかったので、いままでやり切れなかったこともやれて。作品として良いものになりました。

 

吉見(Dr.Cho):僕はこれまでで一番の傑作が出来たと思います。今までで一番速い曲もあるし、一番短い曲もあるし、やりがいもありました。

 

――サウンド的にはギターがグイグイ引っ張っていく疾走感もあって、聴いていてすごく痛快です。

 

村松:テンポの速い曲も好きなんで、心地よいテンポに合わせて歌を乗せていって「もうちょっと速く」ってやってたら、すごく速くなってしまったりしたんですが(笑)。歌というのを一番大事に考えていて、歌っていても聴いていても気持ち良くないとイヤなんです。

 

――村松くんは声も通るし、言葉がスッと入って来るし。バンドサウンドが遠慮してないのに、しっかりボーカルが立ってる印象です。

 

村松:まさにそれがしたかったことです。前作まではもうちょっと歌重視になっていたんですけど、ライブをやっている中で自分たちのやりたいことが明確になっていきました。グッとくるとか、熱くなるとかが大好きなので、もっと熱くするにはこういう曲があったらなと思って、ライブを想像しながら曲を作っていきました。

 Cloque.

 

 

 

仲良くなるためにキャッチボールとかしてたよね?(笑)

 

 

 

――2015年に結成されて、プロフィールを見ると結成直後はライブもデモ制作もガンガンやられていましたが、その頃の成果も出ていますか?

 

村松:そうですね。でも、その頃はやりたいことはあるけど、曲が足りなかったし、悩みながらやってて。その後、曲が増えてきて、やりたいライブが出来るようになってきて、もっともっとって欲張りになって、やるべきことが見えてきた感じでした。

 

――もともと3人は別々のバンドだったんですよね?

 

村松:はい。僕と吉見の以前のバンドが同じくらいのタイミングで終わって、「一緒にやらない?」ってすぐに声をかけたんですが。ベースが全然見つからなくて、Twitterで募集をしたら古田が見てくれたんですけど、古田はまだ別のバンドをやっていて。

 

古田:掛け持ちはイヤだったんで、一度は諦めたんです。でも、その何ヶ月後に僕のバンドが終わることになって、聞いたらまだ募集していたから、「一緒にスタジオに入ろう!」と決めました。村松とはその前に対バンした時、良いボーカルだなと思っていたんです。

 

――吉見くんは村松くんの印象ってどうだったんですか?

 

吉見:一緒にやる前から「歌上手いな」と思ってて、知っているバンドの中では良いボーカルトップ3みたいな感じで。で、この3人で始めたんですけど、俺と(古田)秀人さんは全く初対面で。

 

村松:仲良くなるためにキャッチボールとかしてたよね?(笑)

 

吉見:そう、「遊園地行こう」とか言ってたもんね。

 

村松:“仲良くなろう週間”で3人で初詣に行ったり。

 Cloque.

 

――あはは。結成後は1stデモから、大きな反響を得ましたよね。

 

村松:1stデモを出すまでにしっかり準備していたので、嬉しかったですね。すでに2ndデモの準備もしていて、「2ndデモを出したら、レーベル決めよう」と言ってたら、出す前にレーベルも決まって。全国流通とかしたことなかったんで、すごく嬉しかったです。

 

 

 

思っていたメジャーとは違って、自分たちのやりたいようにやらせてもらえていて

 

 

 

――そして2019年にメジャーデビュー。デビューしての心境や環境の変化はいかがでしたか?

 

古田:思っていたメジャーとは違って、自分たちのやりたいようにやらせてもらえていて、ストレスもなく、のびのびやれています。

 

――インディーズには無いチャンスやキッカケもありますしね。

 

古田:そうですね。だからプラスの面はあるけれど、バンドのスタンスは何も変わっていないという感じです。

 

村松:ずっと音楽が好きで、バンドがやりたくてやってきたし、練習もするし曲も作り続けるし。メジャーが決まった時は「頑張ろう!」と思いましたけど、結果、ずっとやってきたことをやり続けるだけなんだなと思いました。

 Cloque.

 

 

 

時間がかかったのは「スピカ」ですね

妥協したくないので構成とかもすごく話し合って

 

 

 

――そして、アルバム『ネイキッドブルー』について。アルバム収録曲で特に苦労した曲ってありますか?

 

村松:時間がかかったのは「スピカ」ですね。メンバーに送った時から「いいね」と言ってくれて、この曲でMVを作るのかな?って感じもあって。妥協したくないので構成とかもすごく話し合って、完成までにかなり時間がかかりました。

 

古田:推し曲って意識も個々にあったからこそ、意見が分かれることもあって。出来上がりを聴いた時、本当に気持ち良かったです。

 

吉見:僕は聴きやすくするためには、ドラムパターンが重要だと思ったんで。一度は決まったことも、実際にやってみて「本当にこれでいいのか?」って思うことが多かったです。

 

村松:いまは「スピカ」を作れて良かったと思ってます。ライブでも最初から反応が良くて、「伝わって良かった!」と安心しました。

 

Cloque. – スピカ (Official Music Video)

 

――「スピカ」もですが、「HELLO NEW WORLD」で始まる今作は、ここからの希望を高らかに歌えているのがすごく良いし、その言葉に嘘がないから、聴く人の前に進む力になってくれると思います。

 

村松:ありがとうございます。言葉に嘘があると歌えなくなってしまう人間なので、自分に嘘を付かずっていうのは当たり前のテーマとしてあって。歌詞を書く時にマイナスなことを書いて、それをいかに自分の中でプラスに出来るか?っていう作り方が多いので。前に進む力になるって言葉はすごく嬉しいです。

 

――性格的には物事をネガティブに考えてしまうタイプですか?

 

村松:二十歳くらいの時、すごくそうで。そういう自分がイヤだったし、ネガティブな感情がマイナスのまま終わってしまうのはイヤだと思って、曲作りでも私生活でも吐き出す時にプラスに出来るように意識してやってきて。それがスムーズに出来るようになったので、歌詞にも活かせるようになってきて良かったです。

 Cloque.

 

 

 

まさに「全人類、みんな幸せになればいいのに」って気持ちで曲を書きたいと思って

 

 

 

――「僕らの愛のうた」のようなラブソングも嘘を付かず、自身の経験から書かれた曲だったりするんですか?

 

村松:ラブソング風に書いているものの、ラブソングじゃない曲も多くて。女の子に向けてだけでなく、好きな友達に向けてみたいな曲も多くて。今回は「同じ速度で」だけが、女の子に向けて書いた曲ですね。

 

――確かに「僕らの愛のうた」は“僕ら”と言うだけあって、万人に向けた愛を歌っているようにも聴けます。

 

村松:まさに「全人類、みんな幸せになればいいのに」って気持ちで曲を書きたいと思って。その時思い浮かんだのが、友達の結婚式の二次会とか幸せに溢れた空間で。その時の気持ちを思い浮かべながら書いた曲なんです。あの感じが広がればと思っています。

 

Cloque. – 僕らの愛のうた(Official Music Video)

 

 

――それぞれ、アルバムで思い入れの強い曲は?

 

古田:僕は「ユニオン」ですね。メロディも好みだし、曲を貰ってスタジオに入った時にツービートの感じとか、シンガロングの箇所とか、最初の想像と違って楽しかったです。

 

吉見:僕は「Photogenic」です。単純に曲もカッコ良くて、男の子が好きな曲だと思います。

 

村松:僕はやっぱり「スピカ」ですね。みんなに聴いて欲しいです。

 

 

 

次ページ:WIZYで次何をやりたい?

1 / 2

ranking

new post