このブラウザはサポートされていません。

Ai Kuwabara with Steve Gadd & Will Leeの音楽ダウンロード(iPhone/Androidアプリ対応)

Ai Kuwabara with Steve Gadd & Will Lee

1991 年生まれ。2010 年、洗足学園高等学校音楽科ジャズピアノ専攻を卒業。これまでにピアノを蟻正行義、山下葉子、財満和音
の各氏に師事。幼い頃から活躍し、ヤマハエレクトーンコンクール全日本大会金賞を含む入賞多数。2004 年、雑誌「AERA」に天才エレクトーン少女として掲載される。
2012 年5 月にすべて自主制作された1stアルバム『from here to there』にボーナストラックを加え、同年11 月にewe から改めてリリースし、全国デビューを果たした。
2013 年4 月にリリースした2ndアルバム『THE SIXTH SENSE』は、タワーレコードジャズチャート1 位を獲得し、JAZZ JAPAN AWARD2013 アルバム・オブ・ザ・イヤー:ニュー・スター部門を受賞。同年、サッポロシティジャズ札幌公演・東京公演共に出演。第12回東京
ジャズフェスティバル(東京国際フォーラム・ホールA)出演。初の海外ツアーとなる、アメリカ西海岸4都市ツアーを成功させる。第26 回ミュージック・ペンクラブ音楽賞ポピュラー部門<<ブライテスト・ホープ賞>>受賞。
2014年4月、3枚目のアルバム「the Window」をリリース。10月ブルーノート東京、名古屋公演を行う。2014年モントルー・ジャズ・ソロ・ピアノ・コンペティション・イン・かわさき優勝。
2015年4月初のカバーアルバム「Love Theme」リリース、7月本国スイスのモントルージャズフェスティバルソロピアノコンペティション出場。12 月サントリーホール・ブルーローズにてコンサートを開催。
2016年には初の全国8ヶ所のソロピアノツアーを実施。ファイナルは東京オペラシティリサイタルホール。同年9月LA にてクインシージョーンズプロダクションプレゼンツ桑原あい単独公演を成功させ、10月ニューヨークは名門シアーサウンドにてウィル・リー、スティーヴ・ガッドという名手を迎えたトリオで5thアルバムを録音する。12月2年連続となるサントリーホール・ブルーローズにてウィズストリングス公演を行った。

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト

注意事項

この商品について

レコチョクでご利用できる商品の詳細です。
端末本体やSDカードなど外部メモリに保存された購入楽曲を他機種へ移動した場合、再生の保証はできません。

  • レコチョクの販売商品は、CDではありません。
    スマートフォンやパソコンでダウンロードいただく、デジタルコンテンツです。

シングル

1曲まるごと収録されたファイルです。

<フォーマット>

MPEG4 AAC (Advanced Audio Coding)
※ビットレート:320Kbpsまたは128Kbpsでダウンロード時に選択可能です。

ハイレゾシングル

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。

<フォーマット>

FLAC (Free Lossless Audio Codec)
サンプリング周波数:44.1kHz|48.0kHz|88.2kHz|96.0kHz|176.4kHz|192.0kHz
量子化ビット数:24bit
  • ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。実際の商品の音質とは異なります。
  • ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。
  • ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。

詳しくは ハイレゾの楽しみ方 をご確認ください。

アルバム/ハイレゾアルバム

シングルもしくはハイレゾシングルが1曲以上内包された商品です。

ダウンロードされるファイルはシングル、もしくはハイレゾシングルとなります。
ハイレゾシングルの場合、サンプリング周波数が複数の種類になる場合があります。

<フォーマット>

シングル・ハイレゾシングルと同様です。

ビデオ

640×480サイズの高画質ミュージックビデオファイルです。
フォーマット:H.264+AAC
ビットレート:1.5~2Mbps

  • 楽曲によってはサイズが異なる場合があります。

※パソコンでは、端末の仕様上、着うた®・着信ボイス・呼出音を販売しておりません。