奈良県在住の現役高校生“がれーじばんだー”、あぶらこぶ。3月17日(水)に、初の全国流通盤となるミニアルバム『navel(ネーブル)』をタワーレコードEggsレーベルよりリリースする。日本テレビ系音楽番組「バズリズム02」内企画『コレがバズるぞベスト10 2021』14位、タワレコバイヤーによるガチ企画「タワレコメン」3月度にも選ばれたアーティスト、あぶらこぶとは?作詞、作曲、トラックメイクを自ら手掛け、独特の世界観を生み出す、今注目の彼女に、音楽ルーツ、楽曲制作やアルバムについてなど話を聞いた。

 

 

「自分がハマる音楽を自分で作れたら困らんのに」と思ったのが、楽曲を作り始めたきっかけです

 

 

――まず、あぶらこぶさんの自己紹介と、お名前の由来について教えていただけますか?

 

“がれーじばんだー”な高校生、あぶらこぶと申します。がれーじばんだーとはiPhoneのアプリ『GarageBand』のみで楽曲制作をしているクリエイターの呼称です。”あぶらこぶ”の名前の由来はよく聞かれるんですが、特にないんですよね。ただかっこいい名前よりは、なんかヘンテコな名前のほうが自分に合ってるなぁと思い、たまたま思いついたのが”あぶらこぶ”でした。

 

――音楽ルーツについても教えていただけますか?

 

4歳でピアノを習って、辞めてからも家にずっとピアノがあったので、遊びでよく弾いていました。それが、今の楽曲制作にも活かされてるのかなと思います。特定のアーティストを好き好んで聴いたのは小学5年生ぐらいで、そのくらいの時期から私の生活に音楽は欠かせなくなりました。

 

――あぶらこぶさんのTwitterのアイコンや楽曲のジャケット写真の絵のタッチがとても可愛いのですが、どなたが描いているのでしょうか。

 

アイコンは、もともと自分自身で落書き程度に描いていたものを、友達のすもも(※1)やアートディレクターの外賀寛子(※2)さんに出会い、今の形にして頂きました。

※1 すもも https://twitter.com/rokomoko01?lang=ja

※2 外賀寛子https://www.instagram.com/sinwagraphic/?hl=ja

 

――あぶらこぶさんはレコチョクとタワーレコードで展開する「Eggs」(https://eggs.mu/)にアーティスト登録されていましたが、きっかけがありましたら教えていただけますか?また、Eggsに登録してよかったことなどありましたら教えてください。

 

私自身、Eggsの存在は全く知らなかったのですが、友達が「音楽やってるなら絶対登録しておいた方がいい!」と言ってくれたので、登録してみました。Eggsで、地元のタワーレコードの方に見つけていただいて、CDを出すきっかけにもなりました。たくさんのいい音楽とも出会えましたし、Eggsはリスナーにもアーティストにも刺激をくれるツールだと思います。

 

aburakobu1

 

――ありがとうございます。EggsがCDリリースのきっかけだったんですね!そんなあぶらこぶさんは、スマホアプリ『GarageBand』を活用して楽曲を制作されているとのことで、楽曲づくりを始めたきっかけを教えてください。

 

中学1年生の時、何を聴いてもときめかない時期があって…そのとき「自分がハマる音楽を自分で作れたら困らんのに」と思ったのが、楽曲を作り始めたきっかけです。

 

――・・・・・すごいきっかけですね。自分のスマホを持ったのは何歳のときですか?

 

13歳の秋です。自分のスマホを持って、GarageBandでの楽曲制作も始めました。

 

――楽曲をつくられるときは、どんなことからインスピレーションを受けていらっしゃるのでしょうか。

 

曲によって違うのですが、日常生活の中からインスピレーションを受けることが多いと思います。素晴らしい景色や特別なものを見た時よりも、何気ない1日のなかで、アイデアがポツンと浮かぶことが多いです。

 

aburakobu2

タワーレコード限定でリリースされた『tumbler』のジャケット写真

 

――昨年7月には初のフィジカル商品としてタワーレコード限定で『tumbler』をリリースされましたが、実際に店頭で並べられている様子はご覧になりましたか?

 

はい。自分のCDが店頭に並んでいるのを見て、改めて実感が湧き、嬉しい反面、買ってもらえるのかなという不安もあったりして、とにかくふわふわ宙に浮いているような気分でした(笑)。

 

 

「tumbler」あぶらこぶ(絵:すもも)

 

 

――日本テレビ「バズリズム02」の新年恒例企画『2021年コレがバズるぞ!』にもランクインされていらっしゃいましたが、オンエアを見たときはどんなお気持ちでしたでしょうか。

 

本当に嬉しかったし、信じられなかったです。あのオンエアを見て自分がアーティストだという実感を持たせてもらいました。そして、もっともっといい曲作るぞーってやる気も湧いてきました。

 

 

次ページ:1stミニアルバム『navel』の聴きどころやこのアルバムに込めた想いは…

1 / 2