ジャンルに囚われない楽曲と、センスを感じる歌詞が印象的で、早耳リスナーから支持を受けているアーティスト・MONONOKE。現役高校生ながら作詞・作曲・編曲をはじめ、グッズデザインやMV制作までを自身で手掛けるという彼が、11月16日(水)にミニアルバム『Prologue』をTOWER CLOUDよりリリース。今回、彼にインタビューを行い、活動のきっかけや最新作について話を聞いたので、是非作品と合わせてインタビューも楽しんでほしい。

 

 

まだまだ、MONONOKEは成長していきますし、なんなら化けていきます

 

──MONONOKEというアーティスト名の由来を教えてください。

 

最初は言葉の響きとか字面が可愛いな、とか、けっこう軽い感じで名付けたんですけど、物の怪の意味である“多種多様な妖怪”と自分がモットーにしている“ジャンルに囚われない音楽性”っていうようなところが似通っていたりするなとか思うようになってから、よりMONONOKEっていう名前にして良かったなって思います。

 

──音楽活動を始めたきっかけや影響を受けた楽曲やアーティストを教えてください。

 

割と小さい頃から自分で曲を作りたい、ミュージシャンになりたいって思っていて、それは一度もブレたことはないですね。なので、本当に自然な流れで音楽活動をしていった感じです。影響を受けたアーティストはコブクロ、サカナクション、くるり、フジファブリックはもろに影響受けていて、自分の音楽性を作ってくれました。

 

──TOWER CLOUDから楽曲を配信されていますが、きっかけを教えてください。また、“奨楽金”(※アーティストがTOWER CLOUDの配信収益の前払金として10万円を受け取れる制度。https://towercloud.jp/events/tc_scholarship2021/)を活用することになったきっかけなどもありましたら合わせて教えてください。

 

楽曲をEggsに投稿し始めた頃に「サポートさせて頂きたい」とお声を掛けて頂いたのがきっかけです。本当に嬉しかったですし、何だか自分の音楽が少し認められた気持ちになったのを覚えています。

奨楽金を活用することになったきっかけは、今作『Prologue』のCDを制作しようと思ったからです。でも、自費で制作するのは経済的にも難しくて、この制度を使えばもしかしたら作れるかもと思ってエントリーしました。結果、選ばれて作ることが出来て良かったですし、感謝しています。

 

──Eggsで楽曲やMVを投稿されていますが、きっかけと反響があれば教えてください。

 

Eggsは中学生の頃から利用していて、早耳なリスナーさんが多いイメージがあって、自分の音楽ももしかしたらそういうような人達に刺さってくれるかもと思い、登録しました。

Eggsに楽曲やMVを投稿してから、業界内外問わず聴いてくれる方が広がりましたね。

 

──11月16日(水)にミニアルバム『Prologue』をリリースされました。改めて、どんな作品になりましたか?

 

自分の音楽を好きでいてくれている方に満足して頂ける作品になったのはもちろんのこと、まだ聴いたことない人でも気軽に聴けるし、「MONONOKEってどんなミュージシャンなんだろう?」っていうのが分かるような入門盤とも言える作品になったのかな、と個人的には感じております。

 

MONONOK_j

 

──タイトルに込めた想いをお聞かせください。

 

2022年1月から活動を開始してきて、今日に至るまで嬉しいこと、楽しいこと、悩むこと、苦しいことなど、さまざまなことがありました。そんな想いをミニアルバムには詰めたつもりですし、これからのMONONOKEの音楽に期待してほしいし、好きになってほしいから、少し早いかもしれないけど、2022年の音楽活動を総ざらいできるこのミニアルバムを「序章」として、これからの展開を楽しみにしていてほしいなと思い名付けました。

 

──リード曲「17才」は青春の爽やかさを感じさせるようなサウンドと複雑な感情を表現した、等身大の想いが刺さる1曲となっていますが、制作時に意識されたことや聴きどころを教えてください。

 

高校生が抱く、これからの将来に対する不安感、焦燥感みたいな、センチメンタルな感情を歌詞やサウンド面で全面的に出すように意識しました。なので、ギターもコード進行を弾いているパートだけでなく、一定のコードをずっと弾いているギターのパートを入れているので、複雑で少し不安定になるけど、曲により深みが出ましたね。そんな所も意識して聴いてもらえると、少し曲の印象が変わるかもしれません…!

