TOP >  SOUL'd OUT >  TOKYO通信~Urbs Communication~

SOUL'd OUT のアルバム『TOKYO通信~Urbs Communication~』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中
TOKYO通信~Urbs Communication~SOUL'd OUT

TOKYO通信~Urbs Communication~

SOUL'd OUT

「TOKYO通信~Urbs Communication~」SOUL'd OUTのアルバム解説
80'sグルーヴ溢れるダンサンブルなTrack、あまりにもPOPな驚愕のHook、2MCによるスピリチュアルなリリックとRAPは、他の追随を許さない。国内初の「U-MYXソフトウェア内臓CD」の発売やアジアでの活動などで話題を振りまいてきたSOUL'd OUTが発信する、これぞ進化したクロスオーバー・ラップミュージックの未来形!!

アルバム AAC 128/320kbps (2曲 / 12:15)

SOUL'd OUTの「TOKYO通信~Urbs Communication~」を試聴する

1.

AAC 128/320kbps
05:47

¥261

SOUL'd OUTの「Betrayed Tha Sun」を試聴する

2.

AAC 128/320kbps
06:27

¥261

※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

SOUL'd OUT

SOUL'd OUT

Diggy-MO'(Main MC)
Bro.Hi(Human Beat Box/MC)
Shinnosuke(Trackmaster)

99年結成。主に楽曲制作を軸としてグループとしてのキャリアをスタートさせ、
2001年頃から東京を中心としてCLUBでのライブ活動を本格的に開始。
2MC+Trackmasterの三人が、Hip Hop・ソウルクラシックス・R&Bなどのブラックミュージックをルーツに繰り出す、
オリジナルのサウンドスタイルとパフォーマンスは圧巻。

2003年1月に、いきなりスマッシュヒットとなったシングル「ウェカピポ」でデビュー後、
同年8月にリリースしたファーストアルバム「SOUL’d OUT」が50万枚の大ヒット。
さらに、2003年4月のセカンドシングル「Flyte Tyme」以降のシングルが軒並みオリコンチャートベストテン入りした上で、
2005年2月に発売したセカンドアルバム「To All Tha Dreamers」はアルバムチャート2位となり、
名実共に日本を代表するラップグループとなった。また、サマーソニックをはじめとする数々のイベント出演に加え、
ジャスティン・ティンバーレイクやメアリー・J・ブライジの来日公演でもオープニングアクトをつとめ、
台湾でもスタジアムイベントLIVEに出演するなど、その圧倒的なライブパフォーマンスには定評がある。
また、日本初のU-MYXソフトウェア内蔵CDシングル「イルカ」の発売や、
メンバーそれぞれにm-flo、BENNIE K、BoA、Skoop On Somebodyなどとコラボレーションするなど、幅広い活動も行っている。 
2006年3月には3rdアルバム「ALIVE」をリリースした。

音楽聴き放題 RecMusic  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
SOUL'd OUT「TOKYO通信~Urbs Communication~」 のCDを探す外部サイトへ

TOKYO通信~Urbs Communication~ ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP