TOP >  アンソニー・ハミルトン >  アルバム一覧

アンソニー・ハミルトン

アンソニー・ハミルトン

プロフィール

ヘアスタイリストをしていた彼は93年、当時ジョデシやへヴィ・D、メアリー・J.ブライジなどをヒットさせていたアンドレ・ハレルのレーベル、Uptown Recordsとサインするのを機にニュー・ヨークへと移る。しかし95年に1stアルバムを完成させるもレーベルは消滅、デビュー・アルバム『XTC』はMCAからリリースとなった。その後99年にはロス・アンジェルスをベースとするレーベルSoulifeに移籍。サンシャイン・アンダーソン(「Last Night」)やドネル・ジョーンズ(「U Know What's Up」)といったアーティストたちの曲作りに参加、ソングライターとしての活動も本格化させた。2000年になるとディアンジェロが自身のツアーでアンソニーをバックボーカルに起用。しかしそのツアーから戻ると彼のサインしていたレーベル、Soulifeは存在しなくなっていた。その後の2年間、彼はバックボーカルやフィーチャリング・アーティストとしてイヴの「Ride Away」、イクジビットの「The Gambler」、2パックの「サグズ・マンション」といった作品に参加。そして02年、ゲスト参加したナッピー・ルーツの「Po' Folks」が大ヒット、そして03年、遂にジャーメイン・デュプリのレーベル=So So Defとの契約を果たす。再スタートとなったSo So Defから2003年リリースされた『Comin' From Where I'm From』は見事プラチナ・アルバムとなる。続く2ndアルバム『Ain't Nobody Worryin'』でもゴールドを記録。近年では最も注目のR&Bシンガーのキーシャ・コールとの共演が話題になり、2008年には大復活を遂げたソウル・レジェンド、アル・グリーンのアルバムで2曲もフィーチャーされるなどしてその実力ぶりを発揮している。しかし、キャリア史上最大のハイライトは07年11月に公開されたデンゼル・ワシントン主演の映画『アメリカン・ギャングスター』の挿入曲としてアンソニーの楽曲が使用されたことである。ダイアン・ウォーレンが手掛けた「Do You Feel Me」というこの曲は映画全体を通してアンソニーの歌声は非常に印象に残るものとなった。さらにアンソニー本人もこの映画にバーで歌うシンガー役としてカメオ出演しており、アンソニーの音楽が映画のイメージづくりに重要な役割を果たしていたことは言うまでもない。

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

アンソニー・ハミルトン

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

アンソニー・ハミルトン関連アーティスト


                バスタ・ライムス

『Busta Rhymes featuring Rampage, Anthony Hamilton & Chosen Generation』として共演

Myアーティストに追加


                NAT KING COLE

『Nat King Cole & Anthony Hamilton』として共演

Myアーティストに追加


                The Nat 'King' Cole Trio

『Nat King Cole & Anthony Hamilton』として共演

Myアーティストに追加


                Ferdinand Lang & His Orchestra

『Ferdinand Lang&Anthony Hamilton』として共演

Myアーティストに追加


                メイシー・グレイ

『Anthony Hamilton feat. Macy Gray』として共演

Myアーティストに追加

もっとみる

アンソニー・ハミルトン アルバム一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号