ニュース

「dヒッツ」で4月に最も聴かれたアーティストは西野 カナ~自身が選曲した2つのプレイリストも話題!~

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が提供するスマートフォン向け定額制音楽配信サービス「dヒッツ® powered by レコチョク」(以下:「dヒッツ」)は、2018年4月度の楽曲総再生回数をもとにした「2018年4月度dヒッツアーティストランキング」を発表、西野 カナが1位を獲得しました。

西野 カナは、4月18日(水)より新曲「アイラブユー」を配信開始。この楽曲はデビュー10周年第1弾シングルであり、菅田将暉・土屋太鳳ダブル主演の映画『となりの怪物くん』主題歌で、「やっぱり私はキミでよかった」と、ふと思う気持ち・感謝をラップ風に表現したメッセージ・ラブソングです。

dヒッツで4月に最も聴かれた西野 カナの楽曲はその新曲「アイラブユー」、続いて「トリセツ」「パッ」「Darling」「あなたの好きなところ」がTOP5になります。現在、これらの楽曲はもちろん、「Dear Bride」「会いたくて 会いたくて」など大ヒット曲が聴き放題でお楽しみいただける「西野 カナ アーティストプログラム」をはじめ、西野 カナ自身の選曲による「西野 カナ・カップルLOVEソング」「西野 カナ・ラップソング」というdヒッツ限定特別プログラムを7月31日(火)迄期間限定公開!

各プログラムには、西野 カナからコメントも寄せられており、4月度のランキングアップにつながりました。

【「西野 カナ・カップルLOVEソング」本人コメント】
Newシングル「アイラブユー」は、何でも言い合える親友みたいなカップルが主人公のカップルLOVEソングです。これまでにもそんなカップルの、時に微笑ましく、時に温かい気持ちを描いたLOVEソングを沢山作ってきました。恋をしている人も、これから恋がしたいという人も、春の季節にぴったりなプレイリストになっていると思いますので、ぜひ聴いてみてください。

【「西野 カナ・ラップソング」本人コメント】
Newシングル「アイラブユー」は、大切な人に対して『やっぱり私はキミでよかった』とふと思う瞬間をラップ風に表現したメッセージ・ラブソングです。
シングル曲でラップを全体的に取り入れたのはこの曲が初めてですが、実はこれまでカップリングやアルバムではラップの曲を沢山作ってきました。アップテンポで攻めた楽曲が多いので、気持ちを上げたい時や、ちょっと強めの自分になりたい時にもオススメです。ぜひ聴いてみてください。

ぜひ、5月度も、dヒッツで西野 カナのプログラムをお楽しみください。

■dヒッツ「西野 カナ アーティストプログラム」
http://rd.music.docomomarket.ne.jp/dhits/nishinokana/1805/

【2018年4月度 dヒッツアーティストランキング】(集計期間:2018年4月1日~4月30日)
順位 アーティスト名
1位 西野 カナ
2位 ONE OK ROCK
3位 安室奈美恵
4位 GReeeeN
5位 TWICE

【dヒッツpowered by レコチョク】
「dヒッツ」は、2012年7月にサービスをスタートし、月額500円(税抜) ※1 で最新楽曲を含む6,000以上のプログラムを、いつでも好きな時に好きなだけお聴きいただける定額制音楽配信サービスです。全キャリアのスマートフォン、一部タブレットでご利用いただけます。dヒッツは、数ある音楽配信サービスの中で、最も人気アーティストラインナップが多い、人気アーティスト数No.1 ※2 のサービスです。

また、「FEED(フィード)」という音楽に関連したニュース記事やコラムも毎日更新しています。話題のアーティストの最新情報を読みながら楽曲プログラムを聴いてみたり、コラムにあった楽曲プログラムをお楽しみいただくことが可能です。
※1. 別途、パケット通信料がかかります。
※2. オリコン2017アーティストトータルセールスTOP100配信アーティスト数No.1 定額制音楽配信において
2018年3月インプレス総合研究所調べ

Androidアプリは「Google Play」、iOSアプリは「App Store」にて「dヒッツ」をダウンロードしてください。
詳しくは「dヒッツ」サイトをご確認ください。https://selection.music.dmkt-sp.jp/

※「dヒッツ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。
※「iOS」は、Ciscoの米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
※「Android」「Google Play」は、Google LLCの商標または登録商標です。
※「App Store」はApple Inc.のサービスマークです。

この記事のPDFをダウンロードする(146.09 KB)