TOP >  アーティスト ニュース一覧 > 「OKMusic」連載コラム更新! クラプトンの名盤『LAYLA and other assorted love songs』を語る!

 

「OKMusic」連載コラム更新! クラプトンの名盤『LAYLA and other assorted love songs』を語る!

2014/02/07 18:00

「OKMusic」連載コラム更新! クラプトンの名盤『LAYLA and other assorted love songs』を語る!

国内最大規模のソーシャル・ミュージック・サイト「OKMusic」がスペシャルコンテンツとして発信している連載コラムが更新! ビートルズ解散後、ロックの向かう方向を50年にわたって導き続けたエリック・クラプトンの経歴の中でも大きな転機となった、デレク&ザ・ドミノズのアルバム『LAYLA and other assorted love songs』('70)について、今回は語ってみたい。
TEXT:河崎直人


これからクラプトンを聴いてみようという人には、おススメ
これからクラプトンを聴いてみたいという人に対して、何を勧めれば良いだろうか…。スーパーギタリストとしてのクラプトン、ヴォーカリストとしてのクラプトン、ソングライターとしてのクラプトン、ブリティッシュロッカーとしてのクラプトン、アメリカンロッカーとしてのクラプトン、ブルースマンとしてのクラプトンなどなど、それらが詰め込まれた作品はあるのか、と考えてみる。“武道館のライヴを収録した2枚組の『Just One Night』('80)も名作だが、ちょっと小ぶりな気がするなぁ”とか“彼の敬愛するザ・バンドのメンバーをゲストに迎えた『No Reason To Cry』('76)は確かに名作ではあるけれど、少し地味かな”…などと悩みながら、彼の長期にわたるキャリアが総括できる作品として、デレク&ザ・ドミノズの『LAYLA and other assorted love songs』に落ち着くことになった。


ニュース提供:OKMusic

 

エリック・クラプトンその他のニュース

アーティスト ニュース

もっとみる

アーティスト情報

プロフィール

1945年3月30日生まれ、英・サリー州リプリー出身のミュージシャン。本名はエリック・パトリック・クラプトン。ジェフ・ベック、ジミー・ペイジと並ぶ"世界三大ロック・ギタリスト"と称される。63年のヤードバーズを皮切りに、ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズ、クリーム、ブラインド・フェイス、デレク&ザ・ドミノスとバンド遍歴を重ね、ギタリストとしてのスタイルを追求。90年代は「バッド・ラヴ」で個人初のグラミー賞を獲得。「ティアーズ・イン・ヘヴン」「チェンジ・ザ・ワールド」などをヒットさせ、再び黄金期を迎える。B.B.キングやJ.J.ケイル、ジョージ・ハリスンら共演も多い。ロックの殿堂も3度受賞。

アルバム一覧

    読み込み中です

もっとみる

読み込み中です

エリック・クラプトン ニュース ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号