TOP >  忌野清志郎 >  ラフィータフィー

忌野清志郎 のアルバム『ラフィータフィー』音楽ダウンロード レコチョク(iPhone/Androidスマホ対応)で配信中
ラフィータフィー忌野清志郎

ラフィータフィー

忌野清志郎

「ラフィータフィー」忌野清志郎のアルバム解説
87年『レザー・シャープ』、92年『メンフィス』に続く、3作目のソロ・アルバム。一聴してキテレツ。しかし、曲が進むにつれて、これはやはり王道のロックンロールなのだと思わされる怪作。まずは、テクノ♀17号なるヴォーカリストの声がいきなり飛び出す、なんとも腰砕けな「テクノ・クイーン」からアルバムは始まる。あれれれ~っと思っていると清志郎の声が包み込むように重なって、だまされたような気分のまま次の曲へ。その「心の解放区」は、50年代のモノラル録音のような感触を放ち、いったい何の楽器を使ってるのだ? などと考えているうちに、もう次の曲。そのあとも"これでもか!"とばかりに、最近の日本のロック&ポップスでは聴いたことのないサウンドや音色が飛び込んできて混乱する。だけど、とまどいながらも、ものすごく心地よくなっていることにも気づく。アルバム・タイトルどおり、ラフでタフなR&R魂が筋を通してくれているからだ。(CDジャーナル)

アルバム AAC 128/320kbps (11曲 / 53:35)

忌野清志郎の「テクノ・クイーン」を試聴する

1.

AAC 128/320kbps
03:50

¥262

忌野清志郎の「心の解放区」を試聴する

2.

AAC 128/320kbps
03:48

¥262

忌野清志郎の「レッド・ニャンニャン」を試聴する

3.

AAC 128/320kbps
04:48

¥262

忌野清志郎の「太陽の当たる場所」を試聴する

4.

AAC 128/320kbps
04:21

¥262

忌野清志郎の「風だらけ」を試聴する

5.

AAC 128/320kbps
04:53

¥262

忌野清志郎の「QTU」を試聴する

6.

AAC 128/320kbps
04:44

¥262

忌野清志郎の「田舎へ行こう! Going Up The Country」を試聴する

7.

AAC 128/320kbps
05:07

¥262

忌野清志郎の「ハニーブルーズ」を試聴する

8.

AAC 128/320kbps
03:48

¥262

忌野清志郎の「Sweet Lovin’」を試聴する

9.

AAC 128/320kbps
04:39

¥262

忌野清志郎の「夢」を試聴する

10.

AAC 128/320kbps
05:44

¥262

忌野清志郎の「出発の時間」を試聴する

11.

AAC 128/320kbps
07:47

¥262

※表示価格は税込みです
※この商品はCDではありません。デジタルコンテンツです

アーティスト情報

忌野清志郎

バンドマン。1951年4月2日東京生まれ。1968年高校在学中にRCサクセション結成。
1970年3/5「宝くじは買わない」でデビュー。 「僕の好きな先生」 「雨あがりの夜空に」 「スローバラード」 「い・け・な・いルージュマジック」 など多種多様なヒット曲を放つ。
恒例の武道館、日比谷野音等 LIVE パフォーマンスでも数々の伝説を作った。
91年の RC活動休止後も、ソロ活動の他、俳優や絵本の執筆など活動は多岐に渡る。
03年11月にはアルバム 「KING」 をリリース。 04年5月に DVD 「WANTED」 、7月に DVD 「ONE MAN SHOW」 を発売。 04年夏には 「KING SUMMER」 で野音 2 days を含め、各地で観客を圧倒した。
11/26 にはニューシングル 「JUMP」 をリリース。 これを皮切りにデビュー35周年プロジェクトがスタート。
2005年 2/9に HIP HOP 界の雄ライムスターを迎え 「雨あがりの夜空に」 をリリース。
翌月の、3月2日には、待望のニューアルバム 『GOD』 をリリース。 
2010年デビュー40周年を迎えるとともに、開局20周年を迎えたスペースシャワーTVによる厳選された永久保存版ライブDVDを2月10日に発売。

音楽聴き放題 RecMusic  ~邦楽/J-POP最大級の品揃え~

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
忌野清志郎「ラフィータフィー」 のCDを探す外部サイトへ

ラフィータフィー ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP