レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2023年12月度発表

レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2023年12月度発表

株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:板橋徹、以下レコチョク)は、ダウンロードランキングである「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞2023年12月度」を発表しました。

「シングルランキング」1位はAdo「唱」が3カ月連続となる1位を獲得。
この楽曲はユニバーサル・スタジオ・ジャパンで毎年大人気を博しているハロウィーン・イベント『ハロウィーン・ホラー・ナイト』とのコラボレーション楽曲。同イベントの代名詞「ゾンビ・デ・ダンス」のテーマソングとして2023年9月6日(水)に配信限定リリースされました。10月度の月間ランキングで初の1位を獲得、『ハロウィーン・ホラー・ナイト』終了後の11月度も月間ランキングで1位と、楽曲の勢いは継続していました。
12月にはデビュー後初となるTV初歌唱も披露するなど注目を集め、週間ランキングでも12月13日(水)、27日(水)には1位を獲得、12月度の月間ランキングでも3カ月連続となる1位を獲得しました。

 

「アルバムランキング」1位もAdo『Adoの歌ってみたアルバム』が1位を獲得。
この作品はAdoに歌って欲しいボカロ曲とJ-POP曲を公募、多くのリクエストの中から全10曲を収録し、2023年12月13日(水)にリリースされました。「飾りじゃないのよ 涙は」(オリジナルアーティスト:中森明菜)、「神っぽいな」(オリジナルアーティスト:ピノキオピー)など、令和の最新曲から昭和のポップスまで、歌い手Adoの時代を超える意欲作です。
週間アルバムランキングでは、12月20日(水)発表のランキングで1位を獲得、その後も毎週2位にランクインし、12月度の月間アルバムランキング1位を獲得しました。


【レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞】2023年12月度 (2024年1月1日発表)

■シングルランキング
1位:「唱」Ado (2023年9月6日配信開始)
2位:「花になって – Be a flower」緑黄色社会
3位:「想望」福山雅治
4位:「LEVEL UP」Travis Japan
5位:「SOULSOUP」Official髭男dism
https://recochoku.jp/ranking/single/monthly/

■アルバムランキング 
1位:『Adoの歌ってみたアルバム』Ado (2023年12月13日配信開始)
2位:『Road to A』Travis Japan
3位:『THE GREATEST UNKNOWN』King Gnu
4位:『Monopoly (Special Edition)』乃木坂46
5位:『THE BOOK 3』YOASOBI
https://recochoku.jp/ranking/album/monthly/

 

※1.シングルランキングとは、レコチョクで配信しているダウンロード(シングル、ハイレゾシングル)を合算した総合ランキングです。
※2.アルバムランキングとは、レコチョクで配信しているダウンロード(アルバム)を合算した総合ランキングです。
※レコチョクアワードとは、対象期間中の対象種別それぞれのダウンロード数を集計し、最も多くダウンロードされた楽曲を表彰するレコチョクオリジナルアワードです。

ニュースリリース一覧

音楽サービスを検討中の
法人のお客さま
PARTNER

音楽を活用した新たなサービスやキャンペーンをお考えの企業さまはご相談ください。
レコチョクの持つ音楽ソリューションを利用したサービスをご提案します。