TOP  > KARA  > エレクトリックボーイ

 
エレクトリックボーイ

5.0

(2件)

レビューを書く

ビデオクリップ

 

購入する

気になるリストに追加

試聴する

 

購入する

気になるリストに追加

試聴する

商品の説明
うたギフトとは?

 

ここから先は「タワーレコードオンライン」に移動します
KARA「エレクトリックボーイ」 のCDを探す外部サイトへ

特集

  • 厳選×コラボ
  • WE LOVE カバー
  • ロングヒットTOP100
  • ひと夏の恋うた
  • J-POP BEST ALBUM
  • 街でよく聴く最新ヒット曲TOP30

もっとみる

アーティスト情報

プロフィール

カラとは?
リーダーのギュリが命名したグループ名「KARA」とは、韓国語で「甘いメロディー」という意味を持つ言葉。
これに、ギリシャ語の「CHARA(喜び)」を重ねて、「KARAの音楽を通じて、喜びを与えたい」という気持ちが込められている。


~HISTORY~
【2007】
3月、韓国にて1stアルバム『The First Bloooooming』を発表、ギュリ、スンヨン、ソンヒ、ニコルの4人のオリジナルメンバーでデビューを果たす。

【2008】
2月、メンバーの一人ソンヒが脱退。その後、ハラ、ジヨンが新たに加わり現在の5人組となる。同年、「Pretty Girl」は韓国ヒットチャートで2位を獲得する大ヒットを記録。

【2009】
続く「Honey」で初の1位を獲得!その後も「Wanna」「ミスター」と立て続けに大ヒットさせ、TOP ガールズ・グループとしての地位を固めた。とくに「ミスター」はその「ヒップダンス」が大流行、年末特番番組では、彼女達が出演しなくても、出演者が必ず踊っていたほどで、韓国中に一大ブームを巻き起こした。日本でも12月に劇団ひとりさんがKARA の大ファンであることを某人気TV 番組で公言し日本での注目度も高まった。

【2010】
2月にはついに、韓国女性アイドルグループとしては初来日し、ショーケース・ライブを赤坂ブリッツにて敢行。チケットが秒殺即完のため急遽2回公演にして行う。 同年3月にリリースされた「LUPIN」では、韓国三大歌謡番組においてすべて1位獲得という3冠の快挙を果たし、NO.1アイドルグループの存在感を強く印象付けた。
4月28日にリリースされた韓国盤ボックス・セット(直輸入盤)『SPECIAL PREMIUM BOX FOR JAPAN』が7,800円という高額商品なのにかかわらずオリコン・デイリー・チャートでTOP10入り。そのリリースに伴って開催された2度目の来日イベントは、グランドプリンスホテル赤坂にてファン総勢4,000人を集める熱狂ぶり。
8月に「ミスター」(日本語版)にて日本デビューを飾り、日本でも旋風を巻き起こす。

【2013】
1月6日、韓国女性グループとして初となる、東京ドーム単独公演「KARASIA 2013 HAPPY NEW YEAR in TOKYO DOME」を成功させる。

「エレクトリックボーイ」を含むアルバム一覧

「KARA」のアルバム一覧

もっとみる

レコメンド

  • KARA「スピード アップ」 スピード アップ
  • KARA「STEP」 STEP
  • KARA「SOS」 SOS
  • KARA「ステップ」 ステップ
  • KARA「Rollin’」 Rollin’
  • KARA「Love Is」 Love Is

もっとみる

エレクトリックボーイ ページTOPヘ

音楽ダウンロードサイト レコチョクTOP

エルマーク