 

♪MONONOKE / 17才 -Music Video-

 

 

──「雑踏とシックスセンス」は2021年3月当時の録音を収録されているとのことですが、今回の制作との違いや制作当時のエピソードなどがありましたら教えてください。

 

この曲を作った当時、バンドを組んでいて、今はもう活動してないんですけど、学校が終われば足早に家に帰って、連日DTMでバンドの曲作りをしていた時期なんです。結局、1曲も演奏せずに、今もストックとして放置していますが…(笑)。その時にデモ音源という形で作ってたんですけど、最近になって聴き直してみたら意外と出来が良くて、全然アレンジしなくていいし、なんなら出しちゃえ!みたいなノリで今回収録しました。

 

──制作時のエピソードがありましたら教えてください。

 

今回、かなり曲順で悩みましたね。プレイリスト機能を活用して曲の入れ替えをしながら、あれじゃないこれじゃないとか思いながら考えてたんですけど、結局、最初に考えていた曲順になりました(笑)。「今までの時間何だったんだよ!!」ってなりましたが、無事曲順を決めることが出来て良かったです。結果オーライでした。

 

──歌唱される際に意識されたことを教えてください。

 

あまり、こだわりは無いのですが、落ち着いて聴いてもらえるような歌い方は心掛けています。「無理してるな」みたいに思われると、安心して聴いてもらえないので、その辺は気をつけています。

 

──作詞・作曲・編曲を自分自身で担当され、グッズデザインも自ら担当されているとのことですが、MV制作もご自分でディレクションされているのでしょうか?また、制作・創作活動に興味を持ったきっかけなどがありましたら教えて下さい。

 

MVは、「room」を除いて、自分でディレクション・編集をしています。周りに映像関係に携わっている人も居ないので、自分でやるしかないな、と思ってしています。グッズデザインもそうなんですけど、実際やってみるとものすごく楽しくて、今まで音楽一筋だったので、半分趣味みたいな感覚で作っています(笑)。

 

──では、これから挑戦してみたいこと、目指していることを教えて下さい。

 

音楽だけでなく、それ以外の分野でも自己表現が出来るマルチなクリエイターになりたいなぁなんて思っています。例えば、音楽とグッズなどの“物”で相互的に表現を補完できたり、単純に服とかファッションで楽曲のイメージを表現してみたり、そんなことがこれから出来たら面白いかなと考えています。

 

──現役高校生のMONONOKEさんですが、高校生活と音楽活動の両立で意識されていることなどがありましたら教えてください。

 

「平日に楽曲制作はしない」っていうのを意識していますね。どうしても楽曲制作は、僕の制作スタイル上、根を詰めてしまうんです。なので、平日に作業しちゃうと間違いなく次の日調子が悪くなるので、絶対に土日とかの休日に作ります。そっちのほうが健康的ですし、時間も十分にあるので、いい曲が出来やすいです。

 

──今回、プレイリストを作成いただきました。テーマや楽曲のセレクト理由、押しポイントなどがありましたら教えてください。

 

今回は、自分の青春時代(特に中学時代)に聴いていた曲や、今も聴いているアーティストから、「青春味を感じる!!」と個人的に思った曲をMONONOKEの曲と共にセレクトさせて頂きました。どのアーティストも自分の音楽性を育ててくれたなとか思ったり、今までたくさん音楽を聴いていて良かった、とプレイリスト作っていて感じましたね。けっこう曲順にもこだわっていますので、自然に聴けるかなと思っております。最後の豹変ぶりに驚くかもしれませんが…。

 

──ありがとうございました。最後に、応援してくれる方へのメッセージをお願いします。

 

いつも応援してくれている皆様、ありがとうございます。ついに、タワレコでCDをリリース出来るぐらいまでに成長しました(笑)。まだまだ、MONONOKEは成長していきますし、なんなら化けていきますよ。聴いてくれているあなたがいて、今の僕があるので、これからも“ジャンルに囚われない”新しい音楽の形を提供し続けていきます。何卒よろしくお願いします!

 

文:レコログ編集部

 

▼MONONOKEの楽曲はこちらから

レコチョク:https://recochoku.jp/artist/2001965063/

TOWER RECORDS MUSIC:https://music.tower.jp/artist/detail/2001965063

dヒッツ:https://dhits.docomo.ne.jp/artist/2001965063

 

▼MONONOKEが作ったプレイリスト「MONONOKE的青春ソング」はこちらから

TOWER RECORDS MUSIC:https://music.tower.jp/playlist/detail/2000136285

dヒッツ:https://dhits.docomo.ne.jp/program/10041117

  • MONONOKE

    MONONOKE

    2004 年生まれの現高校 3 年生。18 歳。
    2022 年 1 月より MONONOKE として活動開始。
    作曲、作詞、編曲を全て 1 人で行っている。
    「グッドメロディー」をモットーに、ジャンルに囚われない縦横無尽に駆け回るサウンドを特徴としている。