レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2021年12月度発表

レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2021年12月度発表

株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:板橋徹、以下レコチョク)は、ダウンロードランキングである「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞2021年12月度」を発表しました。

「シングルランキング」ではAimer「残響散歌」が月間ランキング1位を獲得しました。「残響散歌」は2021年12月5日(日)より放送開始となったテレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編のオープニングテーマで、CD発売に先駆けて12月6日(月)より先行配信がスタートされました。12月8日(水)発表の週間ランキングから4週連続1位を獲得、その勢いのまま、12月度の月間ランキング1位を獲得しました。
2022年1月12日(水)にはAimerの代表曲の数々を手掛けてきた梶浦由記が楽曲提供&プロデュースを担当したテレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編のエンディングテーマ「朝が来る」も収録した通算20枚目となるCDシングル『残響散歌 / 朝が来る』もリリース。昨年9月にデビュー10周年を迎えたAimer、2022年も注目が集まっています。

「アルバムランキング」はYOASOBIの2nd EP『THE BOOK 2』が月間ランキング1位を獲得しました。この作品は2021年12月1日(水)にリリースされ、YOASOBIが2021年に配信リリースした「怪物」「優しい彗星」「もう少しだけ」「三原色」「ラブレター」「大正浪漫」の6曲と、鈴木おさむ作・演出、田中圭主演の舞台『もしも命が描けたら』のみで解禁となっていたテーマ曲「もしも命が描けたら」、NHKの子ども向けSDGs番組シリーズ「ひろがれ!いろとりどり」テーマソング「ツバメ」(YOASOBI with ミドリ-ズ)という全8曲が収録されています。12月8日(水)発表の週間ランキングから4週連続で1位を獲得、その勢いのまま、12月度の月間ランキング1位を獲得、2位には1stEP『THE BOOK』もランクイン、トップを独占しました。
2022年2月より4名の直木賞作家(島本理生、辻村深月、宮部みゆき、森絵都)とのコラボ企画も始動、「はじめて」をモチーフに描く4つの小説を原作とした楽曲を順次発表予定。“小説を音楽にするユニット”YOASOBIから2022年も目が離せません。

【レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞】2021年12月度 (2022年1月1日発表)

■シングルランキング
1位:「残響散歌」Aimer (2021年12月6日配信開始)
2位:「君に夢中」宇多田ヒカル
3位:「一途」King Gnu
4位:「明け星」LiSA
5位:「僕らの季節」JO1
https://recochoku.jp/ranking/single/monthly/

■アルバムランキング 

1位:『THE BOOK 2』YOASOBI (2021年12月1日配信開始)
2位:『THE BOOK』YOASOBI
3位:『WANDERING(Special Edition)』JO1
4位:『Time flies (Complete Edition)』乃木坂46
5位:『ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し』桑田 佳祐

https://recochoku.jp/ranking/album/monthly/

※1.シングルランキングとは、レコチョクで配信しているダウンロード(シングル、ハイレゾシングル)を合算した総合ランキングです。
※2.アルバムランキングとは、レコチョクで配信しているダウンロード(アルバム)を合算した総合ランキングです。
※レコチョクアワードとは、対象期間中の対象種別それぞれのダウンロード数を集計し、最も多くダウンロードされた楽曲を表彰するレコチョクオリジナルアワードです。

ニュースリリース一覧

音楽サービスを検討中の
法人のお客さま
PARTNER

音楽を活用した新たなサービスやキャンペーンをお考えの企業さまはご相談ください。
レコチョクの持つ音楽ソリューションを利用したサービスをご提案します。