TOP >  ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ >  Specter At The Feast [Japanese Version]

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ のアルバム『Specter At The Feast [Japanese Version]』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中
Specter At The Feast [Japanese Version]ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ

Specter At The Feast [Japanese Version]

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ

「Specter At The Feast [Japanese Version]」ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブのアルバム解説
デイヴ・グロールが監督した『サウンド・シティ』のサントラ1曲目で素晴らしいコラボを聴かせていたが、そのデイヴのスタジオで録った6枚目となる本作は、これまで以上に魂のこもった作品となった。ベースのロバートの父であり、80年代に活躍したザ・コールのヴォーカルだったマイケルが、同行していたツアー中に急死したことがアルバムの大きな核になっていて、ザ・コールのカヴァーや切々と訴えかけるような楽曲が感動的だし、奥行きのあるサウンドがよく合っている。丁寧な爆音で浴びたい一枚だ。(CDジャーナル)

アルバム AAC 128/320kbps (14曲 / 01:08:35)

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの「ファイヤー・ウォーカー」を試聴する

1.

AAC 128/320kbps
06:23

¥262

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの「レット・ザ・デイ・ビギン」を試聴する

2.

AAC 128/320kbps
04:06

¥262

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの「リターニング」を試聴する

3.

AAC 128/320kbps
05:34

¥262

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの「ララバイ」を試聴する

4.

AAC 128/320kbps
04:36

¥262

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの「ヘイト・ザ・テイスト」を試聴する

5.

AAC 128/320kbps
03:50

¥262

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの「ライヴァル」を試聴する

6.

AAC 128/320kbps
03:37

¥262

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの「ティーネイジ・ディジーズ」を試聴する

7.

AAC 128/320kbps
03:22

¥262

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの「サム・カインド・オブ・ゴースト」を試聴する

8.

AAC 128/320kbps
03:51

¥262

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの「サムタイムズ・ザ・ライト」を試聴する

9.

AAC 128/320kbps
03:20

¥262

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの「ファニー・ゲームズ」を試聴する

10.

AAC 128/320kbps
04:38

¥262

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの「セル・イット」を試聴する

11.

AAC 128/320kbps
06:46

¥262

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの「ルーズ・ユアセルフ」を試聴する

12.

AAC 128/320kbps
08:39

¥262

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの「ザ・ナイフ」を試聴する

13.

AAC 128/320kbps
03:51

¥262

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの「ワーニング・サイン」を試聴する

14.

AAC 128/320kbps
05:55

¥262

※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ

ピーター・ヘイズ、ロバート・レヴォン・ビーン、そしてニック・ジャコーからなるブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ。02年高い評価を得たデビュー作で華々しくシーンに登場。同時期にデビューしたザ・ストロークス、ホワイト・ストライプスなどとともに、”ロックンロール・リヴァイヴァル”の一翼を担う存在として注目を集めた。フジロック02で初来日。03年に2ndアルバムをリリース。同年単独来日公演も行い、さらなる飛躍が期待された矢先にドラマーのニック・ジャコーが一時脱退。バンドは沈黙期に。その沈黙期に自らのルーツを見つめなおし、新たな方向性をも獲得した彼らは04年からレコーディングをスタート。その後、ニック・ジャコーも復帰し、原点と深く向き合う中で、敬愛するビートニク、ロックンロール、ジョニー・キャッシュや多くのレジェンド達の“HOWL”に触れ、そして再びその熱い“衝動”を取り戻していった・・・。この最新作『ハウル』から聴こえてくるのは、自らを育んできたビートニク、サイケデリア、ロックンロールなどの“アート”に対する、B.R.M.C.からの誠実でまっすぐな解答である。自分自身を取り戻すと同時に、B.R.M.C.流“ロックンロール”を獲得した記念碑的傑作なのだ。

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブのアルバム一覧

「Specter At The Feast [Japanese Version]」ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブの楽曲一覧をもっと見る もっとみる

音楽聴き放題 RecMusic  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブ「Specter At The Feast [Japanese Version]」 のCDを探す外部サイトへ

Specter At The Feast [Japanese Version] ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP