TOP >  RAG FAIR >  降りそうな幾億の星の夜

RAG FAIR のアルバム『降りそうな幾億の星の夜』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中
降りそうな幾億の星の夜RAG FAIR

降りそうな幾億の星の夜

RAG FAIR

「降りそうな幾億の星の夜」RAG FAIRのアルバム解説
約1年ぶり、13枚目のシングル。いつものはっちゃけたイメージとは一転、ぐっと大人っぽい雰囲気のロマンティック・ポップスで、新たな魅力を開花。もちろん、得意とするコーラス・ワークの妙も健在、若手実力派の評価にふさわしい聴きごたえ十分の仕上がりとなっている。(CDジャーナル)

アルバム AAC 128/320kbps (2曲 / 09:14)

RAG FAIRの「降りそうな幾億の星の夜」を試聴する

1.

AAC 128/320kbps
04:26

¥261

RAG FAIRの「Do it!」を試聴する

2.

  • Do it!
  • テレビ朝日系 「DD-BOYS~表参道がむしゃらドキュメント~」 主題歌
AAC 128/320kbps
04:48

¥261

※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

RAG FAIR

【RAG FAIR 名前の由来】
バンド名を何にするか話しあっていた時、かとうくんが"RAG FAIR"と書かれたTシャツを着ていた。意味はわからなかったけど何となく響がいいからということで、"RAG FAIR"に決定。後で、辞書で調べてみたら"RAG"はバザー、仮装行列の意。
フリーマーケットや祭りの、あのざわざわした感じがメンバーの雰囲気にピッタリ!かのう曰く「ぼろは着てても心は錦ということですよ!」

【特徴】
ヴォーカル4人、ベース、ボーカルパーカッションで構成された男性6人組アカペラバンド。ベースやボイパ(ボーカルパーカッション)により楽器のバンドとは異なるグループ感が味わえる。「楽器なしにこだわりあり」ということで、ベース音やドラムパーカッションや効果音までもあらゆる音を人間の声と口だけで作り上げている。アカペラと言えばライブも静のイメージが強いが、彼らは正反対の動。調和のとれた絶妙なハーモニーはもちろんのこと、6人全員で繰り広げるパフォーマンスとトークは楽しくて感動的な極上ライブ。リピーターも多く、ローティーンからミドルエイジまで幅広い客層が足を運んでいる。従来のアカペラのイメージとは異なる「アカペラエンターテイメント」なのだ。

音楽聴き放題 RecMusic  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
RAG FAIR「降りそうな幾億の星の夜」 のCDを探す外部サイトへ

降りそうな幾億の星の夜 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP