TOP  > Ovall  > Supalover feat. 20syl and David Le Deunff of Hocus Pocus (Shingo Suzuki Remix)

Ovall の曲「Supalover feat. 20syl and David Le Deunff of Hocus Pocus (Shingo Suzuki Remix)」音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中

Supalover feat. 20syl and David Le Deunff of Hocus Pocus (Shingo Suzuki Remix)

Ovall

この楽曲を含むアルバム

  • Ovall のアルバム『origami PRODUCTIONS 5th Anniversary Special Disc 2007-2012』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中 origami PRODUCTIONS 5th Anniversary Special Disc 2007-2012
    • アルバム
※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

Ovall

Shingo Suzuki (ベース)、mabanua (ドラム)、関口シンゴ(ギター)によるトリオバンド。  2009年、アルバムリリース前にも関わらず朝霧JAMに出演、緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスで場の空気を一変させ、オーディエンスから「ベストアクト!」という声が多数挙がる。  翌2010年3月に1stアルバム『DON’T CARE WHO KNOWS THAT』をリリース、iTunes HIP-HOPチャートで1位、タワーレコード bounce 年間チャートで総合8位(洋邦メジャーインディ含む)を記録。  2011年、EP『Heart Fever』をリリース、シングル「Feverish Imagination」がヒットし、その人気は不動のものに。  2012年、ヒップホップユニットGAGLEとのジョイント・プロジェクト<GAGLE×Ovall>としても活動を開始、アルバム『GAGLE×Ovall』をリリース。  2013年、2ndアルバム『DAWN』のリリース前に全国ツアーを敢行、アルバム収録曲をライブで初披露するという異例のスタイルが話題に。 しかし同年、メンバーのソロ活動やプロデューサー、ツアーミュージシャンとしての活動も急増し、多忙を極めた3人はOvallとしての活動休止を宣言。  2014年からはソロ活動に専念するが、2015年にはOvall名義で矢野顕子のレコーディングに参加、また藤原さくらのサポートではメンバー全員がバックバンドを務めるなど、様々な形でリユニオンを実現させる。  そして2017年、ファンやアーティストから復活の要望が絶えず、メンバーもその思いに応える形で再始動を発表。 約4年振りの復活ワンマンライブは即完、またファンクラブ限定で配信リリースしたアルバムに、再始動後初の新曲「Winter Lights」を加えた『In TRANSIT (Deluxe Edition)』をリリース。  2018年、FUJI ROCK、RISING SUN、GREENROOM、Sunset Liveといったフェスに多数出演、台湾での単独公演も成功させる。また、映画「ハード・コア」やテレビ朝日系ドラマ「dele」の劇伴にも参加。「ハード・コア」エンディングテーマ「なだらかな夜 feat. Gotch」をリリース。  メンバー個々の活動もより活発化する中、お互いのスキルを持ち寄るかたちで“Ovall”という個体は日々スケールアップしながら回り続ける。

音楽聴き放題 RecMusic  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
Ovall のCDを探す外部サイトへ

Supalover feat. 20syl and David Le Deunff of Hocus Pocus (Shingo Suzuki Remix) ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP