ニュース

デジタルハリウッドとレコチョクがクリエイター発掘・支援で業務提携 ~WIZYのクリエイターコラボ企画に学生・卒業生などが参加~

デジタルハリウッド株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:吉村毅、以下デジタルハリウッド)と株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:加藤裕一、以下「レコチョク」)は、この度、クリエイターとアーティストを繋ぐコラボ企画の取り組みにおいて、業務提携に合意いたしましたことをお知らせいたします。

レコチョクは、自社が運営するアーティストとファンをつなぐ共創・体験型プラットフォーム「WIZY(ウィジー)」にて、これまでの音楽に特化したクラウドファンディングサービスに加えて2020年7月より新たにアーティストとのコラボレーションを展開するための「クリエイタープロジェクト」を開始しました。これは、WIZYが販売プラットフォームを提供、アーティストとそのファンやクリエイターがデジタル及びフィジカルのコラボ作品を創作・販売したり、アーティストのロゴやミュージックビデオ(MV)など制作物のディレクションするもので、作品の売上はアーティストとクリエイターでシェアしていきます。
一方、IT関連及びデジタルコンテンツの人材育成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッドでは、一貫して「実践的産学協同」を提唱し、設立以来、9万人以上の卒業生を輩出しています。

今回の業務提携により、レコチョクは、デジタルハリウッド在校生・卒業生へWIZYで実施する「クリエイタープロジェクト」開催情報を提供、また、個別のプロジェクトに対してもクリエイターへのデザイン・制作発注やコンペへの参加依頼なども検討していきます。
また、デジタルハリウッドは在校生・卒業生に対して本クリエイターコラボ企画を告知し、企画の紹介や参加を呼びかけ・支援してまいります。

現在、第一弾のコラボレーションとして、WIZYでさまざまなクリエイターからゆきみ(あいくれ)がソロとして初めて制作したMV「アーモンドとチョコレート」からイメージした“バーチャル背景”デザインを募集し、承認を得た作品を販売(1枚550 円)しています。デザイン募集は10月8日(木)、販売は10月16日(金)迄になります。ぜひ、サイトをご覧ください。

デジタルハリウッドとレコチョクは今後も将来有望なクリエイターへ制作の機会や活動の場を提供、また、アーティストとのコラボレーション制作を通して、音楽ファンに対する作品の訴求・販売など新たな活動に向けてサポートしてまいります。

参考:
【ゆきみ(あいくれ)の楽曲をイメージしてクリエイターが制作した“バーチャル背景”募集】プロジェクト
■“バーチャル背景デザイン”投稿サイト
URL:http://store.wizy.jp/s/yukimi
期間:2020年9月18日(金)12:00~10月8日(木)23:59
■“バーチャル背景”ダウンロードコード販売サイト
URL:https://wizy.jp/project/523/
販売期間:2020年9月18日(金)12:00~10月16日(金)23:59

■デジタルハリウッド株式会社
1994年、日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。現在、東京と大阪に専門スクールと、全国の各都市にWebと映像の学べるラーニングスタジオ「デジタルハリウッドSTUDIO」、そしてeラーニングによる通信講座「デジハリ・オンラインスクール」を展開。2004年には日本初、株式会社によるビジネス×ICT×クリエイティブの高度人材育成機関「デジタルハリウッド大学院(専門職)」、翌2005年4月に「デジタルハリウッド大学」を開学。
設立以来、デジタルハリウッド全体で9万人以上の卒業生を輩出している。
さらには、2015年4月、スタートアップ志望者を対象としたエンジニア養成学校『ジーズアカデミーTOKYO』を開校、同年11月には日本初のドローンビジネスを皮切りに、ロボットサービス産業の推進を目的とした『デジタルハリウッド ロボティクスアカデミー』を開校した。
2019年10月に設立25周年を迎えた。
https://www.dhw.co.jp/

■株式会社レコチョク
レコチョクは、2001年の設立以来、2002年12月に世界で初めて「着うた®」サービスを開始するなど、常に先進的で付加価値の高いサービスを展開してきました。現在は、スマートフォン、パソコン、ニンテンドー3DS™、Switch向けのダウンロードサービスをはじめ、ストリーミングサービス、各種企業との協業による音楽配信サービスを展開するなど、あらゆるデバイスへ全方位のサービスを展開しています。2014年より「人と音楽の新しい関係をデザインする。」をCIとして掲げ、次世代のサービスや次代の音楽マーケットの創造に向けたR&D(研究開発)として「レコチョク・ラボ」を設立。最近では、音楽にプラスαの付加価値を付けたサービスを展開、CD活性化のプラットフォーム「プレイパス」、アーティストとファンをつなぐクラウドクリエイティング「WIZY」、音楽ファンの想いを映像とメッセージでプレイリスト化できるサービス「RecTV」などを展開しています。
http://recochoku.jp/

【WIZY(ウィジー)について】
WIZYは、アーティストが実現したい、メッセージ性やクリエイティブ性の高い企画を、そのアイデアに共感・サポートしたファンと共にカタチにする、音楽分野に特化した共創・体験型プラットフォームです。アーティストとファンの“想い”をつなぎ、その実現をサポートしていきます。WIZYという名称は「With You」をもとにした造語です。
株式会社レコチョクがプラットフォームを提供、潜在的なアーティストファンへのアプローチや、アーティストとの結びつきをさらに深められるような感動体験の創出をお手伝いいたします。
■オフィシャルサイトURL: https://wizy.jp/
※本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。