TOP  > 鶴岡雅義と東京ロマンチカ  > 小樽のひとよ

鶴岡雅義と東京ロマンチカ の曲「小樽のひとよ」音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中

この楽曲を含むアルバム

  • 鶴岡雅義と東京ロマンチカ のアルバム『鶴岡雅義と東京ロマンチカ 永遠に 三條正人追悼盤 ファンが選んだ16曲』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中 鶴岡雅義と東京ロマンチカ 永遠に 三條正人追悼盤 ファンが選んだ16曲
    • アルバム
※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

鶴岡雅義と東京ロマンチカ

【鶴岡雅義】1933年9月2日生まれ。古賀政男に作曲を、阿部保夫にギターを学ぶ。日本の歌謡シーンに初めてレキントギターを取り入れる。1960年、ラテングループ「トリオ・ロス・カバジェロス」を結成。1965年、作曲家としてのデビュー曲「二人の世界」を石原裕次郎に提供し、大ヒット。自身のグループ「鶴岡雅義と東京ロマンチカ」を結成。当初はゲストヴォーカルを迎えて活動していたが、1967年、「小樽のひとよ」の大ヒットにより、三條正人がメイン・ヴォーカルで正式加入。翌、1968年「NHK紅白歌合戦」初出場(以降、6年連続出場)。同年、「君は心の妻だから」が大ヒット。同年11月にスタートしたフジテレビ「夜のヒットスタジオ」にレギュラー出演(~1974年)。2014年、日本レコード大賞・功労賞受賞。【宮内ひろし】1950年9月15日、愛媛県喜多郡内子町生まれ。中学時代、鶴岡雅義のレキントギターに魅せられ、グループを結成して上京。1974年「宮内ひろし&ブルーシャンデリー」結成。1980年より三條正人氏のバックバンドとしてサポート開始。1981年、「寝顔」でレコードデビュー。2011年、宮内は三條氏が復帰した東京ロマンチカの正式メンバーとなる。並行してソロ活動を開始。※2018年、佐藤省吾(2nd Vo.)、貴倉竜也・南屋栄(コーラス)が加入して新生ロマンチカ始動。

音楽聴き放題 RecMusic  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
鶴岡雅義と東京ロマンチカ のCDを探す外部サイトへ

小樽のひとよ ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP