TOP >  レッド・ツェッペリン >  関連アーティスト

関連アーティスト一覧

The Honeydrippers

Myアーティストに追加

その他:ロバート・プラントとジミー・ペイジが参加

ジミー・ペイジ

Myアーティストに追加

[ギター] [リーダー] 結成~解散

ロバート・プラント

Myアーティストに追加

[ヴォーカル] [ハーモニカ] 結成~解散

ヤードバーズ

Myアーティストに追加

レッド・ツェッペリンの名前がつく前には「ニュー・ヤードバーズ」として出演していたことがある

Lord Sutch & Heavy Friends

Myアーティストに追加

どちらも『ジミー・ペイジ』が所属しているグループ

Lord Sutch

Myアーティストに追加

どちらも『ジミー・ペイジ』が所属しているグループ

The Firm

Myアーティストに追加

どちらも『ジミー・ペイジ』が所属しているグループ

Coverdale/Page

Myアーティストに追加

どちらも『ジミー・ペイジ』が所属しているグループ

Allstars

Myアーティストに追加

どちらも『ジミー・ペイジ』が所属しているグループ

高野 寛

Myアーティストに追加

どちらも『テルミン・ファミリー』

Cornelius

Myアーティストに追加

どちらも『テルミン・ファミリー』

Todd Rundgren

Myアーティストに追加

どちらも『テルミン・ファミリー』

Aerosmith

Myアーティストに追加

[影響を与えた]デビュー当時は、レッド・ツェッペリンのチープなコピーだと非難されていた

ハウリン・ウルフ

Myアーティストに追加

[影響を受けた]その他:レッドツェッペリンの「レモン・ソング」は、ウルフの「キリング・フロア」にインスパイアされた

Keith Moon

Myアーティストに追加

[影響を受けた]レッド・ツェッペリンの名付け親

アーティスト情報

プロフィール

ジミー・ペイジ(g)を中心に、当時彼が在籍していたヤードバーズを引き継ぐ形でロバート・プラント(vo)、ジョン・ポール・ジョーンズ(b)、ジョン・ボーナム(ds)の4人で1968年に結成。デビュー前にも関わらず、20万ドルという破格の待遇でアトランティック・レコードと契約し、69年にデビュー・アルバム『レッド・ツェッペリン』を発表。ブルースをベースにしたパワフルなサウンドと、それと互角にわたりあうプラントのヴォーカルで人気を集める。その後もブルースのみならず、ソウル、フォーク、トラッド、レゲエ、民族音楽といったさまざまな音楽的要素を自らのサウンドに反映させ、独自の地位を築く。75年にはバンド自身のレーベル、スワン・ソングを設立、79年にはシンセサイザーを導入した意欲作『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』を発表するが、80年ボーナムの急死により、解散を余儀なくされる。

アルバム一覧

    読み込み中です

もっとみる

関連アーティスト一覧 ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号