TOP >  アーティスト ニュース一覧 > クラムボン、 インドアフェス『Q』出演決定

 

クラムボン、 インドアフェス『Q』出演決定

2019/02/05 09:15

クラムボン、
インドアフェス『Q』出演決定



3月31日(日)神戸・ワールド記念ホール、4月14日(日)東京・両国国技館にて開催される、新しいインドアフェス『Q(キュー)』にクラムボンの出演が決定した。

本イベントには、ほかにもGODIEGO、Cornelius、ハナレグミ、ペトロールズ、never young beachの出演がアナウンスされている。『Q』でしか体感することの出来ない、オルタナティブでポップな6組のステージをぜひ目撃してほしい。チケットは2月5日(火)まで先行販売を受付中! 一般発売は2月9日(土)10時からとなっている。

また、『Q』の主催者である是澤泰志氏のインタビューも到着したので、こちらもぜひチェックを。

【主催者 是澤泰志インタビュー】
——タイトルの“Q”とは?
「“Q”は、YMOの「CUE」という曲のタイトルが元のアイデアなんですけど、自分で何かをやる時に使わせてもらおうと思ってずっと温めていたんです。でも、いざ使うとなるとかっこよすぎるかな、と恐縮してしまって(笑)。少し可愛げを出して「CUE」→“Q”にしたんです。アルファベット一文字の名前のイベントは珍しいし、お休みの「休(きゅう)」にもかけられるし」

——「新 インドア・フェス」とは?
「このキャッチコピーは誰が作ったんでしょうか(笑)。苦し紛れに出てきた言葉です(笑)。屋内のイベントは他にあっても「インドア・フェス」とは言っていない(たぶん)…言ったもん勝ちですね(笑)! 会場を決める上で、自分ができる範囲内でやるには、遠方での開催はイメージできませんでした。なので、主に東京都内近郊の公園を探しました。屋外で大きな音を出せる場所が何箇所かあるのですが、来年開催のオリンピックのため、整備や工事で残念ながら使用できない状態です。そこで屋内がひらめいたんです。“大人が楽しめるフェス”にしたかったので、天気も気にしなくていいし。色気があって、客席内で飲食ができるところ…それは両国国技館しかない!と。関西の会場も同様に考えて、神戸のワールド記念ホールにしました。当日は、ステージ転換のタイミングがありますので、その時間も楽しんでもらえるようなイベントにできればと考えています」

——重鎮“GODIEGO”からメジャーデビューして間もない“never young beach”まで、幅広い世代を対象にしたラインナップです。是澤さんの手がける唯一無二とも言えるユニークなブッキングのルールのようなものは?
「ブッキングの決め手は、まずは僕が見たいもの(笑)。次に存在が“オルタナティブ”であるということ。これは音楽のジャンルの話ではなく、個性的であり、時流を超えた音楽性、等々。あとは“お客さまに対して誠実であること”です。ビジネス的な視点はもちろん大事ですが、それを度外視して、純粋に面白い!と思ってもらえるようなブッキングを心掛けています」

——この「Q」は是澤さんにとってどんな場所になりますか?
「みんなが集まる“場所”になればいいな、と思っています。若い頃はライブハウスをやりたいなぁと思っていました。今だったら小さなステージがあるカフェでしょうか。とはいえ、そんな資金はありません(笑)。ですから、年に一回みんなが集う楽しい「場所」を作りたいと思っています。福岡のフェス「CIRCLE」も同じ気持ちでやっています。終演後の恒例の打ち上げは出演者、スタッフ全員、強制的に参加してもらっています(笑)。「Q」もみんなで盛り上がれる楽しい場所にしたいと思っています」

<有限会社トーン代表 是澤泰志>
宮崎県出身。ミュージシャンのマネージメントを行う傍、コンサート制作、イベントやフェスの企画、運営、ブッキング等を行う。福岡のフェス「CIRCLE」主催。2019年、新インドア・フェス「Q」を企画、東京と神戸で開催する。

『Q』
<出演> 
GODIEGO / Cornelius / クラムボン[NEW] / ハナレグミ / ペトロールズ / never young beach
※神戸・東京共通
※出演者の変更、キャンセルに伴う払い戻しは行いませんので予めご了承ください。

