TOP >  SHOW-YA >  TRADE LAST

SHOW-YA のアルバム『TRADE LAST』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中
TRADE LASTSHOW-YA

TRADE LAST

SHOW-YA

「TRADE LAST」SHOW-YAのアルバム解説
日本の女性ハード・ロック・バンドのパイオニアとして、80年代後半のロック・シーンを牽引したSHOW-YAの4枚目のアルバム。作詞家・秋元康が全曲の詞を書き、筒美京平やメンバーの4人が作曲した。(CDジャーナル)

アルバム AAC 128/320kbps (10曲 / 47:40)

SHOW-YAの「雨のナイフ」を試聴する

1.

AAC 128/320kbps
04:21

¥250

SHOW-YAの「もうフレンドはいらない」を試聴する

2.

AAC 128/320kbps
04:13

¥250

SHOW-YAの「ヴィスコンティの肖像」を試聴する

3.

AAC 128/320kbps
03:51

¥250

SHOW-YAの「その後で殺したい」を試聴する

4.

AAC 128/320kbps
04:11

¥250

SHOW-YAの「サーモスタットの瞳」を試聴する

5.

AAC 128/320kbps
05:59

¥250

SHOW-YAの「ナルシスト」を試聴する

6.

AAC 128/320kbps
04:11

¥250

SHOW-YAの「夜が来るまで眠りたい」を試聴する

7.

AAC 128/320kbps
04:29

¥250

SHOW-YAの「Shitagokoroが止まらない」を試聴する

8.

AAC 128/320kbps
04:14

¥250

SHOW-YAの「躁鬱なバレリーナ」を試聴する

9.

AAC 128/320kbps
04:41

¥250

SHOW-YAの「地下水道の月 [PAUL WINGER REMIX]」を試聴する

10.

AAC 128/320kbps
07:26

¥250

※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

SHOW-YA

1982年、ヤマハ主催のバンドコンテストのレディース部門で最優秀グランプリバンドを受賞。
1985年、東芝EMI よりメジャーデビュー。その後の5年間で11枚のシングルと8枚のアルバムをリリース。
7thアルバム『Outerlimits』は、60万枚を売り上げた。8thシングル『限界LOVERS』は30万枚突破のロングセラーとなる。
武道館公演の他、87年からは自らのプロデュースで女性アーティストだけを集めたイベント『NAON のYAON』を毎年日比谷野音で開催。
1991年2月、方向性の相違から寺田恵子が離脱。その他のメンバーは、ステファニー・ボージャスをボーカルとして迎え、第2期SHOW-YA をスタート。
その後渡米するなど精力的に活動を続けたが、1998年9月SHOW-YA としてのバンド活動を終了する。
以降は各自ソロ活動を開始。その間、寺田恵子は1992年に『PARADISE WIND』(バルセロナオリンピックNHK イメージソング)でソロデビュー。現在までに、シングル7作品、アルバム5作品をリリース。ミニアルバムを4作品発表している。
デビュー20周年の2005年、デビュー時のオリジナルメンバー5名にて再結成。2008年には17年ぶりに『NAONのYAON』を開催する等、ライヴを中心に、精力的に活動を開始。そして2012年、22年ぶりとなるニューアルバム『GENUINE DIAMOND』をリリース。2013年には23年ぶりのシングル『V.S. MYSELF』リリース。
2014年『NAONのYAON 2014』を皮切りに、30周年記念リリース第1弾として、キャリア初のカヴァー・アルバム『Glamorous Show』をリリース。2015年は30th Anniversaryを迎え、精力的なリリース、ライヴを大きく展開していく。

一緒に購入されている楽曲

音楽聴き放題 RecMusic  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
SHOW-YA「TRADE LAST」 のCDを探す外部サイトへ

TRADE LAST ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

レコチョク 音楽ダウンロード配信における エルマーク番号