レコチョクが次世代の要注目アーティストを選ぶ「Breakthrough」フィーチャーアーティストは「PEOPLE 1」!

レコチョクが次世代の要注目アーティストを選ぶ「Breakthrough」フィーチャーアーティストは「PEOPLE 1」!

株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区渋谷、代表取締役社長:板橋徹、以下レコチョク)は、レコチョクが推す次世代の要注目アーティスト「2021年10月度 Breakthrough」の中から、「フィーチャーアーティスト」にPEOPLE 1(ピープルワン)が決定したことを発表します。2021年11月24日(水)よりレコチョクのさまざまなサービス横断で施策を展開する他、スペシャルインタビュー、メンバー直筆のプロフィール帳公開など、全方位でパワープッシュしていきます。(https://recochoku.jp/special/100910)。

【「フィーチャーアーティスト」について】

「フィーチャーアーティスト」とは、「Breakthrough」アーティストの中からスポットライトを当てる1組を、ダウンロードストア「レコチョク」、ストリーミングサービス「dヒッツ® powered by レコチョク」(以下dヒッツ)、「TOWER RECORDS MUSIC powered by レコチョク」(以下TOWER RECORDS MUSIC)における期間中の対象楽曲のダウンロード数・再生数、そして、ファンの投票をポイント化して決定するものです。

 

 

【独占!PEOPLE 1メンバーのインタビュー、オリジナルプレイリスト、直筆プロフィール帳を公開!】

初の「フィーチャーアーティスト」に選ばれたPEOPLE 1は、東京を拠点に活動するDeu(Vo, G, B, Other)が、Takeuchi(Dr)、Ito(Vo, G)と共に結成したバンドです。2019年12月、1st EP『大衆音楽』の発表と同時に活動を開始。「フロップニク」「常夜燈」をはじめ、独創的な世界観を表現したMVやアートワークが話題を集め、ネットなどでも注目が高まる中、11月24日(水)には、待望の1st Full Album『PEOPLE』がリリースされました。
10月に実施した投票では、PEOPLE 1に対して「独自の音楽が聴いていて心地よい」「同じバンドが歌ってるとは思えないくらい、曲のふり幅が広い。そして歌詞が刺さる」「今っぽいけど、どこか懐しさもあってどこのジャンルにも属さないPEOPLE 1だけの音楽がとても素敵」など、推しコメントが多数寄せられました。

今回、「フィーチャーアーティスト」選出記念として、レコチョクのオウンドメディア「レコログ」ではPEOPLE 1 の宣伝担当・TakeuchiとItoのインタビューを公開!“リスナーさんからの投票で選ばれたというのが、とっても嬉しいですね”(Takeuchi)という感謝の言葉から、1st album『PEOPLE』について、“これまでリリースしたEP3部作(『大衆音楽』『GANG AGE』『Something Sweet, Something Excellent』)より2曲ずつ収録しているのも含めて、自分たちのまさに”名刺代わり”的な作品になっています。テンションが上がる曲から、「魔法の歌」や「僕の心」といったメッセージソングまで、幅広い年代に響く、本当に良い曲が集まったアルバムになったなと思います“(Ito)と紹介、他にも、ライブでのエピソードからこれからやってみたいこと、ファンへのメッセージなどたっぷり語ってもらいました。

また、TakeuchiとItoが軽音サークル出身のPEOPLE 1ならではのオリジナルプレイリスト「軽音サークルで是非カバーしてほしい20曲」をセレクト、dヒッツ、TOWER RECORDS MUSICで公開しています。
さらに、「直筆プロフィール帳」も公開!影響を受けたアーティスト、シチュエーション別おススメソングから、自画像、マイブームや子供の頃の将来の夢まで、まだまだ謎に包まれているメンバーからの貴重な回答は必見です!ぜひ、各特設サイトのPEOPLE 1の音楽を聴きながら、チェックしてください。

ダウンロード、サブスク、音楽ファンそれぞれの音楽の楽しみ方と熱量を取り入れ、ともに次世代のアーティストを発信していくレコチョクの新企画。「みんなの知らないバンドを広めてくれるこの企画とても良いです」「好きなアーティストの音楽が広がる機会をありがとうございます!」といった反響も寄せられています。次回の「Breakthrough」は12月に発表予定です。ご期待ください!

■レコログ「PEOPLE 1」インタビュー  https://recochoku.jp/ch/recolog/ppppeople1/
■「PEOPLE 1 Takeuchi、Ito」選曲プレイリスト:軽音サークルで是非カバーしてほしい20曲
[セレクトテーマ]友達とコピーしてみてほしい曲を選びました!!
[セレクト楽曲]PEOPLE 1「怪獣」、ASIAN KUNG-FU GENERATION「リライト」「遥か彼方」、System Of A Down「Chop Suey!」「B.Y.O.B.」、Red Hot Chili Peppers「Can’t Stop」他
・dヒッツ プレイリスト https://selection.music.dmkt-sp.jp/program/10039816
・TOWER RECORDS MUSIC プレイリスト  https://music.tower.jp/playlist/detail/2000001355

【PEOPLE 1】のパワープッシュ展開
・レコチョク   https://recochoku.jp/special/100910
・dヒッツ    https://selection.music.dmkt-sp.jp/ft/sys00387

【PEOPLE 1について】
東京を拠点に活動する音楽家Deu(Vo, G, B, Other)が、Takeuchi(Dr)、Ito(Vo, G)
と共に結成したバンド「PEOPLE 1(ピープルワン)」。2019年12月、1st EP『大衆音楽』の発表と同時に活動を開始。
2020年9月には、2nd EP『GANG AGE』を発表。Deu が手掛けるジャンル横断的かつ文学的な楽曲と、独創的な世界観を表現したミュージックビデオ/アートワークは、「中毒性がある/エモい/オシャレでどこか懐かしい」とインターネット上で話題を集め、2021年10月時点でYouTube で公開されたミュージックビデオの総再生回数は1,500 万回、コメント数は10,000 件を超えている。
2021年4月、3rd EP『Something Sweet, Something Excellent』をリリース。8月、WurtSの新曲にItoがゲストボーカルとして参加、「リトルダンサー feat. Ito (PEOPLE 1)」としてリリース。10月、新曲「怪獣」を発表。過去最速でMVが100万回再生を記録し、YouTubeチャンネル登録者数10万人を突破。11月24日、待望の1st Full Album『PEOPLE』がリリースとなる。現在、東名阪を巡るPEOPLE 1初のツアー<ベッドルーム大衆音楽>を実施、12月20日(月)には「TSUTAYA O-EAST」にて追加公演が開催される。
https://ppppeople1.com/
■1st Album『PEOPLE』
01. PEOPLE 02. 怪獣 03. 魔法の歌 04. アイワナビーフリー 05. フロップニク 06. ラヴ・ソング
07. PEOPLE2 08. スクール!! 09. ゴースト 10. 東京 11. 常夜燈 12. 113号室 13. エッジワース・カイパーベルト 14. 僕の心 15. バンド
■「スクール!!」 MV https://youtu.be/GwusDePzZq8

ニュースリリース一覧

音楽サービスを検討中の
法人のお客さま
PARTNER

音楽を活用した新たなサービスやキャンペーンをお考えの企業さまはご相談ください。
レコチョクの持つ音楽ソリューションを利用したサービスをご提案します。