TOPICS

Techstars Music 2020がスタート、9/11東京でミーティング開催!

※レコチョクが参加する音楽に特化したアクセラレーター(起業家支援プログラム運営企業)Techstars Musicの最高責任者 Bob Moczydlowsky氏が8/22に公開したメッセージを紹介します。9月11日(水)開催の東京でのミーティングはTechstars Musicのサイトからお申し込みください。

世界的に投資家の注目が高まっている「音楽テック」に向けたアクセラレーター・プログラム「Techstars Music 2020」がまた始まります!

2019年8月22日
Techstars Music最高責任者 Bob Moczydlowsky(ボブ・モクジドロウスキー)

◆現在、Techstars Music発のスタートアップは、Techstars後に6,700万ドル(72億円)の資金調達を達成

2019年5月2日、Techstars Music が開催した「Demo Day」に300人以上のベンチャー投資家、音楽やメディア関係のエグゼクティブ、プラットフォーム技術のリーダー達が参加。 Techstars Music発のスタートアップは、アクセラレータープログラム後に1500万ドル(16億円)を追加調達し、17社で合計6,700万ドル(72億円)の資金調達を達成した。

アメリカでは、新学期が始まるシーズンで、 新しいノート、新しい目標、そして少しの幸運で、新鮮な視点や成長の機会があります。 Techstars Musicにとっても、2020年に向けたアクセラレータープログラムをスタート、次のスタートアップを見つける時期です。 現在、申請を受付中です。

Techstars Musicのメンバー企業は、単なる資金以上のものを提供し、 彼らは我々と一緒にプログラムを運営し、選択から指導、ビジネス開発、そして多くの場合、追加投資まで、プロセスのあらゆる段階を支援します。

また、我々は、世界的独立系映画製作会社であるEntertainment One(eOne)がメンバーに加わったことを発表できることを嬉しく思います。同社はホラー映画「Scary Stories to Tell In The Dark」、大ヒットTVシリーズ「The Rookie」、子供向け番組「Peppa Pig」「PJ Masks」で知られています。また、eOneはイギリスの著名DJ・プロデューサーJax Jonesをマネジメント、LA出身の話題のラッパーBluefaceを送り出したレーベルです。

我々はeOneの音楽及びイノベーションチームと直接連携し、他のメンバー企業と同様に、スタートアップ企業を彼らのビジネスに関連するあらゆる側面につなげていきます。 世界中に15のオフィスを構えるeOneは、成長を続ける音楽テクノロジーのエコシステムに実際に意味のある貢献を即座に提供する態勢を整えています。

つまり、アーティストマネージャー、ライブイベント会社、ストリーミングプラットフォーム、コンシューマー向製品メーカー、世界的な著作権保有者から成る強力なチームが、すべてスタートアップの成長を加速させ、音楽テクノロジーのエコシステムにより多くの資金を引き付けるために活動しているのです。

実際、 過去2年間に我々のメンバーは、スタートアップ企業を、公共テレビ経由で日本市場に参入させ、音楽コンテンツのグローバル配信を安全に実施し、世界で最も価値のある音楽コンテンツの一部の実験的なライセンス交渉を支援してきました。 また、Techstars Music卒業のスタートアップに対し10件の直接的な追加投資を行いました。

メンバー企業に加え、Techstars Musicのスタートアップは、音楽、テクノロジー、ベンチャーキャピタルの、何百人ものワールドクラスのメンターと時間をともにし、彼らは#GiveFirstの精神で、ビジネスの構築を手助けしてくれます。 ここでの成果には、ライブイベントの実験、自動車と主要ブランドとのパートナーシップ、アーティストとのコラボレーション、そして、報道が含まれます。

◆Techstars Musicの背景

しかし、資本や資金調達はどうなっているのか? すべてうまくいっているのか? ここでTechstars Musicの背景について少しお話しさせていただきます。

2015年後半にTechstars Musicの資金集めを始めたとき、ベンチャーキャピタルの友人達の多くが困惑した表情をみせました。 彼らはこう言いました「頑張って」 「我々は、音楽会社には投資しません」。
「音楽への投資はしない」という見解は、2019年でもまだ一般的ですが、主にSpotify、Apple Music、Amazon Music Unlimitedといったサービスでの再生にかかるライセンス料という問題に大きく依存しています。

我々の主張を説明しておくと、「ストリーミングの成長、世界中でのモバイル機器の普及、コンテンツを創る機械学習の力の増大に注目」してきました。そして「ストリーミングへの移行は、音楽の制作、マーケティング、収益化、相互作用の方法を改革するための触媒になると考えています。 我々は音楽の問題を解決するグローバルな企業に投資します。 音楽の会社だけではありません」。

音楽業界の方々は、たとえベンチャー業界が懐疑的であっても、理解を示しました。 我々は即座にWarner Music Group、Q Prime Management、Bill Silva Entertainment、Silva Artist Management、Sony Musicからサポートを受けました。 これらの企業はTechstars Music創業メンバー(LP:有限責任パートナー)として参加し、2017年2月に最初の11件の投資を行いました。

2019年の夏まで話を進める、現在、ポートフォリオは30社で、フランス、イギリス、スペイン、日本、スウェーデン、オーストラリア、チリ、カナダ、ハンガリー、ドイツ、アメリカの11カ国から集まっています。 毎年恒例の「Demo Day」には、300人以上の投資家、世界的な音楽及びメディア業界のエグゼクティブやリーダー達が参加するようになりました。
また、Techstars Musicの メンバーシップも毎年拡大しています。2018年のプログラムには、世界的な企業であるRoyalty Exchangeといったイノベーターとともに、レコチョクやグローバル・プレイヤーのConcordが加わり、さらに、2019年には日本の強力なチームavexとフィットネス技術のリーダーであるPelotonを迎え、さらに、ソニーとの関係を拡大し、世界中のあらゆるビジネスや投資ファンドも網羅しました。 もちろん、2020年に向けて、新たに世界的なパワープレーヤーEntertainment Oneが加わることに興奮しています。

2019年には、最初の買収(事業売却)もありました! 「Acast」が2019年5月にTechstars Music 2017の卒業生「Pippa」を買収しました。 これは私のキャリアでも一生大事にしたい夜です。

もちろん、まだやるべき事が沢山あります。 今でも我々は音楽嫌いの多くの投資家に出会いますし、多くのミーティングで、我々が投資する目的や理由について様々な特質を説明する必要があります。 しかし、もはや全てのミーティングがそういう状況ではありません。もう違います。 少しずつ実績が大きな役割を果たしています。 ;)
次はあなたのスタートアップの番ですか? 以下のスケジュールをご覧いただき、ぜひお会いしましょう。

Managing Director, Techstars Music,@bobmoz

 

2020 TECHSTARS MUSIC RECRUITING TOUR:

スタートアップの皆様とお会いする日時と場所は下記の通りです。 多くの日程で、Techstars Musicの卒業企業とメンバー企業が参加します。

私たちは、メディアパーソナライゼーション、eコマース、ライブイベントのセキュリティと経験、アーティストの発掘・マネジメント、チケット販売、新規メディア制作、デジタルグッズ、メディアや音楽関連のゲーム、AI、ビッグデータ分析、バックエンドのインフラなどの分野で大きな問題を解決するスタートアップを探しています。

私たちに会って、会社を売り込みたいという方は、下記から登録してください!

東京 :9月11日(水) SIGN UP LINK