TOP  > こまどり姉妹  > じょんがら三味線

こまどり姉妹 の曲「じょんがら三味線」音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中

じょんがら三味線

こまどり姉妹

この楽曲を含むアルバム

  • こまどり姉妹 のアルバム『スター☆デラックス こまどり姉妹』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中 スター☆デラックス こまどり姉妹
    • アルバム
※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

こまどり姉妹

昭和26年一家で上京、浅草を中心に流しの生活が始まる。
昭和34年作曲家・遠藤実氏に師事し、本格的に歌手としてのレッスンを受ける。
10月、日本コロムビアより「浅草姉妹」でデビュー。
11月、「三味線姉妹」発売。
昭和36年4月、「ソーラン渡り鳥」発売。
12月、NHK紅白歌合戦初出場。(この年より7年連続出場)
昭和37年6月、「未練ごころ」発売。
10月、産経ホールにて花柳流名取披露。
昭和40年11月、「恋に拍手を」発売。
昭和59年8月、15年ぶりにレコーディングした「浪花節だよ人生は」を発売。
平成20年12月、第50回日本レコード大賞功労賞受賞。
平成21年ドキュメンタリー映画『こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』公開。



 こまどり姉妹 ヒストリー

幼い頃より門付け流しをして父母を助ける。
上京後、三味線を弾いて流すうちに評判となり、スカウトを受けて昭和34年より作曲家・遠藤実に師事。同年10月、「浅草姉妹」でデビュー。「三味線姉妹」「ソーラン渡り鳥」など、ヒット曲を連発し、昭和36年にはNHK紅白歌合戦に初出場。しかし人気絶頂だった昭和41年、熱狂的なファンによる傷害事件が起こるなど様々な苦難を味わい、昭和48年に芸能界を引退。
昭和58年、活動再開。以後、現在まで元気に歌い続け、デビュー50周年の平成20年には第50回日本レコード大賞功労賞を受賞。翌平成21年には、ドキュメンタリー映画『こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』が公開された。

一緒に購入されている楽曲

音楽聴き放題 RecMusic  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
こまどり姉妹 のCDを探す外部サイトへ

じょんがら三味線 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号