TOP  > 岡平 健治  > あの素晴らしい愛をもう一度

岡平 健治 の曲「あの素晴らしい愛をもう一度」音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中

あの素晴らしい愛をもう一度

岡平 健治

この楽曲を含むアルバム

  • 岡平 健治 のアルバム『アイ・ラヴ・グレイテスト・ミュージック』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中 アイ・ラヴ・グレイテスト・ミュージック
    • アルバム
※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

岡平 健治

小学生の頃から作詞作曲活動を開始。
1996年、高校3年の夏にティーンズミュージックフェスティバルで岩瀬敬吾と出会う。
1998年、上京。岩瀬敬吾と「少年フレンド」を結成し本格的に音楽活動を開始。
都内のライブハウスやストリートで活動。その活動の中、イラストライターの326と出会い「19」を結成。
1998年11月21日、「あの青をこえて」で、メジャーデビュー。
1999年、「あの紙ヒコーキくもり空わって」が大ヒット。同曲を収録したアルバム「音楽」が売上枚数100万枚を記録し、同年NHK紅白歌合戦へ初出場。
2000年、「水・陸・そら、無限大」がシドニーオリンピック日本代表選手団公式応援ソングになり二度目の紅白出場。
2001年、盟友の千葉貴俊(B.)と、飲み会で偶然相席して出会った、玉越理寛(Dr.)と、 音楽実験を至上命題とするロックバンド「3B LAB.☆」を結成しボーカル・ギターを担当、「19」の活動と平行しライブを数回実施する。
2002年3月、「19」解散。本格的に「3B LAB.☆」として活動を開始。
2005年、SHOJI-METASONIK(Key.)、SHUJI(現:畝沖修司)(G.)が加入。バンド名を「3B LAB.☆S」に改名。


2007年9月、メジャーでの活動が10周年目に突入する2007年11月21日より「自分自身と向き合い、より深く音楽を追求する」ため、3B LAB.☆Sを継続させながら、アコースティックギター1本でソロプロジェクトを開始する事を宣言。
その宣言通り11月21日から、健治自身が車を運転し、自走で日本全国47都道府県に直接、弾語りで音楽を届ける旅に出発。

音楽聴き放題 RecMusic  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
岡平 健治 のCDを探す外部サイトへ

あの素晴らしい愛をもう一度 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP