TOP >  アーティスト ニュース一覧 > SiM、日本工学院専門学校にてアコースティックライブを開催

 

SiM、日本工学院専門学校にてアコースティックライブを開催

2016/05/09 00:00

SiM、日本工学院専門学校にてアコースティックライブを開催

SiMが4thアルバム『THE BEAUTiFUL PEOPLE』の発売を記念して、ツタロックとのコラボイベントを5月5日に日本工学院専門学校蒲田キャンパスの片柳記念ホールにて開催した。

普段は講堂として使用しているホールが漆黒に装飾され、淡い照明の中に浮かび上がるステージにメンバー4人が登場。大歓声の中、楽器を持ちイスに座るSiMの姿を見るだけでも今日の「アコースティックライブ」というスペシャルな企画に期待感が増した。

「今日は「KiLLiNG ME」とかやりません。」とMAH(Vo)が定番曲を例に出し、会場が緊張と緩和の期待に包まれた中、一曲目に披露されたのは「If I Die」。原曲との違いにファンはうっとり聴き入っていた。「どうでしょうか!」とMAHが照れながらもファンに呼びかけた。

続けて披露されたのは「Paradox」「Same Sky」そして4thアルバムのメイン曲でもある「Life Is Beautiful」。最後にはライブで演奏するのは2回目という「A SONG OF HOPE」に歓声が上がった。

楽曲をただアコースティックでやるのではなく、まるで最初からそうであったかの様にアレンジされた演奏を聴くとSiMの音楽性の幅の広さを感じることができた。

ライブ後はメンバーが再び登場し、ファンとの質問コーナーなどで交流するトークショーもあり、予定時間を大幅に超えたイベント内容にファンはもちろん、メンバーも楽しんでいた。

普段とは違う楽曲アレンジ、ライブの楽しみ方、そしてメンバーのパーソナルな部分と触れ合うことができた今回のイベントは、ファンの大満足の笑顔が全てを物語っていた。

カメラマン:半田安政(Showcase)


ニュース提供:OKMusic

 

SiMその他のニュース

アーティスト ニュース

もっとみる

アーティスト情報

プロフィール

NAME : SiM (Silence iz Mine)
MEMBER : SIN (シン, Ba) / MAH (マー, Vo) / GODRi (ゴリ, Dr) / SHOW-HATE (ショウヘイ, Gt)
UNITED : 11/03/2004
LOCATiON : Shonan, Kanagawa, Japan
STYLE : REGGAE PUNK (STREET PUNK / HARD CORE / SCREAMO meets SKA / REGGAE)
“個性的” “ライブパフォーマンスが魅力” などと形容されるバンドは多々在れど、真偽は疑わしい場合が多い。
彼らはそう言った言葉が本当の意味でしっくりと当てはまる数少ないバンドだ。
“ROCK”や”PUNK”というものが単に楽曲の方向性を指す言葉に成り下がってしまった昨今、SiMのように攻撃的リリック・反骨心溢れる精神性やその姿勢でそれを体現するバンドは貴重な存在であり、その目で、耳で、体で、心で、触れた瞬間に確信するだろう。

これこそが本当の生きた音楽なのだと。

また主催イベントDEAD POP FESTiVALに於いてのシーンを活性化させようという積極的な姿勢や、一年を通して常にツアーし続け『ライブバンド』である事に全てを注ぐ活動方針などもキッズや他のアーティスト・関係者からの支持を集める大きな要因と言える。

幾度のメンバーチェンジやメンバーの重病など度重なる試練を乗り越えながら進化を続け、シーンの中枢を担う存在へ成長しつつある彼らをまだ見ぬ君は、時代遅れかも知れない。

アルバム一覧

    読み込み中です

もっとみる

読み込み中です

SiM ニュース ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP