TOP >  ライオネル・リッチー >  新曲・ディスコグラフィー一覧

ライオネル・リッチー

ライオネル・リッチー

プロフィール

本名ライオネル・ブロックマン・リッチーJr.、1949年アラバマ生まれ。大学在学中に地元のバンド=コモドアーズにサックス奏者として加入。コモドアーズは72年にモータウンと契約、74年にファースト・アルバムを発表した。82年にコモドアーズを離脱、初のソロ・アルバム『Lionel Richie』を発表。「トゥルーリー」がチャートを制覇し、アルバムも400万枚以上のセールスを記録。83年の2ndアルバム『オール・ナイト・ロング(Can't Slow Down)』でポップ・シーンの頂点を極める。世界中で1,000万枚以上を売り上げた同作からは「オール・ナイト・ロング」をはじめとする5曲のトップ10シングルが生まれた。85年には〈USA For Africa〉のプロジェクトで、マイケル・ジャクソンと「ウィー・アー・ザ・ワールド」を共作。3rdアルバム『ダンシング・オン・ザ・シーリング』からは「セイ・ユー、セイ・ミー」が世界的な大ヒットを記録した。 92年にベスト・アルバム『バック・トゥ・フロント』で活動再開し、新曲「ドゥ・イット・トゥ・ミー」がR&Bチャートで再び1位を記録。『ラウダー・ザン・ワーズ』(96年)をリリース、ジャム&ルイスの手掛けた「ドント・ウォナ・ルーズ・ユー」がヒット、98年には『タイム』を発表。その後2000年に『ルネッサンス』を発表、ダンス・ポップ・チューン2002年、スタジオ録音の新曲も含む初のライヴ・アルバム『アンコール:ベスト・ライヴ』(2000年のウェンブリー公演を収録)をリリース。2004年、オリジナル・アルバムとしては通算7作目の『ジャスト・フォー・ユー』をリリース、「ジャスト・フォー・ユー」がヒット。2006年発表のアルバム『カミング・ホーム』からはスターゲイトがプロデュースを手掛けた「アイ・コール・イット・ラヴ」が大ヒット。そして今年、Ne-Yo、エイコン、スターゲイト等を起用して制作した『ジャスト・ゴー』をリリース。

音楽聴き放題『レコチョク Best』  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ライオネル・リッチー

今なら最大1ヶ月無料キャンペーン中!

ライオネル・リッチー関連アーティスト


                ダイアナ・ロス

共に『USA For Africa』のメンバー

Myアーティストに追加


                ルチアーノ・パヴァロッティ

『ルチアーノ・パヴァロッティ,ライオネル・リッチー』として共演

Myアーティストに追加


                Made famous by Michael Jackson

共に『オール・スター・クワイア』のメンバー

Myアーティストに追加


                マイケル・ジャクソン

共に『オール・スター・クワイア』のメンバー

Myアーティストに追加


                Eivets Rednow

共に『オール・スター・クワイア』のメンバー

Myアーティストに追加

もっとみる

ライオネル・リッチーの新曲・ディスコグラフィー一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号