TOP >  Smetana Quartet

Smetana Quartet

Smetana Quartet

Smetana Quartetのプロフィール

1945年に発足、1988年に「さよなら公演」を行なって活動に終止符を打った。45年間にわたって「弦の国」チェコを代表する、そして20世紀を代表する弦楽四重奏団として君臨した。常に暗譜で演奏するなど、高度で緻密な演奏は一分の隙も無い完璧なものだった。当初は後に名指揮者となるヴァーツラフ・ノイマンがヴィオラを担当していたが、1955年からはイルジー・ノヴァーク(第1ヴァイオリン)、ルボミール・コステツキー(第2ヴァイオリン)、ミラン・シュカンパ(ヴィオラ)、アントニーン・コホウト(チェロ)が不動のメンバーとして活躍した。

Smetana Quartet楽曲リスト

  • おすすめ
  • 最新曲
  • 人気曲

Smetana Quartet関連アーティスト

ベートーベン

Myアーティストに追加

共に『弦楽四重奏曲 第10番 変ホ長調 作品74 《ハープ》 �- Allegretto con variazioni』に関わった

もっとみる

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

Smetana Quartet

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
Smetana Quartet のCDを探す外部サイトへ

Smetana Quartet ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号