TOP >  アーティスト ニュース一覧 > クラムボン、ワーナー期のアルバム5タイトルを最新デジタル・リマスターを施して再発

 

クラムボン、ワーナー期のアルバム5タイトルを最新デジタル・リマスターを施して再発

2015/12/20 15:00

クラムボン、ワーナー期のアルバム5タイトルを最新デジタル・リマスターを施して再発

クラムボンがワーナーミュージック・ジャパン所属期に発表したのアルバム5タイトルが、最新デジタル・リマスターを施され、2016年1月27日にリリースされることがわかった。

リマスタリング・エンジニアは木村健太郎(kimken studio)が担当。ボーナス・トラックを加え、リマスタリング、紙ジャケ仕様で手に取りやすい価格にて発売される。

さらに、日本コロムビア移籍後の『imagination』(2003年発表作品)以降のアルバム8タイトルも同様の仕様・形態で発売予定。乞うご期待!

アルバム『JP』
2016年1月27日発売
WPCL-12304/¥1,500+税
※紙ジャケット
1. はなれ ばなれ
2. いたくない いたくない
3. タイムリミット(streeya ♪ mix)
4. パンと蜜をめしあがれ(JP version)
5. ORENZI
6. 波は
7. 風邪をひいたひょうしに
8. トレモロ
9. 雲ゆき
10. Our Songs (MUSIC FAIR mix)
11. GLAMMBON
bonus tracks
12. タイムリミット taken from an ep“はなれ ばなれ”
13. Our Songs taken from an ep“パンと蜜をめしあげれ”

アルバム『まちわび まちさび』
2016年1月27日発売
WPCL-12305/¥1,500+税
※紙ジャケット
1. ドギー&マギー
2. 君は僕のもの
3. まちわび まちさび
4. 月食
5. 大貧民
6. シカゴ(病み上がり)
7. ミラーボール
8. 246
9. EPIC
10. 090
bonus track
11. シカゴtaken from an ep“シカゴ/246”

アルバム『ドラマチック』
2016年1月27日発売
WPCL-12306/¥1,500+税
※紙ジャケット
1. ロマンチック
2. ジョージ
3. サラウンド
4. 心象21
5. レインボウ
6. 恋わずらい
7. 残暑
8. モノクローム
9. 便箋歌
10. ララバイ サラバイ
11. ドラマチック
12. 麗しのキスシーン taken from an ep“サラウンド”
13. のんびり taken from an ep“残暑”

アルバム『Re-clammbon』
2016年1月27日発売
WPCL-12307/¥1,500+税
※紙ジャケット
1. Re-雲ゆき
2. Re-サラウンド
3. Re-華香るある日
4. Re-パンと蜜をめしあがれ
5. Re-モザイク
6. Re-はなれ ばなれ
7. Re-トレモロ
8. Re-残暑
9. Re-タイムリミット
bonus tracks
10. Re-雲ゆき(ライヴ・ヴァージョン) taken from audios of dvd “id tour 2003.1.26 shibuya
11. 便箋歌(ライヴ・ヴァージョン) taken from audios of dvd “id tour 2003.1.26 shibuya

アルバム『id』
2016年1月27日発売
WPCL-12308/¥1,500+税
※紙ジャケット
1. id
2. 雨
3. adolescence
4. 海の風景
5. eel restaurant
6. ロッククライミング
7. くちぶえ〜wayward story〜
8. 小淵沢
9. charm point
10. 道
11. ハレルヤ
12. コントラスト
bonus track
13. 道 artcore ver. taken from audios of dvd “id tour 2003.1.26 shibuya


ニュース提供:OKMusic

 

クラムボンその他のニュース

アーティスト ニュース

もっとみる

アーティスト情報

プロフィール

◇原田郁子、ミト、伊藤大助のスリーピース・バンド。

1999年シングル「はなれ ばなれ」でメジャー・デビュー。当初より、ライヴやレコーディングなどにおいて他のアーティストとのコラボレーションや楽曲提供、プロデュースなど多岐に渡る活動を続けてきているが、昨今ではFUJI ROCK FES.など野外フェスティヴァルの常連的存在となり、ライヴ・バンドとしての評価も非常に高まってきている。

2003年にコロムビア移籍第一弾アルバム『Imagination』、2005年3月にはオリジナル通算6枚目のアルバム『てん、』をリリース。
またメンバー各自の活動も盛んで、原田郁子は、2004年秋に初めてソロとしてシングルとアルバムを発表。2005年にはポラリスのオオヤユウスケとハナレグミ永積タカシと "ohana"というドリーム・バンドを結成し2006年2月にシングル「予感」3月にアルバム『オハナ百景』を発売。

ミトは、2006年2月に発売された木村カエラのアルバムで1曲、作曲・アレンジ・プロデュースで参加。その楽曲が「キットカットCDパック」として販売され話題に。伊藤大助、斉藤哲也(Nathalie Wise)らと新生ピアノ・トリオ=FOSSA MAGNA結成し、2月にアルバムをリリース。他にも、6人組バンド・タラチネのシングル「MELLOW GOLD」(7月発売)をプロデュースしたり、SUEMITSU&THE SUEMITHの2ndシングル「Astaire」にミトがベースで参加。

伊藤大助はASHとドラムとギターふたりっきりのバンド、LOTUS GUITAR(ロータス・ギター)を結成し6月にはアルバムをリリース。ドラマーのオータコージ氏と結成したツインドラム・インスト・インプロヴィゼーション・バンドThe Sun calls Starsも現在精力的にライヴ活動を行っている。

クラムボンとして2006年は、初のカヴァー・アルバム『LOVER ALBUM」を5/31に、シングル「THE NEW SONG」を7/12に発売。

2007年2月18日には、クラムボン主宰のイヴェント第二弾「sound circle」が新木場STUDIO COASTにて開催。また、4月公開の映画『神童』の主題歌「リプルソング」をミトが手がけ、原田郁子がヴォーカルとして参加。さらに5月公開の映画『机のなかみ』のエンディング・テーマとして2006年のシングル「THE NEW SONG」が起用された。
今後のクラムボンにますます目が離せない。

アルバム一覧

    読み込み中です

もっとみる

読み込み中です

クラムボン ニュース ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号