TOP >  アーティスト ニュース一覧 > 小田和正、音楽特番 『風のようにうたが流れていた』 放送! 矢野顕子、杏らが出演

 

小田和正、音楽特番 『風のようにうたが流れていた』 放送! 矢野顕子、杏らが出演

2019/03/08 13:00

小田和正、音楽特番
『風のようにうたが流れていた』
放送! 矢野顕子、杏らが出演



3月29日(金)全国TBS系にて深夜24時20分から『小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」』が放送される。本番組の収録が小田和正の出身校である聖光学院(神奈川県横浜市)で行なわれ、これまでTBSで放送してきた小田の音楽番組では初登場となる杏や矢野顕子をはじめ、11名の豪華ゲストアーティストたちと春の訪れを感じさせるようなライブを開催した。

“どうも~!”と柔らかな笑顔で会場に姿を現した小田。ステージ上に用意されたグランドピアノの前に立ち、“みなさん、きっと喜んでくれると思います。私もとってもうれしいです。矢野顕子さんがニューヨークから来てくれました!”とゲストアーティストの矢野を呼び込むと客席からどよめきが起きた。

矢野と小田の付き合いは長く、矢野はオフコースの楽曲をカバーしたことも。小田が“ちょっと弾いて”とリクエストすると、矢野はオフコースの「Yes-No」を即興で披露。会場内が一瞬で矢野のピアノと声に魅了され、小田はかつて矢野が弾く「Yes-No」を聴いた時に“こんな「Yes-No」があるのか?”と驚いたエピソードを話した。そして“あっこちゃんとの会話のひとつひとつが楽しい”、“また何か一緒にやろうねと言い、
矢野の楽曲である「David」などを披露。

続いて登場した杏は、小田のリクエストで松田聖子の「SWEET MEMORIES」を和田唱(TRICERATOPS)と小田のギター伴奏で歌った。学生時代に聖歌隊に入っていた経験がある杏は“ちょっと緊張しています”と言いながらも、“家事をしながら音楽を聴いていたら、お鍋がピカピカになりました”と笑わせる。小田が“ちょっと変わった歌をうたう人をみつけた”と紹介した杏は女優やナレーションといった声の仕事でも活躍中だが、歌い手としての魅力も素晴らしく、会場内の空気を第一声で自分色に染めた。

スキマスイッチの大橋卓弥が“放課後の教室でワイワイやっているみたいな曲はどうか?”と提案した往年の名曲は、JUJUがメインヴォーカルを担当。歌詞を見たときに“これは私の曲だわ”と思ったというJUJU。小田、杏、大橋、熊木杏里、常田真太郎(スキマスイッチ)、矢井田瞳、和田と共に美しいハーモニーで聴かせた曲とは? ぜひ番組でチェックしてほしい。

小田を含む“小委員会”メンバーのスキマスイッチ、根本要(STARDUST REVUE)、水野良樹(いきものがかり)は“いかにも春らしい女の子の歌をあえて男だけでやろうと決めた”と、多くの歌い手にカバーされている女性シンガーの名曲を披露。優しく寄り添う歌声に、うっとりした瞬間だった。

そして終盤、小田と和田が“春の映画音楽メドレー”で会場を盛り上げると、いよいよクライマックスへ。小田がオフコースの名曲「YES-YES-YES」の曲名を口にすると、会場の温度がぐっと上がる。小田と佐藤竹善からはじまり、大橋と和田が続き、女性陣のコーラスとアーティストたちが声を重ねて大合唱! その様に会場は大興奮で、思わず席を立って体を揺らす人、小田に合わせて一緒に歌う人、曲の途中で小田が行なうおなじみの人差し指の振りを合わせる人など、会場の熱気は最高潮に達した。

すべての収録が終わると小田は感謝の言葉を述べ、「my home town」の一節を口ずさむ。歌詞に登場する“丘の上”がまさに番組の収録が行なわれた聖光学院で、小田は“この場所ね”と足元を指してステージを後にした。

小田と出演者たちの信頼や絆、音楽への愛情で繰り広げられたこのライブの模様は3月29日(金)深夜24時20分から放送。なお、動画配信サービス“Paravi(パラビ)”でも配信されることが決定しているので、お見逃しなく(※配信日時は後日発表)。

全国TBS系『小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」』
<放送日時>
3月29日(金)深夜24時20分~25時50分

<出演者>
出演:小田和正
ゲスト(※50音順):杏 / 熊木杏里 / 佐藤竹善 / JUJU / スキマスイッチ(大橋卓弥、常田真太郎) / 根本 要(STARDUST REVUE) / 水野良樹(いきものがかり) / 矢井田瞳 / 矢野顕子 / 和田 唱(TRICERATOPS)

<『風のようにうたが流れていた』とは>
TBSで2004年10月~12月に放送した、小田が初めて取り組んだレギュラー音楽番組(全11回)。小田が幼いころからこれまでに触れてきた音楽を、小田自身の解説やエピソードと共に年代ごとに紹介。小田の“私的音楽史”と言っても過言ではない番組である。さらに、島倉千代子、ムッシュかまやつ、財津和夫をはじめとする時代を彩ったアーティストたちをスタジオに招き、貴重な競演を多数お届けした。

シングル「この道を / 会いに行く / 坂道を上って / 小さな風景」

発売中



<収録曲>
1.この道を
2.会いに行く
3.坂道を上って
4.小さな風景

■配信&ECサイト
https://aoj.lnk.to/PANRU



『Kazumasa Oda Tour 2019 “ ENCORE!! ENCORE!!“』
5月14日(火) 神奈川・横浜アリーナ
5月15日(水) 神奈川・横浜アリーナ
5月21日(火) 福岡・マリンメッセ福岡
5月22日(水) 福岡・マリンメッセ福岡
6月01日(土) 三重・四日市ドーム
6月02日(日) 三重・四日市ドーム
6月19日(水) 長野・長野ビッグハット
6月20日(木) 長野・長野ビッグハット
6月26日(水) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月27日(木) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ


ニュース提供:OKMusic

 

小田和正その他のニュース

アーティスト ニュース

もっとみる

アーティスト情報

プロフィール

1947年9月20日、神奈川県横浜市に生まれる。東北大学工学部、早稲田大学理工学研究科(建築計画) 修士課程修了。1969年オフコース結成。翌70年プロとして音楽活動を開始、「愛を止めないで」「さよなら」「Yes-No」などのヒット曲を発表する。82年には日本武道館連続10日間公演を実施、それまでの記録を 塗り替えた。日本の音楽シーンに様々な記録を残しつつ、89年2月、東京ドーム公演を最後にオフコース解散。その後、プロデュース活動を経てソロとしてアーティスト活動を再開。91年に発表したシングル「ラブ・ストーリーは突然に」は280万枚を超える作品となった。また映画やテレビの特別番組など映像監督としても活躍し、これまでに「いつかどこかで」(92年)、「緑の街」(98年)の2本の映画監督作品を発表。2008年8月15日シングル「こころ」は16年ぶりのチャート1位を獲得。業界誌オリコンにてシングル・アルバムのW最年長1位記録を達成した。(約20年ぶりにシングル最年長記録を更新)同年11月28日に発売したベストアルバム『自己ベスト-2』では自身の持つアルバム最年長記録(2005年6月発売の『そうかな』で自身が記録した“57歳9ヵ月”)を更新した。

アルバム一覧

    読み込み中です

もっとみる

読み込み中です

小田和正 ニュース ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号