TOP  > Mark Ronson  > Uptown Funk (Japanese subtitled version) (feat.Bruno Mars)

Mark Ronson の曲「Uptown Funk (Japanese subtitled version) (feat.Bruno Mars)」音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中

Uptown Funk (Japanese subtitled version) (feat.Bruno Mars)

Mark Ronson

ビデオクリップ

  • 「Uptown Funk (Japanese subtitled version) (feat.Bruno Mars) 」を試聴する 「Uptown Funk (Japanese subtitled version) (feat.Bruno Mars)」Mark Ronson

    ビデオクリップ Uptown Funk (Japanese subtitled version) (feat.Bruno Mars)
    • 04:29
    ¥ 419
※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

Mark Ronson

DJ/プロデューサーとしてNYを中心に活動、近年はJ Recordsと共同で自身のレーベル=Allidoを設立。エクゼクティヴ・プロデューサーとして実力派リリシスト=ライムフェストのメジャー・デビューをバックアップし、その音楽的造詣の深さと的確なプロデュース・センスを高く評価されるマーク・ロンソンはロンドン生まれ、NY育ち。大物アーティストのワールド・ツアーに同行するなどトップ・クラスのDJとして大活躍する一方、プロデューサー業も本格化。91年に女性シンガー、ニッカ・コスタのアルバム『Everybody Got Their Something』のプロデュースに携わったことをきっかけにElektraレーベルとアーティスト契約。2003年に1stアルバム『Here Comes the Fuzz』でワールドワイド・デビューを飾った。アルバムにはモス・デフ、Q-ティップ、ゴーストフェイス・キラー、ネイト・ドッグからショーン・ポール、WEEZERのヴォーカル=リヴァース・クオモまで多彩なゲストをフィーチャー。シングル「Ooh Wee feat. Ghostface Killah and Nate Dogg」がスマッシュ・ヒットとなった。プロデューサー/ソングライターとしての才能を見込まれ、2004年にはJ Recordsと共同で自身名義のレーベル=Allido Recordsを設立。2006年には第一弾アーティストとしてカニエ・ウェスト「Jesus Walks」への参加でも知られる実力派リリシスト=ライムフェストと契約、デビュー・アルバム『Blue Collar』が発表されたばかりだ。

音楽聴き放題 RecMusic  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
Mark Ronson のCDを探す外部サイトへ

Uptown Funk (Japanese subtitled version) (feat.Bruno Mars) ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP