TOP  > スティーヴィー・ワンダー  > ある愛の伝説

スティーヴィー・ワンダー の曲「ある愛の伝説」音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中
「ある愛の伝説」スティーヴィー・ワンダーの楽曲解説
アルバム『キー・オブ・ライフ』の巻頭を飾る新型ゴスペル・ソング。簡素だが柔らかく美しいサウンドと穏やかなコーラスをバックに「愛には愛が必要」というメッセージが歌われる。繰り返しが力を生むタイプの曲だが、あえて淡々と展開する終盤の構成も上手い。(CDジャーナル)

この楽曲を含むアルバム

  • スティーヴィー・ワンダー のアルバム『Songs In The Key Of Life』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中 Songs In The Key Of Life
    • ハイレゾアルバム
    • アルバム
※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

スティーヴィー・ワンダー

アメリカ合衆国ミシガン州サギノー生まれ。本名:スティーヴランド・モーリス。保育器内での過量酸素(未熟児網膜症)が原因で生まれてすぐに目が見えなくなる。

11歳の時、モータウン社長の前で歌と演奏を披露しレーベルに契約、2年後に初アルバム「フィンガーティップス」を発売。(当初は「リトル・スティーヴィー・ワンダー」名義。)全米でNo.1シングルとなり、一躍有名になる。わずか12歳でデビューしたためビートルズのメンバーとは年齢が離れているにもかかわらず、ほぼ同等のキャリアを持っている。1970年に、モータウンから自作のプロデュース権を獲得し、音楽出版会社「タウラス・プロダクション」を設立。自身の新たな音楽を模索していたある時、ロバート・マーゴレフとマルコム・セシルの二人のエンジニアによるユニット「トントズ・エクスパンディング・ヘッド・バンド」のアルバム「ゼロ・タイム」を聴き、全編に使われていた、当時開発されたばかりのモーグ・シンセサイザーに感銘を受ける。以後、スティーヴィーはシンセサイザーを駆使し、殆どの楽器を自分で演奏するアルバム作りのスタイルを確立してゆく。最近では日本のCMでよく楽曲が使用されている。

音楽聴き放題 RecMusic  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
スティーヴィー・ワンダー のCDを探す外部サイトへ

ある愛の伝説 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP