TOP >  アーティスト ニュース一覧 > コブクロ、思い出の地・道頓堀での 船上ライブ公開収録に5000人が歓喜

 

コブクロ、思い出の地・道頓堀での 船上ライブ公開収録に5000人が歓喜

2018/11/12 14:00

コブクロ、思い出の地・道頓堀での
船上ライブ公開収録に5000人が歓喜



コブクロが11月11日、大阪・道頓堀にて11月15日放送の読売テレビ・日本テレビ系『ベストヒット歌謡祭』の公開収録 船上ライブを行なった。

事前にファンサイトで500人の観覧募集はあったものの集合場所以外は一切明かされておらず、当日本番の約1時間前に番組から会場にて収録を行なう事がアナウンスされると、情報を聴きつけた大勢のファンで道頓堀の“とんぼりリバーウォーク"が溢れかえった。

結成20周年のコブクロは、インディーズ時代に道頓堀川のすぐ上にある大阪ミナミの中心地・戎橋でもストリートライブを行なっていた事から、この場所での収録が決定。コブクロが船で登場するや、道頓堀に割れんばかりの大歓声が起こる。『今年はコブクロ、結成20周年を皆さんのおかげで迎える事ができました。まずは、歌っていたこの大阪の街に、集まってくれた皆さんに感謝です。ありがとう!』と小渕が話すと、黒田は戎橋を指さして『あそこで(ストリート)やってたんですよ。僕ら。そこです! あそこの橋の真ん中です』と、当時を振り返る。

その後、小渕が『僕らの始まりのとても大切なコブクロの源となっている歌です。聴いてください「桜」』と告げてしっとりと代表曲「桜」を歌い上げると、川沿いに集まった5,000人以上の聴衆からは一斉に拍手が沸き起こる。続けて、12月5日にリリースとなる初のコンプリートベストアルバム『ALL TIME BEST 1998-2018』に収録される20周年記念ソング「晴々」への想いを語り、小渕は『今日はこの大好きな道頓堀で響かせたいと思います。それでは聴いてください「晴々」』と、アップテンポなナンバーを披露。道頓堀中が、手拍子で一体となり、大盛り上がりで収録は終了した。

この模様は、11月15日(木)19:00~21:00に、読売テレビ・日本テレビ系で放送の音楽特番『ベストヒット歌謡祭2018』にてオンエアとなるので、残念ながら現地に駆けつけられなかったファンの方もぜひチェックしていただきたい。

■20th Anniversary Song「晴々」配信ページ
https://kobukuro.lnk.to/Harebare

アルバム『ALL TIME BEST 1998-2018』

2018年12月5日(水)発売



【初回生産限定盤】(4CD+1DVD)
WPZL-31536~40/¥4,800+税
※三方背ケース+デジパック仕様
【ファンサイト会員限定盤】(4CD+DVD+BOOK)
WPZL-31541~5/¥5,500+税
※三方背ケース+トールサイズ デジパック仕様
【通常盤】(4CD)
WPCL-12964~7/¥3,400+税
<収録曲>
■DISC 1
01.桜
02.赤い糸
03.太陽
04.轍 -Street stroke-
05.DOOR ~The knock again~
06.Bell
07.ココロの羽
08.YELL ~エール~
09.miss you
10.光
11.ANSWER
12.YOU
13.風
14.願いの詩
■DISC 2
01.雪の降らない街
02.愛する人よ
03.宝島
04.blue blue
05.手紙
06.永遠にともに
07.Million Films
08.ここにしか咲かない花
09.あなたへと続く道
10.君という名の翼
11.風見鶏
12.蕾
13.WHITE DAYS
14.蒼く 優しく
■DISC 3
01.時の足音
02.虹
03.STAY
04.To calling of love
05.流星
06.Blue Bird
07.あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
08.蜜蜂
09.紙飛行機
10.One Song From Two Hearts
11.ダイヤモンド
12.今、咲き誇る花たちよ
13.陽だまりの道
14.Twilight
15.42.195km
■DISC 4
01.奇跡
02.hana
03.未来
04.SNIFF OUT!
05.STAGE
06.心
07.バトン
08.君になれ
09.ONE TIMES ONE
10.晴々
11.風をみつめて
12.木蘭の涙with コブクロ(佐藤竹善)
13.WINDING ROAD(絢香×コブクロ)
14.太陽のメロディー(今井美樹×小渕健太郎 with 布袋寅泰+黒田俊介)
15.桜 -1st demo tape-

■ファンサイト会員限定盤 詳細・予約
http://img.emtg.jp/feature/kobukuro20th_alltimebest/



『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR』
3月20日(水) 長野・ホクト文化ホール 大ホール(長野県県民文化会館)
3月21日(木) 長野・ホクト文化ホール 大ホール(長野県県民文化会館)
3月30日(土) 愛媛・ひめぎんホール(愛媛県県民文化会館)
3月31日(日) 愛媛・ひめぎんホール(愛媛県県民文化会館)
4月12日(金) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
4月13日(土) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
4月19日(金) 岩手・岩手県民会館 大ホール
4月20日(土) 岩手・岩手県民会館 大ホール
4月25日(木) 宮城・仙台サンプラザホール
4月26日(金) 宮城・仙台サンプラザホール
5月01日(水) 神奈川・パシフィコ横浜(横浜国際平和会議場)
5月02日(木) 神奈川・パシフィコ横浜(横浜国際平和会議場)
5月11日(土) 広島・広島グリーンアリーナ(広島県立総合体育館)
5月12日(日) 広島・広島グリーンアリーナ(広島県立総合体育館)
5月18日(土) 東京・日本武道館
5月19日(日) 東京・日本武道館
5月28日(火) 大阪・大阪城ホール
5月29日(水) 大阪・大阪城ホール
6月04日(火) 石川・金沢歌劇座
6月05日(水) 石川・金沢歌劇座
6月15日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
6月16日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
6月23日(日) 新潟・新潟県民会館
6月24日(月) 新潟・新潟県民会館
6月29日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月30日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
7月05日(金) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一
7月06日(土) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一
7月13日(土) 愛知・ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
7月14日(日) 愛知・ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
7月20日(土) 大阪・京セラドーム大阪
7月21日(日) 大阪・京セラドーム大阪

■ツアー詳細
http://kobukuro.com/r/tour2019/


ニュース提供:OKMusic

 

コブクロその他のニュース

アーティスト ニュース

もっとみる

アーティスト情報

プロフィール

小渕健太郎は1977年3月13日生まれ。宮崎県出身。黒田俊介は1977年3月18日生まれ。大阪府出身。
ストリートライブ活動を通じて1998年9月にコブクロを結成。2001年3月、ワーナーミュージック・ジャパンより「YELL~エール/Bell」でメジャーデビュー。2006年のベスト・アルバム「ALL SINGLES BEST」は350万枚の売り上げ。
2007年の「蕾」が第49回日本レコード大賞を受賞。2012年の「ALL SINGLES BEST 2」は100万枚を突破。
代表曲は、「永遠にともに」「ここにしか咲かない花」「桜」「蕾」「流星」「未来」など。
2012年9月9日には、大阪の万博記念公園にて5万人を動員してフリーライブを実施。
2014年NHKソチオリンピック・パラリンピック放送テーマソング「今、咲き誇る花たちよ」をリリース。2015年、映画『orange-オレンジ-』の主題歌「未来」をリリースしロングヒットを記録。2016年の2年半ぶりのニューアルバム「TIMELESS WORLD」が25万枚の大ヒット。2018年4月11日に、約1年ぶりとなるシングル「ONE TIMES ONE」を発売。収録楽曲「君になれ」で、漫画家・高野苺とタッグを組み、連載漫画「君になれ」(月刊アクション刊)がスタート。
5月からは、初のバックバンドなし2人だけでの全国ツアーが大成功を収める。
9月8日には結成20周年を迎え、9月16日に小渕の地元・宮崎県にて、結成20周年記念ライブ『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY LIVE IN MIYAZAKI』を開催。
11月7日には、30枚目のシングル「風をみつめて」を発売し、12月5日には、20年の集大成となる初のコンプリートベスト「ALL TIME BEST 1998-2018」を発売。

アルバム一覧

    読み込み中です

もっとみる

読み込み中です

コブクロ ニュース ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP