このブラウザはサポートされていません。

イアン・ギランの音楽ダウンロード(iPhone/Androidアプリ対応)

イアン・ギラン

イアン・ギランは、1945年8月19日、英国ミドルセックス州生まれ。1970年代に現れた最も重要なハード・ロックのヴォーカリストのひとり。エピソード・シックスなど、10代の頃からさまざまなバンドで歌い始め、1969年にディープ・パープルへ加入。迫力のあるハイトーン・ヴォイスと熱狂的なシャウトで人気を集め、ディープ・パープル時代には『イン・ロック(Deep Purple in Rock)』(1970年)、『ファイアボール(Fireball)』(1971年)、『マシン・ヘッド(Machine Head)』(1972年), 『ライヴ・イン・ジャパン(Made in Japan)』(1972年)といった傑作アルバムを次々と発表。ディープ・パープルの黄金時代を支えたが、1973年に音楽的相違を理由にバンドを脱退。その後、1976年にソロとして再出発し、自身の“イアン・ギラン・バンド”を率いてフュージョン色の強いサウンドで再び注目を集めるが、1979年にグループ名を“ギラン”と短縮し、ハード・ロックへ回帰して劇的にカムバック。しかし、『ミスター・ユニヴァース(Mr. Universe)』 (1978年) 、『グローリー・ロード(Glory Road)』 (1979年)、『フューチャー・ショック(Future Shock)』 (1981年)などを残して、1982年に解散。翌1983年には一時的にブラック・サバスに加入して世界中の注目を集めるが、1984年には最盛期のメンバーによるディープ・パープルの再結成に参加。その後1989年にパープルを再び脱退したが、1992年に再加入。1993年以降はソロ活動と並行して現在もディープ・パープルのヴォーカリストとして活躍している。 2006年、世界で最もヒットしたゲーム・ソフト『ファイナル・ファンタジー』の生みの親である坂口博信が、ゲーム音楽の巨匠と謳われる植松伸夫とともに制作したXbox 360専用ソフト『ブルードラゴン(BLUE DRAGON)』(キャラクター・デザインは、鳥山明氏が担当)のバトル曲「エタニティー」のヴォーカルを担当。“植松伸夫with イアン・ギラン”名義によるバトル曲「エタニティー」のCDシングル(右ジャケ写)は、アニプレックスより11/22に先行発売。このバトル曲を含むゲームのサントラ盤『BLUE DRAGONオリジナル・サウンドトラック』は、アニプレックスより12/13に発売される。

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト

注意事項

この商品について

レコチョクでご利用できる商品の詳細です。
端末本体やSDカードなど外部メモリに保存された購入楽曲を他機種へ移動した場合、再生の保証はできません。

  • レコチョクの販売商品は、CDではありません。
    スマートフォンやパソコンでダウンロードいただく、デジタルコンテンツです。

シングル

1曲まるごと収録されたファイルです。

<フォーマット>

MPEG4 AAC (Advanced Audio Coding)
※ビットレート:320Kbpsまたは128Kbpsでダウンロード時に選択可能です。

ハイレゾシングル

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。

<フォーマット>

FLAC (Free Lossless Audio Codec)
サンプリング周波数:44.1kHz|48.0kHz|88.2kHz|96.0kHz|176.4kHz|192.0kHz
量子化ビット数:24bit
  • ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。実際の商品の音質とは異なります。
  • ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。
  • ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。

詳しくは ハイレゾの楽しみ方 をご確認ください。

アルバム/ハイレゾアルバム

シングルもしくはハイレゾシングルが1曲以上内包された商品です。

ダウンロードされるファイルはシングル、もしくはハイレゾシングルとなります。
ハイレゾシングルの場合、サンプリング周波数が複数の種類になる場合があります。

<フォーマット>

シングル・ハイレゾシングルと同様です。

ビデオ

640×480サイズの高画質ミュージックビデオファイルです。
フォーマット:H.264+AAC
ビットレート:1.5~2Mbps

  • 楽曲によってはサイズが異なる場合があります。

※パソコンでは、端末の仕様上、着うた®・着信ボイス・呼出音を販売しておりません。