TOP >  アーティスト ニュース一覧 > 上妻宏光、日本代表として『2017年 アスタナ国際博覧会』で世界へ日本文化を発信

 

上妻宏光、日本代表として『2017年 アスタナ国際博覧会』で世界へ日本文化を発信

2017/03/02 19:00

上妻宏光、日本代表として『2017年 アスタナ国際博覧会』で世界へ日本文化を発信

津軽三味線の第一人者である上妻宏光が、カザフスタンの首都・アスタナで開催される『2017年 アスタナ国際博覧会』にて日本を代表し、プロデュース公演を行うことが発表された。


過去には1970年大阪万博や2005年『愛・地球博』が日本でも開催されてきたが、2017年は中央アジアに位置するカザフスタンにて開催される『2017年 アスタナ国際博覧会』。公式では500万人の来場者を予測する万博で、参加する各国が独自のイベントやレセプションを開催する中、7月22日(土)は上妻宏光が中心となり日本公式催事のメインイベントとして日本の伝統音楽と、進化する伝統音楽文化を表現した公演をプロデュースする。

世界最古の音楽芸術、雅楽を奏でる東儀秀樹を音楽交流のスペシャルアドバイザーとして迎え、新進気鋭な和楽器ユニットや、和を取り入れた独創的なダンスカンパニー等、日本の伝統を重んじている賢者達と共に、伝統音楽の未来の姿を世界に向けて発信を行なうとこのことだ。

【CAST】
上妻宏光(津軽三味線奏者)、東儀秀樹(笙・篳篥・舞楽)、花柳寿楽(日本舞踊家)、辻本好美(尺八)、DAZZLE(ダンスカンパニー)、白藤ひかり、武田佳泉(津軽三味線)、日吉章吾(琴)

■『2017年アスタナ国際博覧会』日本館公式ウェブサイト
http://expo2017-astana.go.jp/
■上妻宏光 オフィシャルHP
http://agatsuma.tv/


ニュース提供:OKMusic

 

上妻宏光その他のニュース

アーティスト ニュース

もっとみる

アーティスト情報

プロフィール

1973年茨城県出身。

6歳より津軽三味線を始める。幼少の頃より数々の津軽三味線大会で優勝を重ね、純邦楽界で高い評価を受ける。
ジャズやロック等ジャンルを超えたセッションで注目を集め、2001年にEMI ミュージックジャパンより『AGATSUMA』にてメジャーデビュー。同アルバムは「第16回日本ゴールドディスク大賞 純邦楽アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
2ndアルバム『BEAMS~AGATSUMAII』は、Domo Recordsより全米リリースされ、アメリカ東海岸ツアーも行う。
2005年にはEUツアーも行い、6thアルバム『○-エン-』は再度日本ゴールドディスク大賞を受賞。
2009年、池波正太郎の小説を初舞台化した「その男(主演:上川隆也 演出:ラサール石井)と、司馬遼太郎の世界観を朗読・芝居・音楽で表現した朗読活劇Recita Calda「義経」(語り手:大沢たかお)の音楽を担当。さらに、ピアニスト・プロデューサー塩谷哲とユニット“AGA-SHIO”を組みアルバムをリリースし、翌2010年には日本・ヨーロッパ各所・アフリカの9カ国にてツアーを行う。同年、津軽民謡を中心とした古典曲をスタジオにて録音した『十季』とベストアルバム『THE BEST OF HIROMITSUAGATSUMA -Freedom-』を同時リリースし、2011年には、海外で評価の高い日本人アーティストを集結させたプロデュースイベント「日本流伝心祭?クサビ?」を立ち上げる。
2012年には藤原道山(尺八) 春風亭小朝(落語)との公演「和心伝心」を行う。 10月には最新アルバム『楔-KUSABI-』を発売し、渋谷公会堂で林 英哲、宮沢和史、雅-MIYAVI-をはじめとし、全7アーティスト参加による「日本流伝心祭-クサビ-楔 其の弐」を開催。大盛況に終わる。
“津軽三味線の伝統と革新”を追求し、様々なジャンルを超越した創作を続ける姿勢は国内外から高い評価を得える。
2013年3月の内閣総理大臣主催の「TOKYO2020公式夕食会」、6月の「第5回アフリカ開発会議 公式首脳晩餐会」において、日本を代表して演奏を披露する。

アルバム一覧

    読み込み中です

もっとみる

読み込み中です

上妻宏光 ニュース ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号