TOP >  Folks Cinematic Jazz Ensemble >  A Journey

Folks Cinematic Jazz Ensemble のアルバム『A Journey』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中
A JourneyFolks Cinematic Jazz Ensemble

A Journey

Folks Cinematic Jazz Ensemble

「A Journey」Folks Cinematic Jazz Ensembleのアルバム解説
架空のロードムービーのサウンドトラックをコンセプトに紡がれた8曲のサウンドスケープ。ジャズをルーツに、レゲエ、ロック、チルアウトなど多様な音楽を飲みこむ新たなスタイルを追求している。

アルバム AAC 128/320kbps (8曲 / 48:20)

Folks Cinematic Jazz Ensembleの「Folklore」を試聴する

1.

AAC 128/320kbps
07:55

¥250

Folks Cinematic Jazz Ensembleの「The Sun Sinking into The Sea」を試聴する

2.

AAC 128/320kbps
06:08

¥250

Folks Cinematic Jazz Ensembleの「A Man's Step on a Pale Path」を試聴する

3.

AAC 128/320kbps
05:27

¥250

Folks Cinematic Jazz Ensembleの「Footprints on Snow Towards Warm Lights」を試聴する

4.

AAC 128/320kbps
06:17

¥250

Folks Cinematic Jazz Ensembleの「A Hill」を試聴する

5.

AAC 128/320kbps
06:09

¥250

Folks Cinematic Jazz Ensembleの「Far Away You Will See The Lights」を試聴する

6.

AAC 128/320kbps
04:56

¥250

Folks Cinematic Jazz Ensembleの「The Ends of The Cape,The Light Emanates to Sea」を試聴する

7.

AAC 128/320kbps
06:21

¥250

Folks Cinematic Jazz Ensembleの「Finally,The Soul Is As It Was」を試聴する

8.

AAC 128/320kbps
05:04

¥250

※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

Folks Cinematic Jazz Ensemble

架空の映画のサウンドトラックをコンセプトに、映像的な音楽を追求するジャズセクステット。M-Swiftとして、イタリアIRMA RecordsやイギリスFree Style Recordsをはじめ、ヨーロッパや日本のメジャーレーベルから数々の作品をリリースする松下昇平を中心に結成。ピアニスト堀秀彰、東京のジャズシーンの新星トランペッター Yusuke Saseら7人が参加。ジャズをルーツに、レゲエ、ロック、チルアウトなど多様な音楽を飲みこむ新たなスタイルを追求している。架空のロードムービーのサウンドトラックとして紡がれたファーストアルバムFolks Cinematic Jazz Ensemble 01を2019年9月にリリースする。本作品では、現在ロンドンで注目の写真家”ネモ・ロバーツ”とのコラボレーションが実現。曲それぞれのアートワークがネモの写真作品と連動。音楽以外の表現手法とも積極的にコラボレーションを進めている。

Folks Cinematic Jazz Ensemble:
Guitar:  松下昇平 (M-Swift)
Piano:  堀秀彰
Drums:  服部正嗣
Bass:  中林薫平
Trumpet:  佐瀬悠輔
Bariton and Tenor Sax:  小笠原 涼
Photographer:  ネモ・ロバーツ

音楽聴き放題 RecMusic  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
Folks Cinematic Jazz Ensemble「A Journey」 のCDを探す外部サイトへ

A Journey ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号