■Q 神戸場所
3月31日(日) 兵庫・ワールド記念ホール
開場 11:00/開演 12:00
<チケット>
S席¥7,900 
A席¥6,900
※年齢制限:3歳以上要チケット。
※2歳以下は無料。演奏中、他のお客さまに迷惑がかからないようご配慮ください。
<お問い合わせ>
清水温泉:06-6357-3666(平日12:00~17:00)

■Q 東京場所
4月14日(日) 東京・両国国技館
開場 11:00/開演 12:00
<チケット>
アリーナ席¥8,900 
升席¥25,900
※4名迄ご利用可能、履物を脱いで着席、サイズはひと枡=約120cm×130cm
スタンド席¥7,900
※年齢制限:3歳以上要チケット
<お問い合わせ>
DISK GARAGE:050-5533-0888(平日12:00-19:00)

◎チケット プレリク先行受付中!
1月29日(火)12:00~2月5日(火)23:59
・ローソンチケット(先着)https://l-tike.com/q
※神戸場所・東京場所 共通URL
※枚数制限:お一人様4枚まで

◎チケット一般発売
2月09日(土)午前10時~下記プレイガイドにて販売
ローソンチケット:https://l-tike.com/q(TEL:0570-084-003)
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/q-2019/(TEL:0570-02-9999)
e+:https://eplus.jp/qq/


ニュース提供:OKMusic

 

クラムボンその他のニュース

アーティスト ニュース

もっとみる

アーティスト情報

プロフィール

◇原田郁子、ミト、伊藤大助のスリーピース・バンド。

1999年シングル「はなれ ばなれ」でメジャー・デビュー。当初より、ライヴやレコーディングなどにおいて他のアーティストとのコラボレーションや楽曲提供、プロデュースなど多岐に渡る活動を続けてきているが、昨今ではFUJI ROCK FES.など野外フェスティヴァルの常連的存在となり、ライヴ・バンドとしての評価も非常に高まってきている。

2003年にコロムビア移籍第一弾アルバム『Imagination』、2005年3月にはオリジナル通算6枚目のアルバム『てん、』をリリース。
またメンバー各自の活動も盛んで、原田郁子は、2004年秋に初めてソロとしてシングルとアルバムを発表。2005年にはポラリスのオオヤユウスケとハナレグミ永積タカシと "ohana"というドリーム・バンドを結成し2006年2月にシングル「予感」3月にアルバム『オハナ百景』を発売。

ミトは、2006年2月に発売された木村カエラのアルバムで1曲、作曲・アレンジ・プロデュースで参加。その楽曲が「キットカットCDパック」として販売され話題に。伊藤大助、斉藤哲也(Nathalie Wise)らと新生ピアノ・トリオ=FOSSA MAGNA結成し、2月にアルバムをリリース。他にも、6人組バンド・タラチネのシングル「MELLOW GOLD」(7月発売)をプロデュースしたり、SUEMITSU&THE SUEMITHの2ndシングル「Astaire」にミトがベースで参加。

伊藤大助はASHとドラムとギターふたりっきりのバンド、LOTUS GUITAR(ロータス・ギター)を結成し6月にはアルバムをリリース。ドラマーのオータコージ氏と結成したツインドラム・インスト・インプロヴィゼーション・バンドThe Sun calls Starsも現在精力的にライヴ活動を行っている。

クラムボンとして2006年は、初のカヴァー・アルバム『LOVER ALBUM」を5/31に、シングル「THE NEW SONG」を7/12に発売。

2007年2月18日には、クラムボン主宰のイヴェント第二弾「sound circle」が新木場STUDIO COASTにて開催。また、4月公開の映画『神童』の主題歌「リプルソング」をミトが手がけ、原田郁子がヴォーカルとして参加。さらに5月公開の映画『机のなかみ』のエンディング・テーマとして2006年のシングル「THE NEW SONG」が起用された。
今後のクラムボンにますます目が離せない。

アルバム一覧

    読み込み中です

もっとみる

読み込み中です

クラムボン ニュース ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号