このブラウザはサポートされていません。

ザ・テンプターズの音楽ダウンロード(iPhone/Androidアプリ対応)

ザ・テンプターズ

1965年、空前のエレキ・ブームの中、埼玉県大宮の高校生だった田中俊夫、高久 昇たちが結成したエレキ・バンドに、田中の小学校時代の同級生だった松崎由治が参加。バンドのテーマ曲にしていた「太陽の誘惑」にちなみ、"テンプターズ"というグループ名で学園祭やダンス・パーティーを中心に活動を開始する。66年春からは大宮のダンス・ホール『大蔵』の専属バンドとなり、やがて萩原健一がメンバーに加わった後に、東京・恵比寿の『中川三郎ディスコティック』のオーディションに合格。同店の専属バンドとして人気を集めていく。67年初頭にメンバー・チェンジがあり、ジュニア・テンプターズにいた大口が参加し、ここに、萩原、松崎、田中、高久、大口という陣容が整った。
67年10月25日、フィリップスより「忘れ得ぬ君」でレコード・デビュー。
前年から始まっていた"GS"と呼ばれる新しいバンド群が続々と産声を上げる中、テンプターズは、新進気鋭の人気バンド、タイガースの強力なライバルとしてめきめきと頭角を現していった。GS勢力地図はスパイダース、ブルコメ両巨頭支配の時代から、タイガース、テンプターズの2大新興勢力の時代へと完全に塗り変わる。8年6月にリリースされた3rdシングル「エメラルドの伝説」は、彼らが初めて取り上げた職業作家(村井邦彦)の作品であり、唯一のオリコン・チャートNo.1シングルとなった。しかしGSブームが終息に向かう69年半ばにはさすがのテンプターズも人気に翳りが見えはじめる。セールス的な落ち込みとは対照的に、音楽的にはブルースをベースとした南部っぽいサウンド、ソフト・ロック、ニュー・ロック、歌謡曲などが渾然一体となった独特の末期テンプターズ・サウンドとも呼べる世界を確立しつつあったのだが、70年10月にリリースされた「若者よ愛を忘れるな」がラスト・シングルになってしまった。70年12月解散。

<メンバー>
松崎由治 (lead guitar, vocal)
萩原健一 (vocal, harp)
高久 昇 (bass, voval)
田中俊夫 (guitar, organ)
大口広司 (drums, vocal)

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト

注意事項

この商品について

レコチョクでご利用できる商品の詳細です。
端末本体やSDカードなど外部メモリに保存された購入楽曲を他機種へ移動した場合、再生の保証はできません。

  • レコチョクの販売商品は、CDではありません。
    スマートフォンやパソコンでダウンロードいただく、デジタルコンテンツです。

シングル

1曲まるごと収録されたファイルです。

<フォーマット>

MPEG4 AAC (Advanced Audio Coding)
※ビットレート:320Kbpsまたは128Kbpsでダウンロード時に選択可能です。

ハイレゾシングル

1曲まるごと収録されたCDを超える音質音源ファイルです。

<フォーマット>

FLAC (Free Lossless Audio Codec)
サンプリング周波数:44.1kHz|48.0kHz|88.2kHz|96.0kHz|176.4kHz|192.0kHz
量子化ビット数:24bit
  • ハイレゾ商品(FLAC)の試聴再生は、AAC形式となります。実際の商品の音質とは異なります。
  • ハイレゾ商品(FLAC)はシングル(AAC)の情報量と比較し約15~35倍の情報量があり、購入からダウンロードが終了するまでには回線速度により10分~60分程度のお時間がかかる場合がございます。
  • ハイレゾ音質での再生にはハイレゾ対応再生ソフトやヘッドフォン・イヤホン等の再生環境が必要です。

詳しくは ハイレゾの楽しみ方 をご確認ください。

アルバム/ハイレゾアルバム

シングルもしくはハイレゾシングルが1曲以上内包された商品です。

ダウンロードされるファイルはシングル、もしくはハイレゾシングルとなります。
ハイレゾシングルの場合、サンプリング周波数が複数の種類になる場合があります。

<フォーマット>

シングル・ハイレゾシングルと同様です。

ビデオ

640×480サイズの高画質ミュージックビデオファイルです。
フォーマット:H.264+AAC
ビットレート:1.5~2Mbps

  • 楽曲によってはサイズが異なる場合があります。

※パソコンでは、端末の仕様上、着うた®・着信ボイス・呼出音を販売しておりません。