TOP  > レッド・ツェッペリン  > The Crunge

レッド・ツェッペリン の曲「The Crunge」音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中
「The Crunge」レッド・ツェッペリンの楽曲解説
ボンゾの変則的なリズム・パターンから生まれた曲。変拍子を導入した踊れないファンクに、ジェイムズ・ブラウンの「Take It To The Bridge」をデフォルメした歌詞を乗せたZEP流ジョークが楽しめる。そして彼らは最後まで"ブリッジ"を探している。(CDジャーナル)

この楽曲を含むアルバム

  • レッド・ツェッペリン のアルバム『Houses Of The Holy (Deluxe Edition)』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中 Houses Of The Holy (Deluxe Edition)
    • アルバム
  • レッド・ツェッペリン のアルバム『Houses Of The Holy (Remastered)』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中 Houses Of The Holy (Remastered)
    • アルバム
  • レッド・ツェッペリン のアルバム『The Complete Studio Albums』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中 The Complete Studio Albums
    • アルバム
※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

レッド・ツェッペリン

ジミー・ペイジ(g)を中心に、当時彼が在籍していたヤードバーズを引き継ぐ形でロバート・プラント(vo)、ジョン・ポール・ジョーンズ(b)、ジョン・ボーナム(ds)の4人で1968年に結成。デビュー前にも関わらず、20万ドルという破格の待遇でアトランティック・レコードと契約し、69年にデビュー・アルバム『レッド・ツェッペリン』を発表。ブルースをベースにしたパワフルなサウンドと、それと互角にわたりあうプラントのヴォーカルで人気を集める。その後もブルースのみならず、ソウル、フォーク、トラッド、レゲエ、民族音楽といったさまざまな音楽的要素を自らのサウンドに反映させ、独自の地位を築く。75年にはバンド自身のレーベル、スワン・ソングを設立、79年にはシンセサイザーを導入した意欲作『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』を発表するが、80年ボーナムの急死により、解散を余儀なくされる。

音楽聴き放題 RecMusic  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
レッド・ツェッペリン「The Complete Studio Albums」 のCDを探す外部サイトへ

The Crunge ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号