このブラウザはサポートされていません。

Breakthrough 2024年1月

[2024年1月度]今聴くべき!これから期待の注目アーティスト【Breakthrough】

スタッフが愛と自信を持って選ぶ、今、絶対にチェックしてほしいアーティストを特集!

2024年1月度Breakthroughアーティストの中からスポットライトを当てる1組=フィーチャーアーティストに決定した「G over」を特集!

メンバー直筆のプロフィール帳、インタビュー、メンバー選曲オリジナルプレイリストを公開したので、楽曲とともにぜひチェックしてください!

フィーチャーアーティスト「G over」

■G over プロフィール
ボーカルNao、ドラムIbuki、ベースAoi、ギターYokiからなる4人組バンド。
メンバーの姿などは非公開で、素性を明かさずに活動を行っている。2021年1月に始動し、結成直後に投稿した3曲「曙光」「花曇」「深意」はリスナーから大きな反響を呼ぶ。
2023年3月にリリースした「drive」はSNSで話題を集め、さまざまな音楽サービスのランキングにチャートイン。同年11月に都内某所で結成後初ライブ「Hide out」を開催。チケットは販売開始10分で即完。
2024年1月にリリースされた「Pulse120」も中毒性のある楽曲とMVが話題に。
4月には「ARABAKI ROCK FEST.24」の出演も決定。これが初の音楽フェス出演となるため、注目が高まっている。

\メンバー直筆のプロフィール帳をチェック!/

\インタビュー、メンバー選曲オリジナルプレイリストも!/

レコチョクのオウンドメディア「レコログ」では、G overのインタビューを公開!

さらに、G overが選曲したオリジナルプレイリストも公開中!

\ G overのここが推せる! /

G overの魅力について、
音楽ファンから寄せられたコメントを一部紹介!

まず音楽の面では、他のアーティストとは全く違う「G overらしさ」が溢れ出していて、新曲を公開するたびに「やっぱりG over!!!」と思わせてくれます。ボーカル、ギター、ベース、ドラムのそれぞれが個性豊かで自分たちが好きな音楽ができているという感じがしてそこが最高に良く、曲を聴くたびに「G over最高!!!」と思います。また、新曲公開のたびに、公開を待っていたファンだけでなく初めて曲を聴いた新しいファンのどちらの心も掴んでしまうというのもG overの魅力ポイントです。
G overはファンとの交流も濃く、G overは「じおば」、ファンは「Ander」という呼び名のもと各SNSで交流しあっています。特にYouTubeライブやX(旧Twitter)でのスペースなどライブ配信で毎回ファンと多くコミュニケーションがとられています。メンバーの1人がライブを始めると他のメンバーも入ってきたりとグループ内での仲もとても良く、ファンは毎回メンバー同士の絡みやトークに笑顔と元気をもらっています。最近では、初のワンマンライブ開催、ファンクラブ「SHOES BOX」開設、そしてアラバキロックフェスへの出演決定など、活動がどんどん活発になりファンとの交流も今まで以上に増えています。G overは、曲でもグループとしても、人の心を掴んでしまう、これからどんどん熱くなっていく最高のバンドだと思います。(女性/10代)

魅力だと感じるのはやっぱりボーカルの声だと思います。聴き始めたらG overの世界観に引きずり込まれるような圧倒的な歌唱力。LIVEだと何百倍何億倍もかっこよくてバンド全体の雰囲気やLIVEの世界観がとても魅力的に感じます!(女性/20代)

ボーカルの声が素敵。色っぽく、艶があるのに力強さもある。顔の見えないバンドだが、声に音に表情がついているようで好き。ノリやすいサウンド。リズムの安定したドラムとベース、色気のあるギターの音色。(女性/30代)

ボーカルNaoさんの声がいい!音楽スタイルの幅も広く、聴いていてどんどんハマっていく。(男性/30代)

楽曲のクオリティーの高さ、ボーカルの上手さ、楽器隊の繊細な演奏能力。(男性/50代)

2024年1月度breakthroughアーティスト

  • Appare!

    Appare!

    ▼スタッフコメント

    日本の7人組女性アイドルグループ。『ぱ ぴ ぷ ぺ POP!』が動画サイトでバズり、2023年8月6日、TIFアイドル総選挙2023で優勝。2024年になってからはZeepツアー、大規模アイドルフェス出場と精力的に活動中!ポップな曲歌うと最強!!頭から離れない楽曲が多く、とても元気をもらえます。(スタッフ ぽん)

    アーティストページはこちら
  • G over

    G over

    ▼スタッフコメント

    ボーカルの特徴的な声とネオシティポップサウンドの組み合わせがクセになる今TikTokを中心に話題沸騰中のG over。夜のドライブで聴きたくなるようなオシャレな音楽を得意としており、なとりやimaseに並ぶオシャレバンドになる日も近い。(スタッフ れべる)

    アーティストページはこちら
  • SPRINGMAN

    SPRINGMAN

    ▼スタッフコメント

    2018年12月始動、東京を拠点に活動する荒川大輔によるソロ・プロジェクト。murffin discsが主催したオーディションのグランプリ受賞者でもあり、今後が期待される要注目アーティスト。どこか懐かしく、それでいて新鮮さを感じるサウンド、表情豊かなメロディ、1度聴くと耳から離れない、そんな素敵な曲を届けてくれます。是非聴いてみてください!(スタッフ た)

    アーティストページはこちら
  • パン野実々美

    パン野実々美

    ▼スタッフコメント

    高い歌唱力でエレクトロサウンドからロックサウンドまで幅広く歌いこなす今話題のシンガー、パン野実々美。かめりあ、ナノウ、buzzG、ノイなどの著名なボカロPからの曲提供を受けて、ネットシーン発のアーティストとして次来ること間違いなし。(スタッフ れべる)

    アーティストページはこちら
  • FUNNY THINK

    FUNNY THINK

    ▼スタッフコメント

    岩手県大船渡市出身の3ピースロックバンド。SATANIC CARNIVAL 2022のOAやMAN WITH A MISSIONとの対バンも経験した、今最もアツい若手バンドである彼らの熱く真っ直ぐな音楽は、聴いている人たち全ての心を震わす。彼らがこれから走る道を、要注目。(スタッフ あいむちゃんぐ)

    アーティストページはこちら
  • fews

    fews

    ▼スタッフコメント

    2023年4月始動のピアノポップバンド。2023年2月にふたりで音楽活動を続けていくことを発表した元ドラマストアのメンバー2人と、新メンバー2人と共に、新バンド"fews"(フィユズ)を結成。優しい歌声、おしゃれなピアノサウンド、共感できる歌詞にハマること間違いなし!(スタッフ ぽん)

    アーティストページはこちら

Breakthroughアーティストの楽曲をプレイリストで聴く

フィーチャーアーティスト選出方法

当月のBreakthroughアーティストの中からさらに1組を選び、「フィーチャーアーティスト」としてスポットライトを当てます。

「フィーチャーアーティスト」は、集計対象となる下記4つの項目をそれぞれポイント化、各ポイントの合計で決定します。

集計対象となる項目

①レコチョクにおける対象楽曲2曲のダウンロード数

②TOWER RECORDS MUSICにおける対象楽曲2曲の再生数

③dヒッツにおける対象楽曲2曲の再生数

④一般投票の投票数