ニュース

レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2019年7月度発表

株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区渋谷、代表取締役社長:加藤裕一、以下「レコチョク」)は、「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞2019年7月度」を発表いたします。

「レコチョクランキング」ではRADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」が月間ランキング1位を獲得しました。7月19日(金)より全国公開された新海誠監督の話題の最新作・映画「天気の子」の主題歌と劇伴を収録したRADWIMPSのニューアルバム『天気の子』から全収録曲が配信リリース。収録された5曲の主題歌の中でも「愛にできることはまだあるかい」は、先行公開されていた映画の予報映像をはじめ、映画とコラボした多くのTVCMでも起用、様々な場面で聴かれ、映画の公開および配信リリースされるとともに一気にダウンロード数を伸ばしました。

レコチョクランキングでは、7月19日(金)の配信リリース以来、デイリーランキングで連日1位を記録。また、7月24日(水)・31日(水)発表の週間ランキングでも1位を獲得、2週間足らずで7月度の月間ランキング1位に輝きました。さらに、週間ランキングでは2位も同アルバム収録の「グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子」がランクイン、2週連続で1・2位を獲得しました。アルバム月間ランキングでもサントラ『天気の子』は4位にランクインしています。

RADWIMPSにとって新海誠監督との再タッグとなった映画「天気の子」は、前作「君の名は。」同様に大ヒットを記録中。「愛にできることはまだあるかい」をはじめ、アルバム収録曲も引き続き注目を集めていきそうです。

「アルバムランキング」はBUMP OF CHICKEN『aurora arc』が月間ランキング1位を獲得しました。2019年7月10日(水)に配信リリースされた本作は、前作『Butterflies』からおよそ3年半ぶり、通算9枚目となるオリジナルアルバムです。

全14曲のうち、TBS系ドラマ「グッドワイフ」主題歌の「Aurora」、カップヌードル「HUNGRY DAYS」シリーズCMソングの「記念撮影」、TBS系ドラマ「仰げば尊し」主題歌の「アリア」、映画「億男」主題歌の「話がしたいよ」、TVアニメ「重神機パンドーラ」エンディング主題歌の「Spica」など、11曲のタイアップソングを含む豪華な内容も相まり、週間ランキングでは7月17日(水)発表のランキングで初登場1位を獲得。7月度で最もダウンロードされたアルバムとなりました。
現在、アルバム『aurora arc』を引っ提げた全国ツアー「BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark」を敢行中の彼ら。ツアースタートの会場となった埼玉県・メットライフドームでは2DAYSで述べ7万2000人のファンを熱狂させ、その後も各地のリスナーと熱いライブを展開しています。ツアーが続く秋まで“バンプ旋風”が続きそうです。

【レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2019年7月度】 (2019年8月1日発表)
■レコチョクランキング
1位:「愛にできることはまだあるかい」RADWIMPS (2019年7月19日配信開始)
2位:「まちがいさがし」菅田 将暉
3位:「Lemon」米津 玄師
4位:「会いたいよ」手塚 翔太
5位:「パプリカ」Foorin
https://recochoku.jp/ranking/single/monthly/

■アルバムランキング
1位:『aurora arc』BUMP OF CHICKEN (2019年7月10日配信開始)
2位:『Finally』安室奈美恵
3位:『SUPERMOON -閃-』HIROOMI TOSAKA
4位:『天気の子』RADWIMPS
5位:『Lights/Boy With Luv』BTS
https://recochoku.jp/ranking/album/monthly/

※1.レコチョクランキングとは・・・レコチョクで配信しているダウンロード(シングル、ハイレゾシングル)を合算した総合ランキングです。
※2.アルバムランキングとは・・・レコチョクで配信しているダウンロード(アルバム)を合算した総合ランキングです。
※レコチョクアワードとは・・・対象期間中の対象種別それぞれのダウンロード数を集計し、最も多くダウンロードされた楽曲を表彰するレコチョクオリジナルアワードです。